2018年12月29日

東京衛生学園専門学校校長の後藤先生 ご苦労様でした

後藤学園理事長 東京衛生学園専門学校校長の後藤修司先生の退任のあいさつの手紙が届きました。
後藤先生は日本鍼灸界に多大な貢献をされた先生です。日本に現代中医学を導入できたのは東京衛生学園専門学校の兵頭明先生の功績ですが、それを後ろで支えたのは後藤先生だったと思っています。
1980年代 私は四谷の東京医療専門学校(呉竹学園)の学生でしたが、中国から帰国したばかりの兵頭明先生の講座に出入りしていました。当時から後藤修司先生が理事長をされていました。
長い間 本当にご苦労さまでした。まだまだ鍼灸の世界で活躍されるのでしょうが、まずはひと区切りといったところでしょうか。東京衛生学園専門学校の校舎には「われわれの学ぶ技術は芸術であり科学であり職業でもある」という後藤先生の言葉が掲げられています。
IMG_1713.jpg
posted by ゆい at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185283112
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック