2017年06月21日

CA(キャビンアテンダント)のように首を守って冷房対策

本格的な梅雨がきました。今日は冷房対策のお話です。
6月は第4木曜ではなく第5木曜29日を休みます。28日29日の連休になります。
7月8日土曜は午前11時30分で受付を終了します。ご注意ください。

☆CA(キャビンアテンダント)のように首を守って冷房対策

暑くなってから肩こりが復活する患者さんが何人かいらっしゃいました。すっかりなりを潜めていた耳管開放症の「耳管が開く」という症状が 再度出てきた患者さんもいらっしゃいました。いずれもエアコンのきいた職場でデスクワークする女性です。
「職場が寒い」と感じている方もいらっしゃいますが「寒くない」という方もいらっしゃいます。

中医学ではエアコンの寒気が気の流れを滞らせ、肩こりになったり耳管が開いたりするようになったと考えます。
「職場が寒い」という方はひざ掛けやカーディガンを使われているのですが、意外と首周りは無防備です。首は太い血管が流れているので、ここで体温を放熱しています。首周りをスカーフ等で覆えば 上着を1枚着るような効果があります。肩こりや頭や首周りの諸症状を防止できます。
「寒くない」という女性には、「温めなくてもいいから冷やさないようにしてください」と首周りを覆うことをお願いしています。「CA(キャビンアテンダント)のようにスカーフをまいてはどうですか」と提案しています。寒さの自覚なくても、感じなくなっていた肩こりが復活しているのですから寒気が気の流れを滞らせていることが考えられます。

私も東京までの新幹線に乗ったときは大き目のハンカチやバンダナを首にまいて保温しています。寒くなくても汗がひいたらまくようにしています。
170621kubi.JPGafb259e05b39298b6c82cd88d675bbe3.jpg
posted by ゆい at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2017年06月14日

肩甲骨内側の激痛が4回で治りました、ついでに前かがみの姿勢も

結(ゆい)鍼灸院の藤井です。昨日 ある業者から勧誘の電話がかかってきました。ブログやメルマガの文章を代行して書くというのです。即座にお断りしました。世の中には驚くような仕事があるんですね。

☆肩甲骨内側の激痛が4回で治りました、ついでに前かがみの姿勢も

50代後半の女性が○○年7月初めに背中の痛みを訴えて来院されました。
昨日から、急に左側肩甲骨内側に激痛が走り始めたという訴えです。
じつはこの方は、少し肥満気味で暑がりです。

太っていらっしゃる方は基礎代謝はあまりよくない場合が多く、それでいて暑がりのことが多いのです。想像してみてください。背中とお腹に10キロずつの米袋を抱えて歩いてみることを。誰だって汗をかきます。基礎代謝が低下していて、エネルギー消費が少ない傾向だから身体にためこんでしまい、太ります。
「暑がりは冷やす」というのが暑がりの人によくみられます。暑がりで薄着をしすぎるのです。エアコン等で冷やしすぎて局所的に気が滞り痛みます。この方には鍼と温灸で局所を温通する治療をしました。4回の治療でほとんど痛みがなくなりアンケートをいただきました。

◆アンケートではほとんど完全になおり苦痛がないという回答と以下のコメントをいただきました。

もともと肩こりがある方でしたが、今回は今までにないひどい痛みで肩甲骨の内側に激痛が走るようになりました。(ちょっと咳をしても前かがみになっても)それでいつも事あるごとにお世話になっているこちらに来させていただきました。1回で激痛はおさまり、3回目くらいからこりの部分がやわらかくなってくる感じで、今はほとんど何も感じなくなりました。私が姿勢の悪さを気にしていたので、そちらも治療していただき、今は背中がすっとまっすぐになっています。ありがとうございました。
コメント以上

〔考察〕コメントの「姿勢の悪さを気にしていたので、そちらも治療していただき今は背中がすっとまっすぐになっています。」という点について

この方には督脉通陽法という身体の陽気をしっかり補う温灸法を施術しました。陽気を補うと背筋は自然と伸びます。姿勢矯正は鍼灸治療の中で自然と行なわれるのです。

◆自筆のコメントはこちらから
170614senaka.JPG
※夏場の冷え対策
エアコンが効きすぎている場所では首をスカーフか何かで覆って保温してください。首は太い血管が流れていて、体温を放熱しています。「寒い」と自覚する前に保温し放熱を防ぐのがポイントです。
私も新幹線で東京出張する時は首に大きめのハンカチをまきます。ワイシャツの汚れも防げて一石二鳥です。

※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。
posted by ゆい at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2016年12月14日

会議でおなかが痛くなる 過敏性腸症候群(IBS)が治った

今回は40代後半のサラリーマンの方が約2週間 4回の治療でよくなったお話です。まずメールをいただきました。

☆会議でおなかが痛くなる 過敏性腸症候群(IBS)が治った

◆患者さんからのメール
症状ですが過敏性腸症候群(ガス型)が2年ほど続いています。大腸検査でも異常はなく心療内科ではトランコロンという腸けいれんを抑える薬をもらい一時的にはよくなりますが対症療法で、薬を止めると再発します。
5年程前から中間管理職で職場のストレスによる、不眠や頭痛などの自律神経の異常を感じており、適度な運動は行っていますが過敏性腸症候群がなかなか自力で改善できないため受診を希望しています。よろしくお願いします。メール以上

一番 困るのはお腹がはることでした。会議中にお腹がはってすぐにトイレに行きたくなるのをなんとかして欲しいという訴えでした。肩こりもあります。
一度治療すると眠りが深くなり、お腹のはりもほとんど感じなくなりました。
2度目の治療の後は肩こりも意識しなくなりました。
約2週間 4回治療したところで、アンケートを書いていただきました。

アンケートでは
◆非常によい効果があった。ほとんど完全に治り苦痛がない。

◆治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は0である。
という回答をいただき以下のようなコメントもいただきました。

◆コメント
ここ4〜5年は仕事のオーバーワークで自律神経と腸が弱っていると感じ受診しました。特に過敏性腸症候群(ガス型)は生活が安定した後もしつこく残っていました。
治療後は腸はもちろん頭もスッキリしてよく眠れるようになりました。治療中に教えていただいた「お腹(腰)を温める」とか「お酒の飲み方」なども参考に試した点も相乗効果があったと思います。
一過性の飲み薬では治らなかったところが楽になって大変ありがたいです。
コメント以上

◆解説
過敏性腸症候群とは 日本消化器病学会のホームページによると以下のように書かれています。

腹痛や腹部不快感などの下腹部を中心とした腹部症状、また便秘あるいは下痢などの便通異常を症状としますが、その症状の原因となる器質的障害を認めない腸管の機能性疾患です。しかしその症状は深刻でQOL(生活の質)を低下させることも少なくなく、20〜40歳代に多いことから学業や就業に支障をきたすため近年重要視されています。またストレス社会の先進国に多く、一種の文明病とも考えられています。以上
http://www.jsge.or.jp/cgi-bin/yohgo/index.cgi?type=50on&pk=D47

症状を改善させるのに長くかかるといわれていますが、身体と脳を一緒に治していく鍼灸治療では意外と早く治せることもあります。今回の患者さんも働き過ぎを少し改善し、適度な運動もしているのになかなか治らないからと来院され、早く治りました。今頃は忘年会を楽しまれていることでしょう。

◆自筆アンケートは以下から

161214cyou.JPG
※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。
posted by ゆい at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2016年04月07日

肩関節周囲炎の激痛が4回で治った

2〜4月はよく肩が痛み始めます。肩関節周囲炎、四十肩、五十肩になることが多い季節です。

☆肩関節周囲炎の激痛が4回で治った

2月に40代の女性がいらっしゃいました。患者さん本人は「ひどい肩こり」という自己診断をされています。5日前からひどい肩こりになり、夜も痛みやだるさで眠れなくなった状態が続いているとのこと。とくに左肩がつらいそうです。
肩関節周囲炎の初期にみられる症状です。夜も眠れない痛みが一ヶ月ぐらい続く人もいらっしゃいます。

肩関節周囲炎というと「肩が上がらなくなる」「動かなくなる」という症状を思い浮かべる方が多いのですが、あれは症状が進行した状態の話。肩を動かすと痛いので、肩を動かさないようにしていると、肩の筋肉やじん帯はこわばり動かなくなっていきます。骨折等で関節にギプスをしばらくつけた後にギプスをはずしても関節はすぐには動きません。それと同じです。長く動かさないでいると筋肉も落ちてしまうので、やっかいです。
痛みはすぐにとれるのですが、筋肉を回復させる治療に時間がかかります。

今回はすぐに来院されたので、治療する方としては簡単でした。最初に治療した夜は久しぶりにぐっすり眠れたそうです。約10日間で4回の治療をして終わりました。

アンケートでは
◆非常によい効果があった。ほとんど完全に治り苦痛がない。
◆治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は0である。
という回答をいただき以下のようなコメントもいただきました。

◆コメント
初めてのハリとお灸でしたが、お灸の香でもいやされる事ができて、ハリではコリとダルさがなくなり、良かったです。

◆自筆アンケートは以下から

160408kata.JPG
※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。
posted by ゆい at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2016年02月16日

2月14日日曜はめまいの日

結(ゆい)鍼灸院の藤井です。2月14日日曜は春のような気温でした。健康な人にとっては気持ちのいい日ですが、自律神経の調整がうまくいっていない人にとっては不都合な日でした。

☆2月14日日曜はめまいの日

急に暖かくなると具合が悪くなる方がいらっしゃいます。春にむけて木の芽がめぶく準備をするように、人の身体の気も動き始めます。人も植物も季節で変化していくのです。このとき気がスムーズに動けばいいのですが、うまくいかない人もいるのです。
急に気温があがる春先の14日のような日は、めまいがおきやすいのです。吐き気、頭痛などもおきやすい日です。寝つきが悪くなりやすく、明け方の4時5時に目が覚めてしまう人もいます。顔は熱っぽいのに足はいつもより冷たく感じたりします。陽気が急に上がる症状を伝統的中医学では肝陽上亢(かんようじょうこう)といいます。肝臓は関係ありません。
14日からのめまいは、自分で頭や首をもんだりしてもよくならないことが多いでしょう。
足を触ってみて冷たくなっている人や足の冷えを感じる人は足湯をしてください。

☆2月15〜16日は痛み、こりの日

14日から動き始めた身体の気が、15日16日の寒さで滞ると今度は痛み、こりに変わります。こちらはゆっくり入浴したり、ストレッチしたりして気をめぐらせてあげてください。
痛みやこりも、めまいも鍼灸できれいに治ります。早めの治療がおすすめです。

◆風邪やインフルエンザなどの細菌・ウイルスなどが院内で移らないように、通常の対策はもちろんのこと、独自にいろいろと対策をたてています。 どうぞ安心して治療をうけてください。対策は以下をご覧下さい。
http://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_influenza/entry_1050/
◆風邪やインフルエンザの治療については以下をご覧下さい。
http://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_cold/index_2.php
◆花粉症の治療については以下をご覧下さい。
http://hari.yuisuita.com/category/1461803.html

結の花壇の青い花がきれいに咲いています。IMG_2855.JPG
posted by ゆい at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2015年12月09日

肩のこらない身体になるには

肩こりを治すことは簡単です。大切なのは「もちがいいこと」そして「肩のこりにくい身体になること」です。今日はそのお話です。ところで月曜のNHKの朝の連ドラ「あさが来た」つわりに苦しむ主人公のあささんが鍼を受けていました。つわりには鍼がよく効きます。たくさんの妊婦さんのつわりを治してきました。

風邪も流行っているようです。お気をつけください。風邪の時は早めに鍼灸を受けてください。以下をご覧ください。
http://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_cold/

☆肩がこらない人に近づく

世の中には肩がこらないという人がたくさんいらっしゃいます。まったく健康な人と伝統的中医学でいう陽実(ようじつ)とか陰虚陽亢(いんきょようこう)という証(しょう)の人です。証(しょう)はその時の身体の状態です。証(しょう)は変化していきます。私も若いときは肩こりに悩まされましたが今は全然ありません。

陽実(ようじつ)は身体に気力体力がみなぎっている状態、元気な人は肩がこりません。起業してバリバリやっている青年実業家あたりをイメージしてください。仕事が終わってもジムに行って汗を流しているような人です。本当は過ぎたるは及ばざるが如しで陽実(ようじつ)、元気すぎる人にも落とし穴はあるのですが、ここでは話がややこしくなるので触れません。

陰虚陽亢(いんきょようこう)は陰陽のバランスが乱れている状態、身体を落ち着かせる陰が消耗して、身体を興奮させる陽が相対的に多くなっている人、せかせかと落ち着きなく動いています。不眠や頭痛に苦しむことはありますが、肩はこりません。

要するに陽の気が消耗すれば、気がうまくめぐらなくなり肩がこりやすくなります。陰虚陽亢(いんきょようこう)のようにバランスが乱れ、病的に陽が多くても肩はこりません。

運動すると一時的に気はめぐるのですが、運動で疲れて陽の気が消耗してしまう人は翌日からまた肩こりに悩まされます。クイックマッサージなどの「もちが悪い」のは、陽の気を補充していないからです。鍼を使って陽の気を補充することもできますが、温灸の方が何倍も効率がいいので、私は温灸を多用します。身体が十分にあたたまって、気がめぐっていれば肩はこりません。お風呂にはいった直後はたいていの方が肩こりを忘れているはずです。

☆2回の治療で肩こりがなくなる

矢沢(仮名)さんは30代の働く女性、ひどい肩こりに悩まされています。肩こりだけでなく目頭がしびれ、目が開けづらくなっているという症状で来院されました。
1回の治療で症状が楽になり一週間後にもう一度 来院されました。当初の症状は楽になっているけれど少しだけ残るということでした。その日は長く戸外で立った後に左ひざが痛むようになったということで、そちらも治療しました。階段を降りる時に痛むというのをその場でとりました。階段を降りる時に痛むというのに履いてこられたのはハイヒール、おしゃれの方が痛みに勝っている女性はたくさんいらっしゃいます。ハイヒールで降りても痛くない状態にしました。

その後一ヵ月後に別件で来院されました。肩こりは治っています。一日 パソコンをすると体だるいと感じることはあっても翌日には回復しています。この時にアンケートをいただきました。
アンケートでは
◆非常によい効果があった。ほとんど完全に治り苦痛がない。
◆治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は1である。
という回答をいただき以下のようなコメントもいただきました。

◆コメント
目の内側のしびれや目があけにくい症状は全くなくなりました。肩こりはほとんどありませんが、一日中パソコンを見ているような仕事の日の夕方や夜にやや肩がこる(というか体がだるい)と感じることがあります。

◆自筆アンケートは以下から
151210kata.JPG
※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。
posted by ゆい at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2015年11月30日

肩の痛みと一緒に10年続いた手足の冷えもなくなりました

ぐっと気温が下がりました。風邪も流行っているようです。お気をつけください。風邪の時は早めに鍼灸を受けてください。以下をご覧ください。
http://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_cold/

急に気温が下がると、背中がはったり腰が重くなったり痛くなったりする方もいらっしゃいます。じつは少しお年を召した自称 暑がりの方に、不調が出ることがよくあります。薄着のままだから冷えて、気の流れが滞るのです。
http://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_headache/entry_926/
また寒さは自律神経の不調に関係します。
http://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_body/entry_882/

☆肩の痛みと一緒に10年続いた手足の冷えもなくなりました。

安井(仮名)さんは60代初めの女性です。2週間前から左肩が痛み始めました。本人いわく「24時間痛い」左の人さし指もしびれます。趣味でパソコンをされるようです。痛むまでは「10時間触っていた」状態でしたが、今は1時間ほどにされています。

50歳頃から肩こりもひどくなり、手足も冷えるようになりました。
2回治療したところ、当初の痛みを10とすれば4ぐらいという状態となり3回目で当初の痛みを10とすれば2.5ぐらいになりました。
約3週間で完治。ずいぶん以前からあった寝つきの悪さもなくなり、手足の冷えも消えました。手首にまいていたサポーターも用済みに。
寝つく時に頭の中で音が鳴っていてなかなか眠れなかったのですが、それもなくなりました。ここでアンケートをいただきました。
アンケートでは
◆非常によい効果があった。ほとんど完全に治り苦痛がない。
◆治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は0.2である。
という回答をいただき以下のようなコメントもいただきました。

◆コメント
通院2回目以降かなり楽になりました。その後一進一退ながらも良い方向に向かいほぼ3週間で完治しました。肩コリだけでなく手足の冷えについても治療していただき、寝つきの悪さも針で治るとは大きな驚きでした。ありがとうございました。

◆自筆アンケートは以下から
151201kata.JPG
※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。

◆グーグルストリートビューのサービスを使い結鍼灸院の内部を公開することにしました。初めての患者さんの不安をなくすためです。興味ある方は以下をご覧ください。
https://www.google.co.jp/maps/place/%E7%B5%90%EF%BC%88%E3%82%86%E3%81%84%EF%BC%89%E9%8D%BC%E7%81%B8%E9%99%A2/@34.7574621,135.5139466,3a,75y,240.94h,90t/data=!3m7!1e1!3m5!1sdxIbWUvcnjIAAAQzeXgTNA!2e0!3e2!7i13312!8i6656!4m2!3m1!1s0x0:0x3d90daf29a54c62f!6m1!1e1

◆年末年始の休みのお知らせ 12月28日月曜まで開けています。来年は4日月曜から開けます。
posted by ゆい at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2015年05月31日

頭がぼおっとしていたのが治った アトピー性皮膚炎のかゆみもとれた

急に暑くなりました。暑くなると冷やす。今週は冷房で寒くなったり、窓を開け放して寝たりして、身体を冷やした患者さんが目立ちました。冷たいものを飲みすぎて身体を冷やした方もいらっしゃいました。
冷やしすぎると、首や腰が痛くなったり、肩こりがひどくなったり、下痢や便秘になります。お気をつけください。水分補給は冷たすぎない飲み物でお願いします。冷たいものが欲しいときは氷を口にいれてください。氷はゆっくり溶けるのでおなかを冷やしません。

ただ、そうはいっても身体が暑さに慣れてないので、熱中症になった方もいらっしゃいます。丈夫ではない方は適切にエアコンを使ってください。日曜は結(ゆい)はお休みですが、予約の電話は受け付けています。

☆頭がぼおっとしていたのが治った アトピー性皮膚炎のかゆみもとれた

尾形(仮名)さんは20代後半の主婦です。足が冷えて仕方がない。肩もひどくこる。夜は眠りが浅い、昼間は頭がぼおっとするとの訴え。2年前からぼおっとするのがひどくなりました。半年前から身体もかゆくなりはじめ、肩にひどいアトピー性皮膚炎があり、胸にもポツポツとあります。しゃんとしようとカフェイン入飲料を飲むと、今度は胸がドキドキする始末。甘いものが食べたくて仕方がないそうです。

1度治療したところ劇的によくなりました。かゆみがなくなり、肩こりもなくなりました。頭もぼおっとしなくなったので、カフェインに頼る必要もなくなりました。よく眠れます。2週間後に再度来院されたのですが、肩にあったアトピー性皮膚炎がきれいに消えていました。首から胸の付近がよくかゆくなるのでステロイド軟こうを塗っていたのですが、塗らなくなったそうです。ステロイドをやめてもかゆみは出ません。甘いものもとくに欲しいとは思わなくなったそうです。足も以前ほどは冷えなくなりました。便秘はないと言われていましたが、大便の量が増えていました。

甘いものを食べたくなるのは中医学では脾気虚(ひききょ)といい、消化器系が弱っている時に起こると考えています。一度の治療で脾気虚が大分改善されたのでしょう。
脾気虚になると身体の余分な水分、湿邪(しつじゃ)をうまく外に出せなくなります。湿邪が経絡、気の流れる道をふさげば、肩こりや痛みになります。湿邪がある条件のもとで熱をもつと湿熱となり、かゆみやアトピー性皮膚炎になります。

脾気虚も気虚(ききょ)の一種で頭にうまく気が回らなくなると、昼間は頭がぼおっとして夜は眠れなくなります。

尾形さんの治療はもう少しかかるかなと考えていたのですが、うれしい誤算でした。湿邪がわるさをしているので、湿度の高い梅雨や夏は状態が悪化する可能性はあります。その時はまた1〜2回治療すればいいでしょう。
もちろん定期的に治療して、どんどん健康になる、予防するという選択肢もあるのですが、その辺は 患者さんの選択に任せています。

◆アンケートでは「非常によい効果があった。ほとんど完全になおり苦痛がない。」「治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は【1】である」との評価をいただき以下のコメントをいただきました。

◆コメント
とても楽になりました。また時間がある時に伺います。お灸がとても良かったです。冷えもかなりよくなりました。

◆自筆アンケートは以下から

150531hifu.JPG
※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。
posted by ゆい at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2015年01月23日

身体にも春がきています

結(ゆい)鍼灸院、関西中医鍼灸研究会の藤井です。阪神大震災20周年から6日が過ぎました。
20年前に私が呼びかけた鍼灸マッサージボランティアに集まった鍼灸師、学生が中心になって結成されたのが世話人をつとめている関西中医鍼灸研究会です。

東日本大震災の時は塩釜や松島の離島にボランティアに行きましたが、関西から向かったのは阪神大震災を経験したおじさんばかりでした。行こうとした若者もいたのですが、放射能のことがあり家族から反対されて断念しました。
阪神大震災は青空の下で仕事をした気分でしたが、東日本大震災の時は曇り空の下で仕事をしたかのようでした。年をとっていろんなものが見えるようになったこともあるでしょうが、やはり福島の原発事故が影を落としていました。ボランティア関係の話は以下をご覧下さい。
http://www.yuisuita.com/hobby/


☆身体にも春がきています

寝違いで来院される患者さんが続きました。眠りが浅くなったり、朝早く目が覚めてしまうようになった方もちらほらいらっしゃいます。まだ旧正月も来ていませんが、春の息吹です。
冬の間 じっとしていた「気」が動き始めたのです。まだまだ寒く、動き始めた「気」は寒さで滞ります。それが痛みとなり、寝違いとなります。鍼灸が一番ですが、自宅では温めてください。お風呂もおすすめです。腰痛も出やすい時期です。

これから自律神経のバランスも崩れやすくなる「木の芽時」にはいっていきます。鍼灸で早めに調整してください。突発性難聴もおきやすい季節です。

風邪やインフルエンザもはやっています。こちらは以下をご覧下さい。
http://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_cold/

写真は3.11の津波で破壊された さぶさわ島を歩く白衣の私と島の方です。
311sabusawa.jpg
posted by ゆい at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2014年08月22日

15年前からの頭痛が治りました、膝の痛みの治療がきっかけで

結(ゆい)鍼灸院、関西中医鍼灸研究会の藤井です。

◆東京衛生学園での講義のため9月11日(木)18日(木)は午後5時から開院します。

◆第4回日本中医学会学術総会での講演のため9月13日(土)を休診、代わりに15日(月曜祝日)を開けます。
http://www.jtcma.org/scientific-meeting/index.html

お盆も終わり、朝夕は少しだけ涼しくなりました。胃腸が弱っている方が増えています。下痢、やわらかい大便、便秘などです。ゆっくりお風呂に入ってください。湯たんぽでおへそを暖めてください。自宅でお灸をするのもお勧めです。やり方は教えます。

☆15年前からの頭痛が治りました、膝の痛みの治療がきっかけで

白井(仮名)さんは50代の女性です。数日前から右膝の内側が痛くなったと来院されました。膝は一度で楽になり、日常生活に支障はなくなりました。痛みが急にひどくなる前から長く歩くと膝が痛むという症状があったのですが、これも4回ほどの治療でなくなりました。
じつは白井さんにはもっと深刻な悩みがありました。15年来の頭痛です。膝が一度で楽になった後に相談されました。
ここ1年ほどは家族関係でストレスも多く胃痛もおこるようになりました。頭痛が出ると1日寝込んでしまうことが多いそうです。
約1.5ヶ月7回治療したところでほぼ頭痛も胃痛もなくなりアンケートをいただきました。

◆アンケートには「よい効果があった。少し苦痛はあるがずいぶん楽になった。」「治療前の苦痛を10とすれば今は1」と回答いただきました。

◆コメント
長年の頭痛でこれが普通だと思っていたのが先生の治療で頭痛のない生活がこんなに頭がすっきりしていると気付かされました。長い間モヤがかかっていたような感じだったのがすっかり晴れて気持ちまで楽になりました。
ひどくなると寝込むこともあったのが今週は一度もありません。1日だけ頭痛がありましたが半日で治ってしまいました。ほんとうにありがとうございました。

この後 2ヶ月 頭痛の再発のないことを確認しています。

アンケートは以下から

140822atama.JPG
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。
posted by ゆい at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2014年07月22日

3年前からいつも痛かった背中が2回の治療で治りました

◆7月24日と31日木曜は午後5時から開けます。午前は東京衛生学園専門学校臨床教育専攻科(教員を養成する学科)での講義のためお休みさせていただきます。

◆電話予約や変更は診察時間外、定休日も含め、8時30分〜21時30分頃まで受け付けるようにしました。

☆3年前からいつも痛かった背中が2回の治療で治りました

谷岡(仮名)さんは20代の男性です。お連れ合いの紹介で来院されました。長く運転するお仕事、3年前からいつも背中が痛いとのこと。整体やマッサージに時々行くが治らないそうです。仕事の終わる頃は足も熱くなってしまいます。
2回治療したところ、2週間たっても背中が痛くならないとのことで、3回目の治療の時にアンケートをいただきました。足の熱さも改善しました。

◆アンケートには「非常によい効果があった。ほとんど完全に治り苦痛がない。」「治療前の苦痛を10とすれば今は0」と回答いただきました。

◆コメント
痛みがとれました。ありがとうございます。また痛くなりましたら、お願いします。

アンケートは以下から
140724senaka.JPG

整体やマッサージで治らなかったものがなぜたった2回で治ったのか。整体やマッサージも気をめぐらせることは出来るのですが、気を補うことが苦手です。一時的にめぐっても気が不足しているのですぐにめぐらなくなります。滞ると痛みます。
鍼灸はつぼを使い、お灸や鍼で気を補うことができるため、谷岡さんの気が不足しなくなります。十分な気が供給されるために、気が滞ることがなくなり痛まなくなるのです。以前よりも疲れにくくなります。

※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。
posted by ゆい at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2014年05月02日

鍼が苦手な男性も、効くからきます。肩の痛みが消えた。

鍼は苦手だけれど、効くから来るという患者さんもいらっしゃいます。猪俣(仮名)さんもそんな方。お連れ合いから勧められて来院されました。お連れ合いは一度だけ来院されたのですが、肩の痛みが一度で治り、上がらなかった肩が上がるようになっていました。

☆鍼が苦手な男性も、効くからきます。肩の痛みが消えた。

猪俣(仮名)さんは30代の電気工事の職人さんです。20代の時に野球で右肩を痛めてから、たびたび肩の痛みで苦しんでいらっしゃいます。仕事柄、腕を上にあげて作業することが多いのですが、痛みを我慢しながら仕事を続けていらっしゃいます。
一度の治療で痛みなく腕を上げることができるようになりました。アンケートは2度目の治療の時にいただきました。

◆「よい効果があった少し 苦痛はあるがずいぶん楽になった」「治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は3である」と回答していただきました。

◆コメントには
はりがこわいので、出来れば来たく無いですが、効果があると感じたので、いたくなればまた来たいと思います。
と書かれていました。できるたげ来なくて済むように治療効果が長く続く鍼灸を一生懸命施術させていただきます。
鍼をこわがるのは男性の方が多いようです。
自筆のアンケートは以下から
IMG_1600.JPG
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。
posted by ゆい at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2014年04月21日

頭痛、肩こり、目の痛みがおきなくなりました。便秘も改善。

当院の鍼灸治療は「ほかとは違う」とよく言われます。温灸を使うことが多いこと、当然のようにうつぶせや仰向けになってもらう治療院がほとんどの中、抱き枕を使って側臥位になってもらったり、歩きながら鍼をしたりといろいろやるからでしょう。
「じっくり治しましょう」というところが多い中、「あなたが考えているよりも早く治るかもしれませんよ。」と言ったりするからかもしれません。

☆頭痛、肩こり、目の痛みがおきなくなりました。便秘も改善。

浅川(仮名)さんは40代初めの女性です。1日中、パソコンの前でデスクワークされています。肩がこって、そのうち頭まで痛くなる。頭が重いくてつらい。目が重く、目の奥も痛い。眠りが浅く、時々目が覚めてしまう。便秘もひどく3〜7日に一度の割合でしか便通がないといった症状です。
結(ゆい)でよく治療している肝欝気滞(かんうつきたい)タイプの患者さんです。

1回治療しただけで「治療前の苦痛を10とすれば今は2」2回目で「治療前の苦痛を10とすれば今は1」といった状態になりました。
週に1回で1ヶ月治療したら頭痛もおこらず、肩こりもあまり意識しなくなりました。便通も1〜2日に1回となり便秘も治りました。

◆初回の治療後のアンケート

治療前の苦痛を10とすれば今は2
以前、大阪駅にある鍼灸に針とお灸に計12回程度通っていたのですが、その時は何となく良いのかな?とおもう程度だったのですが、ここは、とてもしっかりと針とお灸をしてくれ、初回の翌日は体がだるかったのですが、それ以降はとても体が楽でひどかった頭痛や目の奥、首、肩の調子が良いので、これからも通おうと思います。便秘の改善と女性ホルモンの改善希望。

◆2回の治療後のアンケート

治療前の苦痛を10とすれば今は1
頭痛、肩こり、目の痛みなどは2回目で苦痛を感じる痛みはおこらなくなりました。便秘は以前は3〜7日に一度の割合だったのが今は2.5日に一度
2回の治療でよくなりました。頭痛、肩こり、目、首の痛み、イライラが今後もおこらない様にしたい。
自筆のアンケートは以下から 1回目と2回目のアンケートをいっしょに写しています。

140424kata.JPG
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。
posted by ゆい at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2014年04月01日

原因不明の右胸の痛み、頭痛、目の奥の痛みもきれいになくなりました

桜が咲きました。ウキウキして楽しい季節です。外出したい気分になれば外出し、積極的に身体を動かすのが春にあった健康法です。
一方、自律神経のバランスの悪い方には、めまいや不安感、頭痛などが出ることもあります。こちらは早めの鍼灸治療をどうぞ。

☆原因不明の右胸の痛み、頭痛、目の奥の痛みもきれいになくなりました

森田(仮名)さんは50代の女性、デスクワークが多くパソコンと向かい合う毎日です。右の背中と胸が痛いという主訴で来院されました。8ヶ月前から続いています。頭痛、目の奥の痛みもあります。いくつもの医院、病院を回りましたが結局、原因不明。痛みだけでなく首や肩もこります。5週間8回治療して痛みはほぼなくなり、この段階でアンケートをいただきました。

◆アンケート回答
よい効果があった。少し苦痛はあるがずいぶん楽になった。治療前の苦痛を10とすれば今は1である。

◆コメント
原因不明の痛みで何科に行ってもわからず、諦めていましたがこちらに伺い本当に楽になりました。針治療はしたことがなかったので怖いイメージがありましたがもっと早く来ればよかったと思います。ありがとうございました。
140401kan.JPG
森田さんは中医学的にみれば肝欝気滞(かんうつきたい)という状態、気のめぐりがひどく悪くなっていました。じつはこの後、1ヶ月くらい治療をお休みしたところ、少しだけ右胸の痛みがぶり返したのですが、1回ですぐになくなりました。

※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。
posted by ゆい at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2014年01月24日

1〜3月、身体が痛みやすくなる

今日から明日にかけては気温が上がります。暖かくなると身体が楽になることが多いのですが、なかには急に暖かくなると具合が悪くなる方もいらっしゃいます。

☆1〜3月、身体が痛みやすくなる

春にむけて木の芽がめぶく準備をするように、人の身体の気も動き始めます。人も植物も季節で変化していくのです。このとき気がスムーズに動けばいいのですが、まだ残る寒さのために滞る場合があります。1〜3月頃に肩や首、腰が痛くなる方は結構いらっしゃいます。暖かくなるからと薄着にしすぎないようご注意ください。

土曜から日曜にかけて雨とともに気温が下がると、さらに体調を崩される方が出てくるかもしれません。温度変化に合わせてこまめに衣服を調整してください。疲れすぎないようにしてください。体調を崩された時は早めの鍼灸治療で、軽いうちに治してください。私の長年の経験では体調を崩しやすい波が1〜3月にかけて数回やってきます。今が第一波です。

◆インフルエンザが流行っています。鍼灸で免疫力をあげて予防しましょう。
posted by ゆい at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2013年05月30日

原因不明の痛みが身体のあちこちで

結(ゆい)針灸院 、関西中医鍼灸研究会の藤井です。例年より早い梅雨入り、むし暑くなってきました。エアコンで湿度を低くするのはかまいませんが、冷やしすぎないようご注意ください。

☆原因不明の痛みが身体のあちこちで

小川原(仮名)さんは40代初めの女性です。2〜3週間前から右肩、右腕がズキズキ、ひりひりと痛み、夜も眠れないと3月に来院されました。半年ほど前から身体のあちこちが痛むようになったとのこと。人ごみに行くと耳に違和感を感じるという症状もあります。どこにいっても治らなかったそうです。
1度、治療すると夜がなんとか眠れるようになりました。
週2回治療しながら一ヶ月もすると、痛みを意識している時間が非常に短くなり、2ヶ月で治療を終わりました。身体のあちこちも痛まなくなりました。
小川原さんは、あるとき「テレビで痛みを過剰に感じるようになってしまうような脳の状態があると言ってましたが、私のような気がして」と質問されました。
「その可能性は高いと思います。過剰に痛みを感じてしまう脳の状態を変化させるよう鍼灸治療しています。」とお答えしました。
小川原さんは「原因不明の痛み」と医師から言われ続けていました。何か得体のしれない変化が身体におこっているのではないか、難病ではないかという不安がくすぶっていたようです。痛みも楽になっている時に聞いた「脳の痛みへの過剰反応」という考え方にほっとされたようでした。鍼灸は整形外科のように痛みを身体の局部だけの不調とは考えないのです、とくに難治性の痛みについては。身体も心もケアしていきます。難治性の痛みはリラックスするのが苦手な方に多いようです。

◆アンケートは
帯状疱疹のような痛みで夜も眠れないような気が2、3週間続いていたのですが最初の治療で夜もだいぶと眠れるようになり10回ほどの治療ですっかりよくなりました。同時に花粉症の治療もしていただき、こちらのほうは3回ほどで驚くほど楽になりました。治療を進めていただくに従って体自体がだんだん元気になっていっているのがうれしいです。また毎回とても丁寧に体調を聞いていただけて気持ちも安心できます。ありがとうございます。
以上
自筆のアンケートはこちらから
IMG_5936.jpg
posted by ゆい at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2013年03月01日

胃痛も針灸で治ります

胃の付近が痛いときはどうされますか。内科にかかったり、薬局で胃薬を買ったりでしょうか。結(ゆい)には「胃が痛くなった」「おなかが痛い」といって来院される患者さんがたくさんいらっしゃいます。

☆胃痛も針灸で治ります

篠原(仮名)さんは40代の女性です。首と肩が1ヶ月ほど痛いということで来院されました。首は「中にボールが入っている感じがする。」とのこと。右肩が痛く、上がりにくい。空腹時には胃が痛む、夜中に何度もおしっこに起きてしまうという症状も。
1回目で右肩はその場で上がるようになりました。2回治療すると、首の症状もとれました。一番、感謝されたのが胃痛がなくなったこと。ずいぶん長く苦しんでいらっしゃいました。
アンケートには
胃痛が生活の一部になっていましたので、それが普通でした。針をしていただくようになって、上をむいて寝れるようになりました(背中の痛みで上を向けなかった)呼吸も楽になり背中が痛くなったりかたくなっていたことがすっかりなくなりビックリです。おかげで冬眠するかのようによく眠れるようにもなりました。ありがとうございました。
以上
じつは篠原さんは胃痛については最初、言われませんでした。あきらめていたからです。
長年、胃痛に苦しまれているみなさん、針灸も是非お試しください。

 自筆のアンケートは以下から
ituu.jpeg
posted by ゆい at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2013年01月17日

春に向けて気は動き始めた

遅ればせながらあけましておめでとうございます。今年はじめてのメルマガです。本日は阪神大震災から18年、震災ボランティアで訪れた西宮や神戸の惨状とその中で生き生きと働いていたボランティアの若者たちの姿は今も忘れることはありません。

◆春に向けて気は動き始めた

春に向けて植物も動物も変化していきます。雪の下で草木が芽吹く準備を始めるように人の気も動き始めます。最近、朝早く目が覚め始めた方は多いはず。こういうときはイライラしやすくなります。予定を詰め込みすぎず、ゆっくり暮らすことを心がけてください。また動き始めた気が寒さで滞ると、痛みになります。首や肩、腰の痛みが出てきた方も多いでしょう。のどがつまるような感じも増えてきます。
針灸できちんと気をめぐらすようにすると、早朝覚醒もさまざまな痛みも治ります。寒さの和らいでいる時間帯の戸外や暖かい室内で身体を動かすのもいいでしょう。寒いところで急に運動すると捻挫や肉離れなどのケガのもとです。お気をつけください。

※専門家、針灸学校学生の皆さんへ 関西中医針灸研究会のお知らせ
阪神大震災の針灸ボランティアのメンバーが中心になって結成された関西中医針灸研究会も18年目を迎えました。

◆1月の関西中医針灸研究会 事前申し込み不要です。
日時 1月19日土曜 18時〜21時 

講義 木下会員 口腔疾患の治し方 顎関節症 口内炎 舌痛症 実技あり
早川会員 中医学講義 「皮内鍼の使い方と取穴法」
《場所》大阪市立総合生涯学習センター  メディア研修室 (大阪駅前第2ビル
5F)
関西中医鍼灸研究会 のホームページは
 http://www001.upp.so-net.ne.jp/yuihari/top.htm
posted by ゆい at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2012年08月28日

月1回の片頭痛が治った

9月1日土曜は臨時休診です。ご注意ください。今回は頭痛が治った話です。

◆月1回の片頭痛が治った

持田(仮名)さんは30代の2人の子育て中のお母さんです。月に1度襲ってくるひどい片頭痛に悩まされていました。ふだんから肩こりもひどいのですが、片頭痛の時は突然のさむけから始まり、吐き気が出てきて実際にもどしたりもします。下痢にもなります。2回ほど治療したところ頭痛は出なくなり、肩こりもなくなりました。その後、軽い頭痛が一度出たものの治り、その後は1〜2週間に一度治療しながら快調に過ごされています。みなさま、どうぞ片頭痛をあきらめないでください。

持田さんの自筆のアンケートの写真はこちら
IMG_4531.jpg
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。

◆9月22日土曜は祝日ですが平常通り診療します。
◆専門家、鍼灸学校学生の皆さんへ 日本中医学会学術総会のお誘い

9月1〜2日、東京で第2回日本中医学会学術総会が開催されます。詳しくは以下をご覧ください。
日本中医学会  http://jtcma.org/
事前申し込みは終了しておりますが、当日受付を行いますので、直接会場へご来場ください。昨年の学術総会では特別講演をさせていただきました。今年は9月2日午前の部のパネル・ディスカッション「日本に根付いてきた中医鍼灸」でパネラーとして出席します。
posted by ゆい at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり

2012年05月28日

足首を治すために身体も治す、動きながら治す

結(ゆい)針灸院の藤井です。急に暑くなってきました。HPの「季節と養生のこと」のコーナーに「6月の養生法」について3件追加しました。どうぞご覧下さい。

☆足首を治すために身体も治す、動きながら治す

50代の女性が足首の捻挫の痛みがなんとかならないかと来院されました。階段を踏み外して傷めたが、1ヶ月たっても治らない、あと1ヶ月後にフラメンコの大会があるのに痛くて練習もできないという訴え。近所の整骨院で治療は受けられていました。
足を踏み鳴らして踊るフラメンコ、当然普通に歩くよりも足首に負荷はかかりますが、踊る時に痛まないようにしないと意味がありません。2回目の治療の時は、フラメンコ用の靴をはいてもらい、足を踏み鳴らして足首に負荷をかけながら、鍼治療をしました。動きながら治すやり方です。靴はタップの音を出すためにかかととつま先に鉄の鋲をうってあるハイヒール。結(ゆい)の木の床が軽やかに鳴りました。痛みはその場でとれ、その晩から練習が始まりました。練習の後、足首は多少重くなりましたがはげしい痛みは出ません。「1ヶ月も安静にしていたのですから、筋力も落ちます。練習を続けていれば筋力も回復し治りますよ。」と励ましながら治療を続け、無事大会を終わりました。
じつはこの女性、「肩がこっていない日はない。」「昼間はぼおっとしてなかなか仕事にかかれない。そのためついつい夜更かしして仕事を片付けてしまう。」といった状態だったのですが、肩こりもとれ、朝にちゃんと起床しすぐに仕事にとりかかれるようになりました。足首の捻挫といっしょに身体全体を治していったからです。じつを言うと身体全体の気のめぐりが悪い時に足首だけを治そうとしてもうまくいきません。身体全体の気がしっかりめぐれば早くきちんと治るのです。治療終了後のアンケートでは以下のようなコメントをいただきました。

的確な治療ありがとうございました。最近は以前のような極端な夜更かしはなくなり、1日のスタートも早くなりました。捻挫でいった針灸院ですが、これをきっかけに体調がよくなり、災い転じて福になったと思っております。
写真はフラメンコ用のハイヒール
IMG_9509.jpg

写真はコメントが書かれたアンケート
IMG_3072.jpg

ホームページは http://yuisuita.com
耳鼻のどの専門サイトは http://hari.yuisuita.com
携帯用ホームページは http://yuisuita.msc.ms2.jp/


posted by ゆい at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、肩こり