2017年08月16日

おへそを温めよう

お盆が終わりました。結(ゆい)は明日から開けます。今日は夏の終わりの養生法のお話です。

☆おへそを温めよう

夏はおなかを温めるのが大切です。冷たいものを食べ過ぎたり、エアコンで冷えすぎると、身体がだるく重たくなります。レンジでチンするタイプの温パックや湯たんぽをおへそにあてて10分〜15分温めてください。結(ゆい)では箱灸や塩灸を使います。
胃腸が弱っているのも おなかを温めて治しましょう。いっしょに生姜や紫蘇(しそ)、ねぎやみょうがを薬味に使ったものを食べるのもいいですよ。
シャワーはお手軽ですが ぜひお風呂に入って身体を温めるようにしてください。浴室が暑くなって熱中症にかからないように、換気して冷風をいれるようご注意を。暑がりの人は氷まくらを頭にのせたり、首筋を冷やしながらお風呂に入るのもお試しください。写真は結の箱灸の様子です。
hakoq.jpg

◆連休のお知らせ
8月24日第4木曜は定休日のため23日水曜24日木曜と連休となります。お気をつけください。
posted by ゆい at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月04日

正しい姿勢やめたら肩こりがなおった

暑さは続きますが、少し身体が慣れてきた方、暑熱順化(しょねつじゅんか)が進んで身体が以前より楽になって来た方もいらっしゃることでしょう。

☆正しい姿勢やめたら肩こりがなおった

ご高齢のお母さんが 前かがみになっていると「しゃんとして!」という娘さんがいらっしゃいます。お母さんを思ってのお声かけなんでしょうが、いわゆる「正しい姿勢」は無理にするものではありません。例えば 前かがみの高齢の女性に鍼灸治療すると、陽気がめぐり 筋肉に力がつき おのずと背筋が伸び 前かがみはなくなります。
自然としゃんとして、背筋が伸びるのはいいのですが、意識して背筋を伸ばそうとすると、よけいな力がかかり、かえって肩や背中がこります。
「正しい姿勢」を意識的に努力されているのは、みなさん「きっちりしている人」いわゆる交感神経優位のがんばりやさんが多いのです。長年の臨床から断言できます。のんびり屋さんは「正しい姿勢」なんかどこふく風です。
「肩の力を抜いて楽にしてください」「正しい姿勢になろうと努力しないでください」この間 数人の患者さんにお願いしてみると、みなさん「肩がこらなくなった」「首の痛みがとれた」という結果になりました。緊張し続けると細かなところを通る血流も悪くなります。正しい姿勢をやめたら肩こりが楽になります。
写真は結の花壇です。
170804hana.JPG
posted by ゆい at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月17日

暑い夜に眠れないもうひとつの理由

暑い日が続きます。暑いから眠りにくいのは 仕方がないのでしょうか。暑い夜には適切にエアコンを使う、氷枕で頭を冷やす等の方法がありますが、意外と見過ごされているのが昼間の過ごし方です。

☆暑い夜に眠れないもうひとつの理由

治療がうまくいって お薬なしでも眠れるようになっていた70代の女性患者さんが、暑さが続き始めてから再び不眠になりました。郊外にお住みで夜はそこそこ涼しくなる地域です。暑いから眠れないということはないとおっしゃいます。
「昼間はどうお過ごしですか、活動量は減っていませんか」と質問すると「昼間は暑くて何もする気がおきない、時にはウトウトと眠ってしまう」との返事が返ってきました。「エアコンをつけていつも通り家事をしてください。いつも通りに動いてください」とお願いしました。昼間しっかり活動すれば、夜は眠くなります。逆に昼間の活動性が低下したり長めに昼寝すれば夜は眠れなくなります。当たり前の話ですが意外に気づかれません。
昼間に1人で過ごすことが多い方々の中に、節約のためにエアコンを使わない方がいらっしゃいます。エアコンなしでもばりばり動ける方は問題ないのですが、暑いと動けなくなる方は エアコンを使って動くようにしてください。電気代がもったいないといっても、あなたが不調になるほうがもったいないのです。
写真は少し前に我が家の夜の食卓を照らしたろうそくの炎です。ほのかな光に落ち着きます。
170717hikari.JPG
posted by ゆい at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月26日

白湯か常温の水で水分補給

水分補給の大切さは各方面でいわれていますが、温度には無頓着な方が多いようです。私は白湯か常温の水での水分補給をお勧めしています。
冷たすぎる水は身体を冷やしすぎます。身体がだるくなりやすいのです。
冷えを感じやすい方は白湯の入ったポットを、そうでもない方は常温の水をお勧めします。そうでもない方が白湯を飲むのもかまいません。
最近は常温の水を売っているところも多いですが、自販機は冷たいものばかり。経済的に考えてもマイボトルがお勧めです。
私の行きつけのカレー屋さんは、私が行くと氷の入っていない水を出してくれます。

☆ビールは常温でもおいしい

日本人は冷えたビールが大好きですが、ドイツではそれほど冷やしません。私は夏は冷えたビールも飲みますが、2杯目からは常温のビールにしています。身体を冷やしすぎないためと、慣れると常温でもおいしいからです。冷やすと味覚は鈍くなります。冷えすぎたビールをおいしいとは思えません。

日本のビールは冷やすことを前提に作っているものがあるので、常温になると甘味が強く感じすぎたりするものがあります。常温で飲まれる場合はいろいろお試しになってください。
ずいぶん昔の話ですが、○○ヒビール社員の患者さんに「何でドイツビールのように常温でおいしいビールを開発したり 飲み方を提案したりしないのですか」と質問したことがあります。健康のためには冷やしすぎないほうがいいからです。「社内でもそういう提案は出たことはあるが、結局 通らなかったようだ」との回答でした。
写真は20数年前に息子用に買った水筒です。今は私が使っています。IMG_0342.JPG

※6月は第4木曜ではなく第5木曜29日を休みます。28日29日の連休になります。
7月8日土曜は午前11時30分で受付を終了します。ご注意ください。
posted by ゆい at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月23日

拙稿「心因性失声症の鍼灸治療」が専門誌 中医臨床に掲載されました

結(ゆい)鍼灸院の藤井です。今回は専門家 鍼灸学校学生向けです。

☆拙稿「心因性失声症の鍼灸治療」が専門誌 中医臨床に掲載されました

中医臨床2017年6月号 通巻149号(東洋学術出版社)に拙稿が掲載されました。文中に「鍼灸だと治しやすく、他の治療では治しにくい心因性失声症を、多くの臨床家が自信をもって治療できるようにと考え、本稿を執筆した」と書いているように、きちんと読めば誰でも心因性失声症を治せるように書いています。

また今号にはインタビュー記事「日本に中医学を普及啓蒙したパイオニア兵頭明先生に聞く」が載っています。兵頭明先生は私より1つ年上なだけですが、私の中医学の恩師です。1980年代後半に東京衛生学園で開かれていた中医学の学習会に通っていました。

兵頭先生が訳者の1人だった「針灸経穴辞典」(東洋学術出版社)1986年発行をぼろぼろになるまで読んだことを思い出します。ちなみに「針灸経穴辞典」の訳者の1人は横山瑞生先生で私のもう1人の恩師です。本は横山先生にいただきました。東京中医鍼灸センターの浅川要先生も訳者の1人です。

今号の中医臨床 是非 書店でお求めください。
IMG_0339.JPGIMG_0337.JPGIMG_0338.JPGIMG_0341.JPGIMG_0340.JPG
◆7月の関西中医研のお知らせ 7月15日(土) 18時〜21時

中医学講義 早川会員の講義と実技  事前申し込みはいりません

☆接触鍼のやり方 「接触鍼と気功法の基礎」

『霊枢』には古代九鍼があり、九鍼にはテイ鍼や円鍼などの接触鍼があり、鍼灸
の重要な一部です。演者が実際に使っている接触鍼の方法を紹介します。また、
北京中医薬大学気功学教授の劉天君先生の「法老功」を基本にして、さまざまな
ハンド・ヒーリング法を紹介します。 
《場所》大阪市立総合生涯学習センター 第1研修室
以前 第5研修室と通知していましたが広い部屋に変わりました。

関西中医研のホームページは http://www001.upp.so-net.ne.jp/yuihari/top.htm
posted by ゆい at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月22日

女子高生の起立性調節障害(OD)、睡眠相後退症候群がきれいに治りました

今回は起立性調節障害(OD)が治った16歳の女子高生のお話です。

☆女子高生の起立性調節障害(OD)、睡眠相後退症候群がきれいに治りました

○○年○月に来院された時は朝の9時に就寝して午後5時か6時に起きるといった状態でした。鼻もつまります。朝 起きられないので学校もしばらく前から休まれています。昼夜逆転で一日一食の生活です。起立性調節障害(OD)と睡眠相後退症候群と診断されていました。

一度治療すると 頭がはっきりして夜9時に就寝して午前3時に起きるといった状態になりました。昼間に起きていられるようになったので三食食べられるようにもなりました。
寝付く時間がだんだん遅くなるという状態になることもありましたが、なんとか持ち直しています。
遠方からの通院のためと なんとか起きられるようになったこともあり、最初の1ヵ月は週一回でしたが、その後は2週間に一度の通院となりました。起きていてもボーとしていたのが、ちゃんと動けるようになり、夜もぐっすり眠れるように変わってきました。少し作業するとすぐに疲れていたのもなくなりました。

治療開始4ヶ月後からは外で活発に動けるようになり、8ヶ月16回の治療で終わりました。
行けなくなっていた高校に戻るのではなく、心機一転 希望する分野の学校に入りなおすことになりました。最後の治療の時は ひっきりなしにしゃべりかけられました。こんなにしゃべる少女だったのか、嬉しい驚きでした。

◆アンケート回答
非常によい効果があった。ほとんど完全になおり苦痛がないという回答があり以下のようにコメントされました。

以前は夜 寝られなかったり、朝起きられなかったりと生活のリズムが定まらず、日中も常にダルさを感じていることが多かったのですが今ではしっかり睡眠をとれるようになりました。日中も自分の趣味をはじめいろいろな活動に積極的に取り組めるようになりました。○○という目標を持ち前へ進もうと思えたのも治療によって元気になれたからでした。本当にありがとうございます。コメント以上

◆自筆のコメントは以下からどうぞ
170622kiritu.JPG
◆起立性調節障害(OD)とは小学校高学年から高校生にみられる以下のような症状の病気です。
朝に起きられない 立ちくらみ 全身倦怠感 食欲不振 立っていると気分が悪くなる 失神発作 動悸 頭痛 夜になかなか寝つけない イライラ感・集中力低下
詳しくは 起立性調節障害サポートグループのHPをごらんください。
http://inphs-od.com/symptom/menu_01/

◆睡眠相後退症候群とは
睡眠時間帯が後ろにずれてしまう睡眠障害です。

※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。

※6月は第4木曜ではなく第5木曜29日を休みます。28日29日の連休になります。
7月8日土曜は午前11時30分で受付を終了します。ご注意ください。
posted by ゆい at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月16日

突発性難聴の耳鳴 難聴が治った

結(ゆい)鍼灸院の藤井です。今回は突発性難聴の後の耳鳴り聴力低下が治ったお話です。

☆突発性難聴の耳鳴 難聴が治った

30代後半の女性が○○年7月に来院されました。20日ほど前に左耳の突発性難聴にかかり、耳鳴り聴力低下が続いています。右耳も時々 耳鳴りがします。耳鼻科で突発性難聴と診断され、治療をうけましたがよくなりません。来院時はメチコバールというビタミンB12のお薬を飲んでいらっしゃいました。副作用もないかわり、劇的な効果も期待できないお薬です。
乳腺炎で発熱した後、発症しました。生後半年の赤ちゃんに授乳中のお母さんでした。

※乳腺炎にも鍼灸は効きます。以下をご覧ください。
http://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_woman/entry_1104/
http://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_woman/entry_1112/

◆突発性難聴の治療間隔

すでに発症から20日間が経過しているので、最初に申し上げました。
「まず5〜6回 治療を受けてください、少しでも良くなれば治療を続けます。よくならない場合は治療を中断します」
発症から時間のたった突発性難聴の治療の場合はいつも申し上げる言葉です。5〜6回 というのは私の臨床経験から出した回数です。
発症直後の場合は「2〜3日に一度は治療を受けてください、条件が許せば毎日でもかまいません」と申し上げています。

◆3回の治療で聴力改善

3回 治療した時点で聴力検査を受けるとよくなっていることがわかりました。左側の肩こりもひどかったのですが、こちらは1回で治っていました。その後も検査のたびに聴力は改善していきました。総計で12回 治療開始から1ヵ月半で治療を終了し、「非常によい効果があった。ほとんど完全に治り苦痛がない。」というアンケート結果をいただきました。

コメント
通院するまでは左耳の聴力もかなり落ちていて、生活面でもかなりつらい点が多くありましたが、初回 通院直後からすぐに左耳に良い変化が出て、通院のたびに少しずつ症状が改善していき、本当に感謝しています。院の雰囲気も私にとてもあっており、安心して通院できました。ありがとうございました。

◆自筆のコメントはこちらから
170617mimi.JPG
◆実際は急性低音障害型感音難聴だったかも

じつはこの患者さん、2ヵ月後に再度 来院され今度は4回の治療でよくなっています。「左耳が聞き取りにくい、子どもの声が2重に聞こえる」という訴えで来院されました。
突発性難聴はいちおう再発しないといわれていますが、急性低音障害型感音難聴は再発します。
突発性難聴と急性低音障害型感音難聴の鑑別は、鍼灸治療では重要ではありません。それよりも患者さん自身の身体の状態の違いや発症した季節の方が大切です。急性低音障害型感音難聴も鍼灸でしっかり治せます。

◆急性低音障害型感音難聴については以下をご覧ください
http://hari.yuisuita.com/category/2025169.html

※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。
posted by ゆい at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月15日

LGBTの方の治療について、とくにトランスジェンダーの方へ

結(ゆい)鍼灸院の藤井です。今日はLGBTの方の治療について、当院のスタンスをお伝えします。

☆LGBTの方の治療について、とくにトランスジェンダーの方へ

患者さんの訴えを聞いて、きちんと治していきます。LGBTの方もそうでない方も同じです。
これまでも たくさんのLGBTの方を治してきました。レズビアン(L)やゲイ(G)、両性愛のバイセクシュアル(B)の方は とくに本人がおっしゃらない限り、こちらではわかりませんし、おっしゃる必要もありません。知らないで治療している場合も多いことでしょう。

心と体の性が一致しないなどのトランスジェンダー(T)の方は着衣や身体からわかりますから、以下のようにしています。
カルテの性別欄は患者さん本人の望まれる性別にします。
カルテの姓名も 患者さんの望まれる名前にします。

◆LGBTとは

女性を好きになる女性のレズビアン(L)、男性を好きになる男性のゲイ(G)、両性愛のバイセクシュアル(B)、心と体の性が一致しないなどのトランスジェンダー(T)といった性的少数者の総称。
(2017-01-15 朝日新聞 朝刊 静岡・地方版より引用)

LGBTのカップルが結婚式を挙げるときのドレスやタキシードについては患者さんつながりで私も紹介できます。もっともインターネットで「LGBT ウェディングドレス」あたりで検索するとたくさんヒットする時代ですが。

写真は豊中市の二ノ切池公園のバラです。
170615bara.JPG
posted by ゆい at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月11日

鍼灸OSAKA に書評を書きました

結鍼灸院 関西中医鍼灸研究会の藤井です。
専門誌 鍼灸OSAKA 125(森之宮医療学園出版部)に書評を書きました。北川毅先生のHow to 美容鍼灸の書評です。「じつは日本中医学の本だった」という題名です。
鍼灸OSAKA 125は「依存症への鍼灸治療」という特集です。書店でご購入ください。

関西中医鍼灸研究会は出版記念企画として9月23日に北川毅先生をお招きして講演と実技披露の会をやります。事前申し込み先着80名です。こちらもどうぞ申し込みください。申し込み先は当院です。電話でも電子メールでも受け付けています。
IMG_0319.JPG
IMG_0321.JPG18838865_1456944597697231_6797967603478255331_n.jpg

posted by ゆい at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月09日

7月の関西中医研のお知らせ

◆7月の関西中医研のお知らせ 7月15日(土) 18時〜21時

中医学講義 早川会員の講義と実技  事前申し込みはいりません

☆接触鍼のやり方 「接触鍼と気功法の基礎」

『霊枢』には古代九鍼があり、九鍼にはテイ鍼や円鍼などの接触鍼があり、鍼灸
の重要な一部です。演者が実際に使っている接触鍼の方法を紹介します。また、
北京中医薬大学気功学教授の劉天君先生の「法老功」を基本にして、さまざまな
ハンド・ヒーリング法を紹介します。 
《場所》大阪市立総合生涯学習センター 第5研修室

関西中医研のホームページは http://www001.upp.so-net.ne.jp/yuihari/top.htm

posted by ゆい at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月07日

関西中医研のHPが更新

関西中医研のHPが更新されています。
2017年3月に行われた「腰痛の現在」という早川会員の報告はすべての鍼灸師が共有したほうが良い内容でした。報告した中医研通信5月号を掲載しています。以下のpdfファイルをご覧ください。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/yuihari/1705tuusin.pdf
なお5月号に5月の予定となっている邵輝中医師の講義は10月21日に延期となっています。
そのほかいろいろ情報を掲載しています。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/yuihari/top.htm
posted by ゆい at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月16日

片頭痛が治った14歳の少女

結(ゆい)鍼灸院の藤井です。新緑のまぶしい季節になりました。

☆片頭痛が治った14歳の少女

3ヶ月前から頭の左側がガンガン痛くなると来院されました。1週間のうち5日ほど痛くなります。手足は冷たく、寝付きもよくないとのこと。疲れやすいという訴えもありました。14歳で高校受験を控えていました。
01番という直径0.14ミリの非常に細い鍼と棒灸という熱くなくあたたかいお灸で治療しました。温灸の一種で、もちろん跡にはなりません。

一度 治療すると6日間 頭痛が消えました。週に1回の治療を1ヵ月続けると、ほぼ頭痛はなくなりました。それでも時に思い出したように頭痛が出てきたり、風邪をひいて咳がひどくなったりしたので2週間に一度の治療を約3ヶ月続け、頭痛が1ヵ月以上 出ないことを確認して治療を終わりました。
体調もよくなり、受験の塾通いが忙しそうでした。今頃は元気に高校生活を送っていらっしゃるでしょう。
アンケートではほとんど完全になおり苦痛がないという回答と以下のコメントをいただきました。

週に1〜2回あった偏頭痛、今はほとんどなくなり生活がだいぶ楽になりました。ありがとうございました。コメント以上

自筆のコメントはこちらから
170516zutuu.JPG
頭痛についてはこちらもご覧ください。
http://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_headache/entry_922/
※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。
posted by ゆい at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月15日

5月20日 土曜の関西中医研の講師の変更のお知らせ

専門家 鍼灸学校学生へお知らせ
5月の関西中医研の講師を邵輝先生から世話人の藤井正道に変更します。

邵輝先生はWHO 世界保健機関の評議員です。日本には5名の評議員がいてその一人です。20日に島根県松江市で会議が開催されることになり、そこに出席する必要が生じました。
20日は交代し10月21日土曜に講師を務めていただくことになりました。

急きょ 世話人 藤井が講師を務めます。藤井は東京衛生学園臨床教育科で講師をしているのですが、そこでの講義と実技講習の内容、9月に中国で開催される国際灸法大会での講演内容(藤井が招聘されています)をもとに講義をしていく予定です。また こういう話が聞きたいという要望があれば 前もってメールをください。できるだけ講義と実技講習に取り込んでいきます。
では5月20日にお会いできるのを楽しみにしています。

5月の関西中医研  5月20日(土) 18時〜21時 事前申し込み不要!
◆中医学講義 と実技講習
《場所》大阪市立総合生涯学習センター 第7研修室

大阪生涯学習センター (大阪駅前第2ビル5F) 
 電話06−6345−5000
最寄り駅 JR東西線・北新地駅、JR・大阪駅 地下鉄・西梅田・梅田・東梅田
posted by ゆい at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月03日

予約受付中

連休中の結のお休みはカレンダー通りです。6日土曜はやっています。予約のお電話は8時30分〜21時30分頃まで連休中も受け付けています。
写真は来年4月まで改修のために休業中の阪急吹田駅前のメイシアターの緑地、雑草の花がイングリッシュガーデンのように咲き誇っています。
IMG_0238.JPG
posted by ゆい at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月18日

春の養生

あたたかくなりました。すっかり春です。春は気持ちのままに外に出るのが養生法です。

中国の古代の医学書 黄帝内経素問(こうていだいきょうそもん)では春の養生法を以下のように説いています。

少しくらい夜更かししてもいいけれど、早起きするようにしよう。朝、庭をゆったりと散歩し、(昔は男も髪を結っていたから)髪結いをゆるめて、体をのびのびと動かすようにしよう。春の芽吹きと同様に、心身ともに生き生きと陽気を発散させよう。

春に暖かくなると外出したくなり、例えば朝早くから公園を散歩するのは養生に通じます。

☆結(ゆい)鍼灸院 へ車で来院されている方へのお知らせ

スーパーライフ泉町店が21日金曜まで改修のためお休みされています。買い物ついでに駐車することができません。すぐ近くのコインパーキング、泉モータープールか吹田郵便局のコインパーキング、すぐ近くのダイソーにお買い物がてらに止めるか、吹田市役所かスーパーオアシスの屋上駐車場をお使いください。
写真は北千里公園の桜です。
170418haru.JPG
posted by ゆい at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月14日

熊本地震から1年 被災地熊本で学会が開かれます

結(ゆい)鍼灸院 、関西中医鍼灸研究会の藤井です。熊本地震から1年がたちました。
1年前の5月1日、熊本鍼灸マッサージボランティア チームオレンジを呼びかけ、現地に入ったのがずいぶん昔のことのように思われます。現地の出来事は今でも鮮明におぼえているのですが。
興味ある方は以下をごらんください。
http://www.yuisuita.com/hobby/

☆結(ゆい)鍼灸院 へ車で来院されている方へのお知らせ

スーパーライフ泉町店が21日金曜まで改修のためお休みされています。買い物ついでに駐車することができません。すぐ近くのコインパーキング、泉モータープールか吹田郵便局のコインパーキング、吹田市役所かスーパーオアシスの屋上駐車場をお使いください。

☆被災地熊本で学会が開かれます

日本中医学会が9月16日(土),17日(日)「日本における中医学の受容と役割」をテーマに熊本市で開催されます。私も評議員の1人として参加します。18日が祝日なのでボランティアの時はまったくできなかった観光でもしてみようかと考えていますが活動した御船町やその北側の益城町を訪れるかもしれません。
写真 左は学会のポスター 右の写真の右は熊本地震の時の私 暗いテントの中で治療するためヘッドランプをつけています。左は大阪府鍼灸師会 学術部長の三木先生

学会内容の紹介と申し込みは以下からどうぞ
http://jtcma.org/scientific-meeting/
IMG_0213 (1).JPG13165884_1039508392781556_9150865221836281147_n.jpg
posted by ゆい at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月09日

マッサージ探偵ジョーの脚本監修は恩師でした

土曜ドラマ24マッサージ探偵ジョーというテレビ東京の番組をみて驚きました。テロップの脚本監修とマッサージ監修に私が非常勤講師をしている東京衛生学園の4人の先生の名前がのっています。しかも1人は私の恩師の兵頭明先生。東洋医学の啓もう活動のため意外なところで活躍されていました。
主演はジャニーズの中丸雄一さん、人間嫌いの出張マッサージ師・ジョー(中丸雄一)は、体に触れれば全てがわかる卓越した能力の持ち主、というのが番組の設定です。
「人間嫌いが なぜマッサージ師という人に直接かかわる仕事につくのよ」と妻が笑うのに対し、「いや人付き合いが苦手な人は この業界のとくに学生には結構いる」と私は答えました。
自信がなくて、人付き合いは苦手、でも心優しく人に感謝される仕事をしたい、そしてお金儲けにはあまり興味ないという学生は鍼灸師やマッサージ師の学校に結構 いらっしゃいます。このドラマの脚本家はそのあたりの業界の事情をよくわかっていらっしゃるようです。
自信のない学生さんや経験の浅い鍼灸師やマッサージ師のみなさんは、とにかく治療経験をつんでください。患者さんを治すという成功体験を積み重ねてください。おのずと自信がついてきますよ。
関西中医鍼灸研究会の世話人の私がいうのもおかしいのですが、研究会や勉強会に出るだけでは自信はつきません、やはり実際の臨床経験が大切です。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mt_jyo/
IMG_0134.JPG
posted by ゆい at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月02日

医道の日本4月号に載りました

専門家 鍼灸学校学生のみなさまへ

東洋医学、鍼灸マッサージの専門誌 医道の日本4月号の特集 季節の病 春愁編に拙文 「春に多発する症状とその治療」が掲載されました。みなさま どうぞ書店でお求めください。

◆じつは略歴のところでAのように書いたのを編集部がBのように短く直していました。校正の時にうっかり気が付かなかったのですが、鍼灸の「手技」に対するニュアンスが微妙に違っていました。

A.文革期の中国針灸はり麻酔等から学び始め、中医学に出会う。手技重視、鍼中心から関西の気候文化風土に適合した中医学的鍼灸をめざすようになる。実践の中で理論を検証、再構築する現場主義者。灸法を多用する街の治療家です。

B.手技を重視し、関西の気候文化風土に適合した中医学的鍼灸を目指し灸法を多用する。

◆メジャーな雑誌ですから 編集部はいろいろ気を使っています。

肝欝気滞による足の冷えの治療法をいくつか書いているのですが、「足の井穴から刺絡」という表現は「足の井穴から瘀血処理」という表現に変わっています。

やはり肝欝気滞による足の冷えの治療法のところで以下の一文は編集部と相談してまるまる削除しました。

足の井穴に火針 これは刺さない接触針です。足の井穴に米粒大または半米粒大の直接灸と同様の効果があります。治療時間も短くてすみます。

◆春の治療の要点をいろいろ書き、以下のように結んでいます。どうぞ書店でお求めください。

開業鍼灸師は一回一回が真剣勝負である。気候と患者の今日の状態に注意を払い、加減をすることが必要である。特に春はそれらが目まぐるしく変化するため、その変化にうまく合わせるのが治療効果を上げることになり、また治療の面白さでもある。
筆者は化熱化火の一歩手前まで温陽、通陽することが治療効果を上げる方法と考えている。

IMG_0183.JPGIMG_0184.JPGIMG_0185.JPG
posted by ゆい at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月16日

2月17日金曜はめまいの日になるかも

結(ゆい)鍼灸院の藤井です。吹田は今日、少しだけ暖かくなっています。明日はもっと暖かくなるようです。

☆2月17日金曜はめまいの日になるかも

急に暖かくなると具合が悪くなる方がいらっしゃいます。春にむけて木の芽がめぶく準備をするように、人の身体の気も動き始めます。人も植物も季節で変化していくのです。このとき気がスムーズに動けばいいのですが、うまくいかない人もいるのです。
明日17日金曜は気温が16度に上がるという予報です。しかも雨で湿度もあがります。
急に気温があがる日は、めまいがおきやすいのです。吐き気、頭痛などもおきやすい日です。寝つきが悪くなりやすく、明け方の4時5時に目が覚めてしまう人もいます。顔は熱っぽいのに足はいつもより冷たく感じたりします。陽気が急に上がる症状を伝統的中医学では肝陽上亢(かんようじょうこう)といいます(肝臓は関係ありません)
17日からのめまいは、自分で頭や首をもんだりしてもよくならないことが多いでしょう。
足を触ってみて冷たくなっている人や足の冷えを感じる人は足湯をしてください。

☆2月18〜19日は痛み、こりの日

16〜17日から動き始めた身体の気が、18日19日の土日の寒さで滞ると今度は痛み、こりに変わります。雨で湿度が上がっているとよけいにこります。こちらはゆっくり入浴したり、ストレッチしたりして気をめぐらせてあげてください。もちろん肝陽上亢も痛み こりも鍼灸がよく効きます。

◆花粉症を鍼灸で予防、治療しませんか。詳しくは以下をご覧下さい。
http://hari.yuisuita.com/category/1461803.html

写真は本文と直接の関係はありません。昨年9月に東京で開催された日本中医学会の中のシンポ 「震災 中医学にできること」の写真です。右から2番目 左腕を上げているのが私、一番 左側の女性はともともクリニック、TOMOTOMO(友と共に学ぶ東西医療研修の会)の 木村朗子医師 熊本地震の震災ボランティアのほか2016年7月26日の相模原障害者施設殺傷事件に遭遇した介護スタッフへのボランテイア治療の報告をされていました。 
3人のパネラーの中央は熊本県にある九州看護福祉大学 篠原昭二教授(日本伝統鍼灸学会副会長)です。熊本地震の時 鍼灸で震災ボランティアをされました。
右端の座長は東北大学 関 隆志医師です。
IMG_5605.JPG
posted by ゆい at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月17日

阪神大震災から22年がたちました。

結(ゆい)鍼灸院の藤井です。阪神大震災から22年がたちました。
無念の思いで亡くなられた犠牲者方々のために、祈りを捧げます。

私は吹田の自宅で地震にあいました。本当にこわかった。
電車が止まっていたため、バイクで結(ゆい)鍼灸院まで通勤。当時の結(ゆい)は老朽化した木造モルタル家屋の1階でした。ぺしゃんこになっている鍼灸院の様子を想像し、「一から出直そう」と自分に言い聞かせながらバイクを走らせました。
幸い鍼灸院はたいした被害もなく、そのまま営業。ラジオから流れてくる報道は被害の大きさを伝えるものでした。いてもたってもいられなくなりボランティアを志願し、やがて組織することになりました。当時の様子は以下からどうぞ
http://www.yuisuita.com/hobby/post/index.php
http://www.yuisuita.com/hobby/

最近は被災地の受け入れ準備ができてからボランティアに行こうというような報道が目立ちますが、行政がボランティアをさばく意欲と能力がない言い訳にすぎません。まあ無理もありません。行政も日頃からギリギリの人数でやっているのですから。

自分でものを考えられる人間なら、被災地でやることはいくらでもあります。社会福祉協議会や行政が受け入れを拒否していても、民間ボランティア組織が受け入れていることは多いのです。インターネットで探してみてください。阪神大震災から22年、民間ボランテイア組織は、地震を初めて経験するお役所よりも、よほどプロの人材が育っています。

昨年の熊本地震の時は、熊本駅に人材派遣のようなボランティアがいたそうです。各所で活動している民間ボランテイアに、ボランティア志願者をつなぐボランティアです。こういったことはテレビでは報道されません。
緊急時に行政のできることには限りがあります。民間ボランティアの活動を制限せず、民間ボランティアに仕事を託すような相互信頼の姿勢が大切だと思っています。

写真は阪神大震災の少し前に購入したモンベルのムーンライトテントに入って遊ぶ20数年ほど前の息子です。熊本地震 鍼灸ボランテイア、チームオレンジが御船町の避難所前に設営した治療用テント 一番手前の黄緑のテントが息子が遊んでいたものです。よくもってくれています。
モンベルは震災のたびごとにアウトドア義援隊を結成し災害支援活動を行なっている企業です。ムーンライトテントとは月明かりの下でも簡単に設営できるテントという意味です。

s18.png

IMG_2938[1].JPG
◆関西中医研のお知らせ

1月21日(土) 18時〜21時
冨田会員の講義と実技「トラウマ、不定愁訴に対する鍼灸治療、EFT」
《場所》大阪市立総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5F)  第5研修室

◆被災地復興バスツアーの紹介

5月の熊本地震の時に呼びかけた鍼灸ボランテイア、チームオレンジに参加された大分の鍼灸師の方が、被災地復興バスツアーをやります。御朱印帳製作のためのクラウドファンディングは成功したそうです。詳しくは以下からどうぞ。

【モニターツアー募集&御朱印帳予約ページ】
https://peraichi.com/landing_pages/view/f2jf0

posted by ゆい at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記