2020年10月14日

専門家向けネット雑誌に掲載 棒灸、箱灸、灸頭鍼の失敗しないやり方

鍼灸マッサージ専門家向けのネット雑誌 週刊あはきワールド に「棒灸、箱灸、灸頭鍼の失敗しないやり方」を載せました。新型コロナ感染症の時代には、お灸、温灸の治療が最適です。
お灸の煙は除菌、抗ウイルス作用を持っているといわれています。中国で新型肺炎(SARS、サーズ)が流行したときも今回の新型コロナでも予防にお灸の煙が用いられました。当院は治療にお灸をよく使うため、院内はお灸の煙で常に浄化されています。中国では新型コロナウイルス感染症の病棟をお灸の煙で浄化していました。

週刊あはきワールド 2020年10月14日号 No.685
しくじり症例から学ぶあはき臨床 その3

棒灸、箱灸、灸頭鍼の失敗しないやり方
〜私の失敗を教訓としてください〜
結(ゆい)鍼灸院院長・関西中医鍼灸研究会世話人 藤井正道
https://www.human-world.co.jp/newsitem.php?id=2539
週刊あはき201014.png


posted by ゆい at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188024988
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック