2009年05月18日

新型インフルエンザA(H1N1)予防法

気温が上がったり下がったり調整が大変ですね。風邪にお気をつけください。今回はインフルエンザや風邪の予防法です。
神戸や大阪で新型インフルエンザが発見されマスコミは大騒ぎしています。季節性インフルエンザがまだまだ流行っていることは国立感染症研究所 感染症情報センターのホームページをみるとわかります。
https://hasseidoko.mhlw.go.jp/Hasseidoko/Levelmap/flu/index.html
おそらく季節性インフルエンザとされている症例のいくつかは新型インフルエンザA(H1N1)でしょうから、精査するようになれば次々に患者は発見?されるようになるでしょう。すでに新型インフルエンザA(H1N1)にかかって治った人も多いはずです。今日の朝日新聞1面では中村通子編集委員が「あわてる必要はない。このウイルスはすでに、従来の季節性インフルエンザと同様の弱毒性であることが専門家によって示されている」と書いています。同感です。私たちは季節性インフルエンザが流行する冬と同じように暮らしていけばいいのです。
1. 手洗い しっかり頻繁に手洗いしてください。できれば顔や髪の毛も頻繁に洗ったほうが効果的です。手の皮膚が荒れていないこと、傷がないことが一番大切です。薬用石鹸を使って肌荒れがおこるようなら逆効果。消毒薬を使って肌荒れがおこるようなら使わないでください。
2. うがい 効果は手洗いほどには確認されていません。手洗いは各国で奨励され効果が確認されていますが、うがいは日本で好まれるやり方です。うがい薬は必要ありません。うがい薬と水道水(消毒用塩素が微量に入っています)を比較すると水道水の方に軍配が上がっています。うがい薬がのどの粘膜を傷つける場合があるのが関係しているのかもしれません。
3. マスク 普通のマスクでは風邪やインフルエンザにかかってしまった人が他の人に移さない効果は確認されていますが、感染予防の効果は確認されていません。過信は禁物です。マスクをするなら1日に何回も取り替えてください。マスク表面にウイルスが付着している可能性が高いので、マスク表面はさわらないこと。ひもを持ってはずしてください。使用済みのマスクはふたつきの容器に捨てるか、ビニール袋に密閉して捨ててください。
4. メガネ 普通のメガネでも目の粘膜からのウイルスの侵入をある程度防ぐことはできます。仰々しいゴーグルをつけるのは、はばかられても伊達メガネならOKでしょう。ウイルスは目と鼻と口から侵入してきます。目をこするくせはやめましょう。
新型インフルエンザA(H1N1)の警戒すべき点はその変異の早さです。今は季節性インフルエンザと同じですが、感染が広がる中で毒性を増すことにならないかと心配されているのです。社会全体のためには、かからないようにすることは大切です。ただし、かかってしまっても悲観することはありません。普通の体力の人は家で休んでいれば治るのです。WHOは「今までのところ、新しいA(H1N1)ウイルスにかかったほとんどの人々が、インフルエンザ様症状(喉頭炎、せき、鼻水、熱、不快感、頭痛、筋肉痛などの)を経験して、抗ウイルス薬治療(タミフルやリレンザ)なしで回復しました」と表明しています。アメリカの疾病対策センター(CDC)も、たいていの人は自宅で安静にしていればいい、としています。タミフル販売元のスイス、ロシュ社によると07年までの服用者4500万人のうちの3500万人が日本人です。
一度かかった人は免疫ができますから、新型インフルエンザA(H1N1)が変異し毒性を増したとしても軽症ですむ可能性が高くなります。社会全体のためには、かからないようにすることは大切ですが、かかって回復すれば個人的リスクは減少するのです。あわてず淡々と暮らしていきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29222142
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック