2019年09月17日

神さんになったような気分でした

9月16日は東京 両国の江島杉山神社で「現代に効く温灸 督脈通陽法」と題して 講義と実技指導をさせていただきました。灸法臨床研究会のお招きです。
場所は神社の本堂 つまり賽銭箱と大きな鈴の向こう側での講義です。講義や実技指導中に参拝者が鈴を鳴らし、私たちに向かって拍手をうたれます。なんとも不思議な体験でした。
私の灸頭鍼のやり方は非常に安全で効果もあるので、多くの鍼灸師の先生方に使っていただきたいと実技指導しました。

江島杉山神社は鍼管という鍼を入れるときの筒を発明した杉山和一先生に関係する神社です。杉山先生は江戸幕府の徳川綱吉将軍の治療にあたり、61歳で盲人最高位の役職に就き「鍼治講習所」という盲人の鍼師の教育機関をつくっています。
現代でも鍼灸院が併設されています。
http://ejimasugiyama.tokyo/goyuisho.html

IMG_2450.jpg
posted by ゆい at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186571350
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック