2021年08月17日

新型コロナ 第5波 いつまで続くか?

私が信頼している児玉龍彦教授(東大先端研)のユーチューブを久しぶりに見ることができました。8月7日付 デモクラシータイムズ
https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=V2TJYJTtdTI
気になったところを いくつか書いてみます。児玉龍彦教授の見解を私なりに簡単にしたもので、文責は私にあります。できればユーチューブをご覧ください。※は私の補足です。

◆新型コロナ 第5波 いつまで続くか?

これまでの感染数のグラフをみると大体 1.5カ月で上昇し同じくらい期間で低下しています。つまり約3か月。コロナウイルスは変異しやすいが、変異したウイルスは自壊、自滅もしやすい、現に当初 流行った武漢型はなくなっている。
落ち着いた時に、感染集積地で大規模PCR検査等の社会的検査をして感染の元を断つことが大切です。今は増える感染者を追跡して周辺を検査する時期です。

※児玉教授は明言していないが約3か月とすると10月中旬から下旬ごろにはいったん落ち着く可能性が大きい(9月12日で緊急事態宣言を終わるのは無理でしょうが)第5波はこれまでにない巨大な波で多くの感染者出ています。いつまで続く感染拡大かと落ち込みそうですが、ちょっとホッとするお話です。中国は武漢で感染が落ち着いた2020年5月から全市民PCR検査で約990万人を調べ、300人に陽性反応が出て隔離しています。全員が無症状でしたから、いわば感染の芽をつんでいます。
児玉教授は東京全体の全市民PCR検査を主張している訳ではありません。感染集積地、例えば新宿区での集中検査等です。
249617.jpg
◆mRNAワクチン(ファイザー、モデルナ)はウイルスが変異しても効く

ウイルスの感染を防ぐのが液性免疫、ウイルスを抗体がやっつけます。一方 細胞性免疫(リンパ球による免疫)はウイルスが体内で細胞に入って何倍にも増殖し放出されるのを防ぎます。つまり重症化を防ぐ。mRNAワクチンは両方の作用をもつが、特に細胞性免疫の力が強い。ウイルスが変異して、形が代わり抗体が効きにくくなっても、細胞性免疫でしっかり増殖を抑えて、重症化を防ぐことができる。
イスラエル保健省は7月に、ファイザー社のワクチンによる感染予防率は64%だったと当初より少ない数字を報告していますが、入院や重症化を予防する効果は93%と高い数字です。

◆治療法は この1年で進歩した、治療のための検査が大切

検査はPCR検査だけではありません。CTや血液検査などを最初にきちんとすると、治し方、患者さんに合う薬がわかるようになった。例えばステロイドなど。抗体カクテル療法も合う人と合わない人がいる。検査して治療することが大事。児玉教授の家族にも肝移植して免疫抑制剤を使っている高齢者がいて、コロナにかかってしまったが抗体カクテル療法で治った。難治の人でも助かるようになった。治療法はこの1年で進歩している。

※自宅放置の前に一晩 入院して抗体カクテル療法という話が一部の政治家から出たりしていますが、万能の治療法はありません。やはり最初にいろいろ検査して治療方針を決めるのが大事という当たり前に気づかせてくれるお話でした。それに抗体カクテルは20万本しか年内に調達できないという見通しです。1日当たりの陽性者が2万人です。すぐに無くなります。「自宅放置しても抗体カクテルがある」というのは慰めになりません。漢方薬も台湾や中国で効いているし、日本でも漢方のわかる医師が処方しています。こちらも積極的に使ってもらいたいものです。

posted by ゆい at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188927173
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック