2013年12月17日

4年間続いた耳のつまり感が治った

結(ゆい)針灸院、関西中医鍼灸研究会の藤井です。じつは今、結(ゆい)のホームページ http://yuisuita.comは リニューアルに伴いサーバーを移っています。一部に画像が乱れるなどうまく見れない現象が生じています。18〜19日には落ち着きますので、リニューアルした新ホームページをお楽しみください。旧HPではスマホ対応は一部でしたが今度は全てのページがスマホに対応しています。今回は耳のお話です。

☆4年間続いた耳のつまり感が治った

森本(仮名)さんは60代前半の女性、20XX年の10月にいらっしゃいました。
8月に左耳で自分の声も他の人の声もひびくようになり、朝はめまいも出ました。耳鼻科に行くと突発性難聴といわれ、一週間の点滴を受けたが回復せず。そこで有名な総合病院に行くと、今度はメニエール症候群といわれ一ヶ月、薬を飲み続けることに。それでも治らなかったので結(ゆい)に来たというお話。結(ゆい)ではよくある話です。
頭全体がわんわんと鳴るような感覚もあるそうです。じつは4年前に右耳の突発性難聴にかかり、聴力は回復したが右耳のつまり感はずっと続いています。肩こりもあります。

2回治療すると左耳のつまり感はあっさりとれましたが、頭全体がわんわんと鳴るような感覚は残りました。さらに治療を続け3ヶ月で、頭鳴りも4年間続いていた右耳のつまり感もなくなりました。

5ヵ月後、仕事上のストレスが強くなってから、右耳のつまり感がもどってきましたが、2ヶ月治療して治りました。それからは再発しなくなりました。
森本さんの症状は雨のふる前や、雨の日、仕事でストレスが高まった時にひどくなる傾向がありました。寝不足でもひどくなるので、十分な睡眠時間の確保をお願いしました。
いったん再発しなくなってからは、少々の寝不足も雨も影響しなくなりました。

メニエール症候群と診断されていようが、突発性難聴と診断されていようが、私の治療にとってはさほど意味はありません。森本さんに合うオーダーメードの針灸治療をするだけです。

◆アンケート回答
非常によい効果があった。ほとんど完全になおり苦痛がない。
総合的にいって治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は0である。

森本さんのコメント
仕事にも支障があった耳が安定して気持ちも楽になりました。

自筆のアンケートはこちらから131218mimi.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82701028
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック