2021年02月07日

2月の関西中医鍼灸研究会のお知らせ

今回は専門家、鍼灸学校 学生向けのお知らせです。私が世話人をしている関西中医鍼灸研究会のお誘いです。

☆2月の関西中医鍼灸研究会のお知らせ

早川敏弘会員「関西中医鍼灸研究会の紹介」
藤井正道世話人「温灸の失敗しないやり方」
「新型コロナ感染症の後遺症の鍼灸治療」

日時 2月14日日曜午前10時〜12時
参加費 無料
IMG_20200118_182337 (2).jpg
2月14日 オンラインで関西中医鍼灸研究会を開催します。
1月はフリートークでしたが、新型コロナ感染症の後遺症の話などいろいろ話がでました。2月は早川敏弘会員が「関西中医鍼灸研究会の紹介」をして、世話人の藤井がスライドを用いて講義します。「温灸の失敗しないやり方」では動画も準備しました。
質疑応答、フリートークの時間もあります。チャットも使うので質問も気軽にできます。参加費はとりません。
日曜の朝、自宅で鍼灸のトレーニングです。

参加希望の方は藤井までメールをください。ZoomミーティングのURLを送ります。
藤井正道 電子メールは mogusa@cb3.so-net.ne.jp
IMG_3447.JPG
関西中医鍼灸研究会のホームページのURLが  http://kansaihari.com にかわっています。
**********************************************
郵便番号564-0041
吹田市泉町2-47-27-102結鍼灸院内 
関西中医鍼灸研究会 藤井正道
電話06-6380-2236 
ホームページは http://kansaihari.com
**********************************************
posted by ゆい at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月02日

新型コロナ感染症制圧を指揮した英雄 鐘南山院士のインタビュー記事

藤田医師は日本中医学学会でともに評議員をつとめる仲間です。2019年の学会では電子カルテについて、いろいろと話し合いました。中国で湯液向けに運用されていた電子カルテは水準の高いものでした、シェアしたのは鐘南山院士のインタビュー記事です。鐘南山院士は武漢封鎖を断行し、新型コロナ感染症制圧を指揮した英雄です。共産党員ですがSARSの時に共産党の情報隠蔽を鋭く批判し、国民の信頼を得ています。
藤井が要約の要約をしておきます。

1/31 広州日報で紹介された中国工程院の鐘南山院士のインタビュー記事です。簡単に要約しておきます。

1.防疫対策を少しでも怠ると、感染者数がすぐに増加

20年6月の北京新発地では、27日間で収束し、約300人が感染したが、冬に入って各地の感染状況が一時深刻になった。蘭州大学が開発した数理モデルで計算すると、政府の強力な介入がなければ、2月末の黒竜江で13万人、河北で12万人が感染すると言う計算になっている。強力な介入後、吉林・河北・黒竜江では、2月上旬にはコントロール出来る見込みだが、海外の状況をみて分かるように、一旦防疫体制を緩めると直ぐ感染爆発リスクが出てくる。

2.ワクチン接種後もマスクは必要、安全性の高いワクチン

中国ではシノバックとシノファームの不活化ワクチンが開発されているが、軽症に関しては75%の有効率、重症に関してはほぼ100%の有効率、接種後半年は有効だが、それ以上に関してはまだ不明。3〜5年後に理想的なワクチンが登場するだろう。
現在、中国は全世界でのべ2,200万人に接種し、最初の接種から7〜8ヶ月が経過しているが、9割程度で抗体を保持している。なので半年間は問題ないだろう。現在のワクチンは、あくまでも緊急用であり、3〜5年以内にもっと理想的なワクチンが登場するはず。

3.変異したウイルスに対してのワクチン

 現在の新型コロナウイルスワクチンのうち、欧州型や南アフリカ型での一部での変種型に注意が必要。ワクチンの効果が落ちる可能性あり。なので、抗体が十分でなければ、追加接種の可能性も考える必要がある。現在、これらの研究を行っている広東省CDCの首席専門家の何剣峰氏のよると、現段階での不活性化ワクチンの効果は比較的良好とのこと。(とはいえ、まだまだ研究中のようですね。)

4.無症状感染者からの感染
 略
5.退院後の後遺症と心理治療、再陽性の問題

  退院後半年以降でも後遺症が見られるが、疲労感と神経系統の症状が中心。まずは心肺機能のリハビリが重要。そして心理治療もポイント。現在、回復者の状況をみていると、SARS回復者よりも健康状態が思わしくないことが多い印象。心理上の回復問題は重視されるべき。

6.農村での防疫ポイント

 現在、村民のPCR検査を行うのに、大型バスを派遣して集団で検査場所にいっているが、これでは時間の無駄であるし、感染を拡大させるリスクが非常に高い。今後は移動式のPCR検体採取車の整備が必要。

7.広州で開発された移動式PCR検査車

大型バスを改造し、10人分プール方式のPCR検査で、1日2万人を検査できる車両で、もし陽性反応が出たら一人一人再検査し直す方式。また、自動で検体採取し、自動で測定し、30分以内に結果が出せる移動検査車も完成しているとのことで、今後の活躍が期待されている。

8.全世界では3月頃から改善に向かうのでは

新型コロナの死亡率は1%程度であっても、感染者の数が多ければ、死亡者も増えてる。この1年間で、全世界で200万人以上が亡くなった。各国でワクチン接種が始まっており、その効果が高くても低くても、ワクチンは有効であるには変わらない。ワクチン接種後、抗体が作られるまで時間が必要であり、ワクチン接種する人が増えれば増えるほど状況の改善は期待できるはず。その結果、3月頃から改善に向かうのではと考えている。(予想が当たりますように。)

9.3月に米国のファウチ所長との会見

 米国の状況改善が世界に与える影響は大きいし、中米関係改善にも良い影響を与えるだろうし、中米学者の交流にも良い影響を与えるだろう。ファウチ所長とは、考え方で似ているところも多く、会見を楽しみにしている。また来週もハーバード大学医学院との意見交換が行われる。
2021-02-02.png
posted by ゆい at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月06日

関西中医鍼灸研究会 2021年ZOOM情報交換会のお誘い

関西中医鍼灸研究会世話人の藤井正道です。今回は鍼灸師、学生向けのお知らせです。
2021年1月17日日曜 午前10時30分〜12時 オンラインで情報交換会を行います。参加費は無料です。会員、会員以外でも中医学的鍼灸に興味ある方の参加をお待ちしております。

関西中医鍼灸研究会は2020年1月以降、リアルの活動を停止していました。1月18日の研究会の講師が邵輝(しょうき)先生から世話人 藤井と早川敏弘先生に急遽 代わりました。邵輝(しょうき)先生が緊急来日した武漢の医師と大阪大学の医師たちとともに新型コロナ感染症対策の協議に入ったためです。邵輝(しょうき)先生はウイルスの専門家でもありWHO=世界保健機関で日本のインフルエンザウイルスの流行予測の仕事をされていました。また阪大微生物研究所に在籍されていたこともあります。
関西中医鍼灸研究会は2020年4月に中医研通信を発行し、ネットでも公開しました。新型コロナ感染症の解説と2019年12月〜2020年3月の中国の感染症対策を特集したものです。
http://kansaihari.com/202004tusincorona.pdf

その後はオンラインでの学習会や学会などが続きましたが、関西中医鍼灸研究会としての活動は休止していました。今回は情報交換、近況報告、2021年度の関西中医鍼灸研究会の運営など、ゆるーく雑談しながら、中医学鍼灸のお話しをしていく予定です。会員以外の参加も歓迎します。下記から参加をお願いします。

◆Toshihiro Hayakawaさんがあなたを予約されたZoomミーティングに招待しています。

◆Zoomミーティングに参加する
https://us02web.zoom.us/j/83685565296?pwd=a2JRSkNnRENKaE90Mi9HM0ZmVTBnZz09
ミーティングID: 836 8556 5296
パスコード: 760881
Join our Cloud HD Video Meeting
us02web.zoom.us 2020年1月の関西中医鍼灸研究会の様子です。
IMG_20200118_182337 (2).jpg
posted by ゆい at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月26日

1月7日木曜から開けます。

結(ゆい)鍼灸院 院長の藤井正道です。
結(ゆい)は冬休みに入りました。12月27日日曜〜2021年1月6日水曜を冬休みとさせていただきます。7日木曜から開けます。予約と予約の変更のお電話は1月5日火曜から受け付けます。ネット予約はいつでも受け付けています。

6月に注文したダチョウ抗体マスクが12月中旬にやっと届きました。抗体を染み込ませたマスクに新型コロナウイルスを含む液をたらした実験で、感染力を90%以上抑制できたという高機能マスクです。
京都府立大学の塚本康浩学長がダチョウの卵を使ってインフルエンザウイルスの抗体を作り、マスクに染み込ませて抗体マスクとしていたのですが、今回はこの技術を新型コロナウイルスにも応用しています。N95マスクのように苦しくないサージカルマスクなので、スタッフに使ってもらっています。スタッフの感染予防が患者さんたちの感染予防につながります。写真は私が使っているN95マスクとダチョウ抗体マスクです。N95は医療用が入手できないので現場作業用のものです。
IMG_3304.jpg
私は今年最後のPCR検査を12月22日にしました。陰性でした。北大阪ほうせんか病院臨床検査科に唾液検体を出しています。いつもは1〜2日で結果のメールが届くのですが、今回は3日後でした。自費検査が増えているのかもしれません。

それではみなさま よいお年をお迎えください。
posted by ゆい at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月03日

日本中医学会 オンライン開催のお知らせ

結(ゆい)鍼灸院の藤井です。今回は専門家、鍼灸学校学生向けです。

私が評議員をしている日本中医学会学術総会がオンラインで11月22日〜23日に開催されます。これまでは東京での開催で関西からの参加は制約がありましたが、オンラインだとなくなります。どうぞご参加ください。今回の会頭は日本中医学会理事長、東京大学大学院特任教授 酒谷薫先生です。2014年にストレス脳の研究「不安レベルへの鍼の効果と前頭前野皮質のNIRS活動計測」で共同研究させていただいた先生です。

☆学術総会の特設ページを公開&参加申込の受付開始
https://jtcma.org/annual-meeting/

第10回学術総会の特設ページを公開しました。新しい情報は特設ページで随時紹介していきます。参加申込みも受け付け開始しましたので、皆さまのお申込みをお待ちしておりま
す。
2020日本中医.png
◆活動再開予定のお知らせ

関西中医鍼灸研究会 世話人の藤井です。
関西中医鍼灸研究会は2020年度は活動を休止し、2021年度から再開する予定です。
2020年度にお支払いいただいた会費は そのまま2021年度分としてカウントしま
す。当面はオンライン開催とする予定です。

◆関西中医鍼灸研究会のHPが http://kansaihari.com
に変わりました。
posted by ゆい at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月29日

和歌山県は偉い、新型コロナの感染を抑え続けている

衣替えは終わられましたか、衣替えや布団のシーツの交換などは窓を開け、マスクをして行ってください。ほこりで喉をやられる場合があるからです。今 風邪のような症状が出ると、何かと面倒です。ほこりで喉をやられても、風邪でやられても、新型コロナでやられても症状は似ています。お気をつけください。
1027大阪感染者.png
新型コロナ感染症がじりじりと増え続けてきました。都道府県別にみると大阪府は3位です。
人口10万人あたりの累計感染者数(10月27日時点)
1位 沖縄 221.2人
2位 東京 217.5人
3位 大阪 138.8人
1027累計感染.png
関西圏で感染者が一番 少ないのは和歌山県。和歌山県は全国23位で関西圏では一番 少なく29.4人です。
1027キンキ.png
なぜ和歌山県の感染抑制が関西圏のマスコミで称賛されないのか不思議に思っていたら、10月26日付の朝日新聞デジタルにやっと記事が出ました。「コロナ禍、知事はこう動いた リーダーに必要な5条件」というもので元鳥取県知事の片山善博・早稲田大大学院教授へのインタビュー記事です。
ここで片山教授は和歌山県知事を称賛していました。
「感染症対策は第一義的には知事の仕事です。「国が、国が」とおっしゃる知事さんもいましたが、行政トップの知事ができることは、法律的にも、実務的にもたくさんあった。そもそも、一時、問題になった「37.5度以上の発熱が4日以上続く」という国のPCR検査の「目安」についても、国がいう通り、あれは拘束力のない「事務連絡」なんです。知事が本気になれば、積極的な検査はできた。実際に、和歌山県の仁坂吉伸知事は2月、県内の病院で国内初の院内感染からクラスター(感染者集団)が発生した時、PCR検査を積極的に実施して封じ込めをしっかりしました。」以上 記事

私も和歌山県が国の基準以上に積極的にPCR検査をして感染を抑え込んだことは知っていましたが、次のくだりは初めて知りました。

「コロナ対応では、最前線の保健所が都道府県や特別区、政令指定市に管轄が分かれ、ほとんどのトップは保健所任せだった。保健所は、人員も、物資も、自分たちだけで何とかしようと必死です。第2次大戦中、日本軍が(太平洋の)ガダルカナル島で全滅したのと一緒。作戦には兵站(へいたん)が必要で、全体を見て案配できるのが司令官なんです。今回、和歌山県知事はクラスターの封じ込めには保健所だけでは限界があるとして、感染者の追跡調査や電話相談にほかの県職員も動員した。」以上 記事

和歌山県知事は、県職員を保健所に派遣して応援していたのです。一方 大阪府と大阪市は職員を大阪市廃止=都構想の住民投票関連に多数はりつけています。人口10万人あたりの累計感染者数が29.4人と138.8人との違いはこの辺にありそうです。

図は日経新聞と「札幌医大 フロンティア研 ゲノム医科学」からのものです。

posted by ゆい at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月14日

専門家向けネット雑誌に掲載 棒灸、箱灸、灸頭鍼の失敗しないやり方

鍼灸マッサージ専門家向けのネット雑誌 週刊あはきワールド に「棒灸、箱灸、灸頭鍼の失敗しないやり方」を載せました。新型コロナ感染症の時代には、お灸、温灸の治療が最適です。
お灸の煙は除菌、抗ウイルス作用を持っているといわれています。中国で新型肺炎(SARS、サーズ)が流行したときも今回の新型コロナでも予防にお灸の煙が用いられました。当院は治療にお灸をよく使うため、院内はお灸の煙で常に浄化されています。中国では新型コロナウイルス感染症の病棟をお灸の煙で浄化していました。

週刊あはきワールド 2020年10月14日号 No.685
しくじり症例から学ぶあはき臨床 その3

棒灸、箱灸、灸頭鍼の失敗しないやり方
〜私の失敗を教訓としてください〜
結(ゆい)鍼灸院院長・関西中医鍼灸研究会世話人 藤井正道
https://www.human-world.co.jp/newsitem.php?id=2539
週刊あはき201014.png


posted by ゆい at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月06日

夏休みの予定ほか

今回は帰省や夏休みのお話です。

※夏休みのお知らせ 
8月9日日曜~16日日曜まで休みます。すでに8日土曜までは予約がいっぱいですので、
17日からのご予約を受け付けています。
密にならないために、予約人数を減らしています。ゆったりと治療を受けていただけるのですが、一方で予約が取りづらくなりご迷惑をおかけしています。
8月は最終木曜ではなく第3木曜20日木曜を休みます。27日は開けます。

◆帰省が話題となっています。私にも遠方に住む息子がいますが、今年は帰省しません。代わりにスカイプで食事会を開いています。
電話より ゆっくり話せます。顔を見ながら話しできます。一番いいのは、トイレ等で席を立った時に全身を見ることができること。顔だけを見るより息子の様子がよくわかります。パソコンの大きな画面でみていると、いっしょにいるかのように思えてきます。お金もかからないし、感染予防もできます。みなさんもぜひお試しください。

◆感染集積地域での会食は家族以外でするのは2人でも5人で10人でもダメです。アクリルボードがあっても密閉した空間の場合 エアロゾル感染がおこる可能性があります。ぜひスカイプやズームを使いオンラインでお楽しみください。
私は2月2日以降 外食はしていません。鍼灸院に通勤する以外は、スーパーやデパ地下に食料品の買い出し等に出るだけの毎日を続けています。各方面に不義理していますが感染予防が第一です。散髪も自宅で妻にやってもらっています。

◆結(ゆい)は温灸を多用する鍼灸院です。煙対策のためコロナ以前からいつも換気していました。各ベットに換気扇があります。またお灸(ヨモギ)の煙は抗ウイルス作用があるとされ、中国の軽症者用施設では わざわざお灸の煙で部屋を燻蒸していました。
衛生対策のため結(ゆい)はコロナ以前から 使い捨ての紙シーツを使っていました。患者さんが触れそうなところは すべて紙がかかっています。
私たちはゴーグルにマスクで治療を続けています。防護服こそ着ていませんが、ユニフォームは半日で着替えています。昼食は新しいユニフォームで髪の毛も顔も手も洗ってとっています。

posted by ゆい at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月08日

小児が重症化する可能性は低いです 新型コロナウイルス感染症

昨日は 4歳の子供さんを連れた女性がいらっしゃいました。治療は女性にして、子供さんは横で 待ってもらいます。
子供さんが保育園で新型コロナ感染症にかかることを心配されていて、自分の仕事が休みの時は、自宅でみていらっしゃるようです。
「ご心配はわかりますけれど、子供さんはかかることはあっても亡くなること、重症化する可能性は非常に低いです」と申し上げると、意外そうな顔をされていました。
4月 山梨大学付属病院で0歳児の女児が心肺停止の状態で運ばれてPCR検査で陽性になったという報道がありましたが、そのニュースが影響しているのでしょう。女児はその後 心肺停止から生還し、PCR検査も陰性になっています。0歳児、乳児の危険性は一部 指摘されていますが、小児は成人に比べ重症化しにくいといわれています。
 日経新聞に掲載されている5月1日現在の年代別の表です。日本では30代で2人 亡くなられていますが 20代を含む若い人に死者はいません。
年代別感染.png
※個人情報保護のため少しだけお話の設定を変えている場合があります。

こんな格好で治療しています。ユニフォームは半日で着替えています。私は短髪なので昼も夜も頭も顔も洗って食事をとるようにしています。
IMG_2888.JPG
posted by ゆい at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月01日

限定開院のお知らせ 5月7日から2週間 開けます。

緊急事態宣言は延長されますが、患者さんからの強い要望もあるため、結(ゆい)鍼灸院は5月7日から開けます。ただ開け続けることはしません。5月7日木曜〜19日火曜まで2週間ほど開け、その後 緊急事態宣言が解除されるまで再び閉めます。
患者さんの治療と感染防止の折り合いをつけるやり方です。ご理解お願いいたします。
緊急事態宣言が6月に再度延長された場合は6月8日月曜〜13日土曜、6月22日月曜〜27日土曜を開ける予定です。6月に解除された場合は通常どうり開けます。
※ネット予約 電話予約は受け付けています。
※マスクの着用をお願いします。緊急事態宣言の前からほとんどの患者さんがマスクをつけたまま治療を受けていらっしゃいました。マスクを着けたままの来院をお願いします。

◆治療の流れ

1.玄関で検温をお願いします(2月から実施しています)
37.5度以上の方は お帰りいただきます。耳で体温を測ります(使い捨てのカバーをつけています)風邪、インフルエンザ、新型コロナウイルス感染症の初期の症状は似ています。
区別できません。そのため風邪の初期の治療は当分の間やめます。

2.玄関入ってすぐの洗面所で手洗いをお願いします。洗面所はお帰りになる時もお使いいただいて構いません。化粧直しもできます。

3.治療ベットに行き、治療を受けていただきます。すべてのベットに換気扇があり常時換気しています。患者さんの触れるところはすべて使い捨てのディスポシーツでおおわれています。身体の上にも紙のディスポシーツをかけます。着替えも使い捨ての袋に入れていただきます。

4.当面 予約人数を絞ることにしました。スタッフは防護服こそ着ていませんが、ゴーグルにマスク、手袋 頭は防護帽というスタイルです。スタッフの感染予防が患者さん みなさんの感染予防となります。ご理解ください。

5.お金はできるだけお釣りのないようにお願いします。こちらからお釣りを渡さないですむからです。準備するお釣りは、お札も含め オートクレーブ(高圧滅菌器)で消毒していますがやり取りは減らしたいと希望しています。ご理解ください。
IMG_2863.JPG
posted by ゆい at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月07日

非常事態宣言のため結(ゆい)鍼灸院は休みます。5月7日から開けます。

非常事態宣言の時も医療機関は開けることはできますが、外出のリスク、多くの人が自宅にこもる社会的状況等を考えると感染拡大を防止するためにも、いったんお休みした方がいいと判断しました。患者の皆様、スタッフと私の感染防止のためです。ご理解お願いします。みんなで新型コロナウイルス感染症を収束させましょう。

◆休診中は電話相談させていただきます。
結(ゆい)の電話 06-6380-2236
現在 通院中または約1年以内に通院された患者さんからの電話相談を平日 10時から15時の間にお受けします。申し訳ありませんが1人15分以内とさせていただきます。水曜 土曜 日曜祝日はのぞきます。質問事項を結のホームページの問い合わせフォームから事前に送ってもらうのも大歓迎です。
新型コロナウイルス感染症対策の情報発信もホームページやSNSで積極的に行います。

◆5月7日分からの電話予約、ネット予約を受け付けています。
posted by ゆい at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月23日

3月と5月の関西中医鍼灸研究会の開催を延期

新型コロナウイルス肺炎 COVID-19 の感染拡大防止のために2020年3月 5月の関西中医鍼灸研究会の開催を延期します。状況をみて再開いたします。
2020年2月23日
http://www001.upp.so-net.ne.jp/yuihari/top.htm

posted by ゆい at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月28日

2019-nCoV、新型コロナウイルスによる肺炎予防法 その1

☆有力情報! 文春オンラインに掲載された 新型肺炎 上海在住24年の日本人医師が訴える「中国の決定的な弱点」とは 
この記事は現状を冷静にとらえることができる記事です。ぜひお読みください。
https://bunshun.jp/articles/-/29479
取材された上海東和クリニックの藤田康介医師は日本中医学会の仲間で、私も時々書いている専門誌 中医臨床にもたびたび記事を載せている医師です。じつは大阪大学でも最近 仕事を始められています。AIと医療の関係にも詳しく、昨年 10月に東京で開催された日本中医学会の時もAIに関していろいろ話し合った仲です。

藤田医師は「中国はもともと人の移動が多い国です。しかも旧正月休み(公式には1月24日から30日までが休み、2月2日まで延長されると報じられている)と重なったこともあって、感染拡大のリスクはきわめて大きい。力ずくでも押さえ込まなければならないという判断になったのではないでしょうか。」と今回の武漢封鎖を解説しています。
そして 日本人として行うべき行動について以下のように結論づけています。私もまったく同感です。

「ウイルスの変異におびえる前にやるべきことがある点です。マスク、手洗い、顔洗い、換気、人混みを避ける、しっかり休養を取る。発熱があって体調が悪いのに無理に出社するようなことはしない。こうした基本的な対策を徹底すれば十分です。結局のところ、ウイルスが変異しようがしまいが、個人にはこれ以上の対策はありません。付け加えるならば、他にインフルエンザなどの病気もあるわけです。新型コロナウイルス肺炎が流行していようがしていまいが、そうした予防の重要性は変わりません。」以上

☆2019-nCoV、新型コロナウイルスによる肺炎予防法 その1

結(ゆい)のHPに載せている「インフルエンザ予防の話」は今回の新型コロナウイルスによる肺炎予防にも有効です。ちょっとだけ要約してお伝えします。
https://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_cold/entry_1010/

◆中医学的インフルエンザの予防法は新型コロナウイルスによる肺炎予防にも有効

〇足三里 大椎というつぼにお灸

足三里 大椎にお灸をすれば感染予防効果があります。
中国の六枝特区人民医院では68年の香港風邪(新型インフルエンザの一種)の流行時、80例の患者さんに、大椎の鍼と灸等を用いて、80例に効果がありました。上海でも1万例を実験して、足三里の灸は、インフルエンザや風邪に予防効果があると報告されています。
大椎(だいつい)は首を前に倒した時に襟首のところに飛び出る骨の下にあるツボです。
足三里は膝の外側 膝のおさらの下に手をあてて小指の付近。押して 痛いとかおもだるいとか感じるところあるツボです。

お灸はよもぎの葉を精製したものです。お灸の煙は除菌、抗ウイルス作用を持っているといわれています。中国で新型肺炎(SARS、サーズ)が流行したときも予防にお灸の煙が用いられました。お灸の煙に感染を防止する効果があります。家でお灸をすると身体の免疫力をあげる効果と煙で感染予防をする効果で一石二鳥です。最近は後のつかない、やわらかい熱感のお灸が市販されています。当院でも扱っています。

〇お酢と水を半々程度にまぜ、わかして、酢の蒸気をだします

やかんをストーブにかけても、いいし台所でガスの火にかけてもいいし、要するに 酢のにおいが部屋にたちこめる ようにします。加湿器に酢をいれるのもいいやり方です。 とくに家族の誰かがインフルエンザや風邪にかかった時は絶対におすすめ。うつるのを防ぎます。のども楽になります。

〇酢でうがいをする

水道水もいいけれど、酢のうがいもききます。口もさっぱりして気持ちいいですよ。

〇子どもが発熱した時、高熱をさげるやり方

冷水につけて硬くしぼったタオルで、背中の背骨の両わきを上から下へまさつする。乾布まさつの要領ですが、上から下へ一方通行に行います。きつめにやや力をいれて何回か行います。背中が赤くなるまでやります。

◆こちらも大切!一般的予防法

1.手洗い
しっかり頻繁に手洗いしてください。できれば顔や髪の毛も頻繁に洗ったほうが効果的です。手の皮膚が荒れていないこと、傷がないことが一番大切です。薬用石鹸を使って肌荒れがおこるようなら逆効果。消毒薬を使って肌荒れがおこるようなら使わないでください。

2.うがい
効果は手洗いほどには確認されていません。手洗いは各国で奨励され効果が確認されていますが、うがいは日本で好まれるやり方です。うがい薬は必要ありません。うがい薬と水道水(消毒用塩素が微量に入っています)を比較すると水道水の方に軍配が上がっています。うがい薬がのどの粘膜を傷つける場合があるのが関係しているのかもしれません。

3.マスク
普通のマスクでは風邪やインフルエンザにかかってしまった人が他の人に移さない効果は確認されていますが、感染予防の効果は確認されていません。過信は禁物です。マスクをするなら1日に何回も取り替えてください。マスク表面にウイルスが付着している可能性が高いので、マスク表面はさわらないこと。ひもを持ってはずしてください。使用済みのマスクはふたつきの容器に捨てるか、ビニール袋に密閉して捨ててください。

4.メガネ
普通のメガネでも目の粘膜からのウイルスの侵入をある程度防ぐことはできます。仰々しいゴーグルをつけるのは、はばかられても伊達メガネならOKでしょう。ウイルスは目と鼻と口から侵入してきます。目をこするくせはやめましょう。

5.部屋を別にする
インフルエンザにかかった家族を別室に隔離します。食事も別室でとってもらい家族内感染を防ぎます。別室は時々換気をしてください。かかってしまった家族とは必要最小限の接触にとどめるため、家の中で携帯電話をつかうのもひとつの方法です(ふつうの風邪の時はそこまで気を使わなくてもいいでしょうが)使ったティッシユ等はふたのついたゴミ箱か、ビニール袋に入れて密封するようにしてください。
img_aead21469cb73510dad096b4e4e477e54006813.jpg

posted by ゆい at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月19日

1月18日の関西中医鍼灸研究会は私と早川先生が

1月18日の関西中医鍼灸研究会の講師が邵輝(しょうき)先生から私と早川敏弘先生に急遽 代わりました。15日に変更要請があり、かなりバタバタでしたが、なんとか間に合いました。私は「高齢者の鍼灸治療 日本で発展した中医鍼灸の立場から 」としてスライド30枚を急いでつくり実技を交えながら講義しました。
早川先生は「承淡安先生にはじまる澄江針灸学派」として1920年代から現代までの中国での中医学の歴史を講義。詳細な調査に基づき知られていない事実をいろいろと教えていただきました。気功の流行は文化大革命終了以降の1980年代からと思っていたのですが、違っていました。そもそも気功という言葉は1950年代につくられたもので、気功治療に中国共産党指導部の信頼が当時からあったこと、そのため指導部批判が行われた文化大革命中は徹底的に排斥されたことなどです。老中医が紅衛兵に糾弾されたことは知っていましたが、気功師も排斥されていたことは初めて知りました。詳しくは次号の中医研通信をお読みください。

日中戦争、国共内戦を戦い抜いてきた1950年代の中国共産党指導部の人々が気功を支持した理由は推測できます。身体は頑強でも強いストレスにさらされて気は滞っていたことでしょう。肝鬱気滞を治すには西医の薬よりも鍼や気功が効きます。

早川先生の「中医鍼灸は経絡弁証を重視すべきだ」という結論は、関西中医研や私が1990年代から提起していたことでもあります。ただし経絡弁証のみに走り、1950年代からの鍼灸弁証論治、臓腑弁証の成果を投げ捨てるような風潮には反対します。私も早川先生も同意見です。
中国では鍼灸が総合病院の中で重要な位置を占め、重篤な内科系疾患に効果を発揮しています。臓腑弁証中心の鍼灸弁証論治の理論があったからです。

今回のスライドはアイフォンにpdfファイルを入れLightning - Digital AVアダプタを使ってプロジェクターから映しました。パソコンよりも軽いので、今後も使っていくつもりです。

邵輝(しょうき)先生の中医学講義は2020年4〜5月に延期しました。
中国内陸部の湖北省武漢では、原因となる病原体が特定されていない肺炎の患者が相次いでいて、死者も出ています。WHO=世界保健機関は、原因は新型のコロナウイルスの可能性が否定できないと指摘しています。
邵輝(しょうき)先生は18日に緊急来日する武漢の医師と大阪大学の医師たちとともに肺炎対策に動くことになり、講義の時間がとれなくなりました。
邵輝(しょうき)先生はウイルスの専門家でもありWHO=世界保健機関で日本のインフルエンザウイルスの流行予測の仕事をされていました。また阪大微生物研究所に在籍されていたこともあります。
IMG_1134.jpeg
posted by ゆい at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月15日

緊急!講師変わりました 1月の関西鍼灸中医研究会

2020年1月18日の関西鍼灸中医研究会のお知らせ

講師が邵輝(しょうき)先生から世話人の藤井正道と早川敏弘先生に急遽 変更になりました。邵輝(しょうき)先生は中国で発生した新型肺炎対策で動きます。

中国内陸部の湖北省武漢では、原因となる病原体が特定されていない肺炎の患者が相次いでいて、1人が死亡し、WHO=世界保健機関は、原因は新型のコロナウイルスの可能性が否定できないと指摘しています。
1月の講師予定の邵輝(しょうき)先生は18日に緊急来日する武漢の医師と大阪大学の医師たちとともに肺炎対策に動くことになりました。
邵輝(しょうき)先生はウイルスの専門家でもありWHO=世界保健機関で日本のインフルエンザウイルスの流行予測の仕事をされていました。また阪大微生物研究所に在籍されていたこともあります。

☆講義と実技 高齢者の鍼灸治療 日本で発展した中医鍼灸の立場から  
藤井正道先生 18時~19時20分 

講義の題目
◆ みんな長生きになった いつから高齢者とみるか
◆変化の大きな現代は過去の知見が尊重されなくなり高齢者も尊敬されない
◆高齢者は感覚が鈍い
◆気血津液すべてが不足気味
◆よくつかう経穴
◆症例報告

☆講義と実技「承淡安先生にはじまる澄江針灸学派」
早川敏弘先生 19時35分~21時

承淡安先生から邱茂良(きゅうぼりょう) 先生、楊甲三先生、 陸痩燕先生など、中医学の近代を代表する中医師たちについて解説します。
王居易の「経絡診察」や王文遠先生の「平衡鍼」の解説と、「平衡鍼」の実技を披露します。

《日時》1月18日土曜 18時〜21時 
《場所》大阪生涯学習センター 
第1研修室
資料代  一般会員3000円  学生会員2000円
     一般参加4000円  学生参加3000円
定員 70名 関西中医研HPより事前申し込みをお願いします。
**********************************************
郵便番号564-0041
吹田市泉町2-47-27-102結鍼灸院内 
関西中医鍼灸研究会 藤井正道
電話06-6380-2236 
ホームページは http://www001.upp.so-net.ne.jp/yuihari/top.htm
**********************************************
20200118kansai.png
posted by ゆい at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月12日

1月の関西中医鍼灸研究会のお知らせ

◆専門家のみなさまへ 1月の関西中医鍼灸研究会のお知らせ

邵輝(しょうき)先生の中医学講義 
中国の近代名医の紹介 とくに楊甲三先生について

中医学鍼灸の魅力に、老中医の鍼灸経験があります。北京中医薬大学の楊甲山先生は承淡安先生の高弟の1人。承淡安先生は日本の鍼灸を学び、中国に紹介した先生で日中の鍼灸の架け橋として知られています。邵輝先生は楊甲山先生の直接指導を受けています。
賀普仁先生の「三通法」、「金針」王楽亭先生は「老十鍼」という『脾胃論』にもとづく配穴処方を開発。天津中医薬大学の石学敏先生は、「醒脳開竅法」で脳卒中を治療しました。老中医の独特の鍼灸処方を紹介し、その処方の背景にある考え方を解説します。

《日時》1月18日土曜 18時〜21時 
《場所》大阪生涯学習センター 第1研修室
詳しくは関西中医研HPをご覧下さい。関西中医研HPより事前申し込みをお願いします。
ホームページは http://www001.upp.so-net.ne.jp/yuihari/top.htm
200118syao1.png
posted by ゆい at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月27日

年末年始の休みのお知らせ

12月29日日曜〜1月5日日曜をお休みさせていただき
ます。予約のお電話は通常は休日でもお受けしていますが、こちらも1月3日金曜
まで休ませていただきます。ネット予約をご利用ください。

IMG_2640.jpg
posted by ゆい at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月01日

医師と鍼灸師が同じ場で、同じ言葉で議論 日本中医学会

今週末10月5〜6日にタワーホール船堀(東京都江戸川区)で日本中医学会第9回学術総会が開催されます。
私は6日朝9時からの小ホールでの一般演題の座長を渡邊 善一郎先生(富士ニコニコクリニック院長)といっしょにつとめることになりました。10時20分 終了の後はそのまま劉 恩明先生の鍼灸実技講演「毫火鍼」(座長 浅川 要先生)に続きますのでとくに鍼灸師の先生方にはお勧めです。当日受付もあります。

一般演題は湯液(漢方薬)からと鍼灸からの報告がいっしょに行なわれます。医師と鍼灸師が同じ場で、同じ言葉(中医学用語)で議論するのが日本中医学会の特徴です。
敬称略で紹介すると以下のようになります。

◆ベーチェット病の口内炎に対する半夏瀉心湯
コ永健一郎*1、加島雅之*2
*1熊本赤十字病院 リウマチ科、*2同 総合内科

◆CREST症候群に伴う右第3指尖端の潰瘍に対し四物湯で改善を認めた1例
佐々木 翼*1
*1帝京大学医学部附属病院 麻酔科

◆中医薬大学教材における妊婦慎用・禁鍼穴の調査
渡邉 大祐*1
*1 小雀斎漢方針灸治療院、つくば国際鍼灸研究所、天津中医薬大学針灸標準化研究所

◆頚椎ヘルニア手術後に対する接経取穴法の有用性
福岡 豊永*1  郷家 明子*2
岸 奈治郎*3 平馬 直樹*4
*1天空洞 *2明クリニック *3岐至漢方クリニック *4平馬医院

◆急性期病院でのDPC診療における鍼灸師の役割
三谷直哉*1
*1熊本赤十字病院 総合内科

◆中渚と侠渓への鍼灸手法の透天涼を用いた頭鳴りの一症例
弓削周平 木もれび鍼灸院

以上です。中医学は湯液も鍼灸も「弁証」という総合診断、「治則」という治療方針が同じなので同じ土俵で話が出来るのです。
例えば「ベーチェット病の口内炎に対する半夏瀉心湯」の半夏瀉心湯は傷寒論に出てくる処方で半夏4.0;黄芩・人参・大棗各3.0;乾姜・甘草各2.0;黄連1.0という組成ですが、効能は和胃降逆(意訳 胃の機能を正常化する)、開結除痞(意訳 みぞおちのつかえをとる)とされています。
効能の和胃降逆や開結除痞という言葉から どういうツボを組み合わせて使えば似たような効能になるかがイメージできます。また今回のベーチェット病の口内炎の患者さんは「脾気虚と胃熱を帯びた痰湿」と「弁証」されているため、これも参考になります。
鍼灸から私が考えると 中脘 合谷 足三里の平補平瀉、内庭の瀉法といった配穴になります。商陽の刺絡を入れる可能性もあります。
湯液の患者さんについて学ぶことは、鍼灸治療の幅を広げることにつながります。私がなかなか遭遇しないような病気の方もいらっしゃるので、世界が広がります。

いっしょに座長をつとめる渡邊 善一郎先生は最新号の中医臨床2019年9月号の巻頭インタビュー「ニッポンの中医臨床」に登場されていました。
日本中医学会第9回学術総会は以下からどうぞ
https://jtcma.org/meeting.html

IMG_2457.jpg
posted by ゆい at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月17日

神さんになったような気分でした

9月16日は東京 両国の江島杉山神社で「現代に効く温灸 督脈通陽法」と題して 講義と実技指導をさせていただきました。灸法臨床研究会のお招きです。
場所は神社の本堂 つまり賽銭箱と大きな鈴の向こう側での講義です。講義や実技指導中に参拝者が鈴を鳴らし、私たちに向かって拍手をうたれます。なんとも不思議な体験でした。
私の灸頭鍼のやり方は非常に安全で効果もあるので、多くの鍼灸師の先生方に使っていただきたいと実技指導しました。

江島杉山神社は鍼管という鍼を入れるときの筒を発明した杉山和一先生に関係する神社です。杉山先生は江戸幕府の徳川綱吉将軍の治療にあたり、61歳で盲人最高位の役職に就き「鍼治講習所」という盲人の鍼師の教育機関をつくっています。
現代でも鍼灸院が併設されています。
http://ejimasugiyama.tokyo/goyuisho.html

IMG_2450.jpg
posted by ゆい at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月01日

温度計 湿度計を使いましょう

雨や曇りが続いています。湿度が高い日が多く、夏バテ気味の方も結構いらっしゃいます。みなさまエアコンの設定はどのようになさっていますか。

☆温度計 湿度計を使いましょう

結(ゆい)鍼灸院は温度計 湿度計を3か所において細かくチェックしています。患者さんに気持ちよく治療を受けていただくためです。私は動き回っていますから、私の体感はあてにできません。
エアコンの設定温度が室温ではありません。結(ゆい)の場合、昼間は設定温度より室温が1度高くなります。温灸を使う時はベットごとに設置してある換気扇を使います。煙を排気するためには吸気が必要で、暑い外気が入るために室温は高くなりがちです。エアコンのセンサーが気温上昇を素早く察知してがんばってくれますが、実際 どれくらいの温度湿度かは温度計湿度計でみています。
自宅も数か所に温度計湿度計をおいてチェックするのを続けています。すると自分や家族の快、不快が数値でわかるようになりました。平常の状態を把握しておくのは大切です。身体の不調から本来は快適な温度でも暑く感じたり寒く感じたりすることがあるからです。エアコンが実際 どの程度 効いているのかもわかります。
高齢になると誰でも暑さ、寒さに鈍感になってしまいます。熱中症予防のためにも体調管理のためにも温度計湿度計をおくのはおすすめです。ご高齢のご家族の部屋にはぜひ温度計湿度計を置くようにしてください。「まだ我慢できる」というご家族を説得するのにも温度計湿度計の数字が役に立ちます。
IMG_2407.jpg
posted by ゆい at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記