2017年09月16日

玉石混交? お灸名人たち 杭州 第五回国際灸法大会

9月11日は「お灸名人たち」のプレゼンテーションの場でした。
お灸名人とは お灸ブームの中で生まれてきたお灸の民間療法をやる人たち、中医師ではありません。
ブームの中 灸法専門の治療家 保健艾灸師が国家資格として生まれました。1~2週間 講習を受ければとれる資格です。保健艾灸師は独立開業できるため、ここ5年ほどのうちに街には艾灸館という灸法の治療院が多数できるようになりました。その中で人気が出て、TVでも取り上げられるようになってきたのが お灸名人たち。
実際 この日は地元TV局が来ていました。

大会で発表した中医師は保健艾灸師との関係を「保健と医療」「顧客と患者」「調理と治療」というふうに役割分担すると分類していましたが、実際はきれいに分かれていません。

お灸名人たちは「全息灸」「禅灸」「古法温灸」などの独自のブランドを立ち上げ、セミナーを開きます。セミナーを受けた弟子たちがフランチャイズ方式で艾灸館を開設、独自ブランドの棒灸やお灸をお灸名人から仕入れて店を経営していきます。うまくいく人もいますが、数か月で店をたたむ人もいます。もちろんブランド名を使うのは看板料が必要です。

にぎやかな音楽とともに お灸名人のプロモーションビデオが流れます。「私はこれで楽になりました」という患者さんの映像が流れる様子はTVの健康食品のCMに良く似ています。
理論らしいものを展開する方もいますが、実際はマニュアルがあるだけのようにみえました。

「全息灸」の銭秋来氏は巨大な棒灸を束ねた独特の道具を使って実演していました。最後には「私はこれでガンが治りました」という患者たちが6人 派手な音楽とともに登場。「全息灸」グループは作務衣のようなグレーのユニフォームをそろえ、会場の一角から掛け声をかけていました。赤い中国服を着た銭氏は「手術は人間の身体に穴を開けているだけだ」といった極端な西医否定の発言をしていました。率直に言うとカルト臭がします。

会場にはブランド名をプリントしたユニフォームを着たお灸名人のグループがいくつかいました。
実践的でそれなりに効く灸法をセミナーで教えているお灸名人もいらっしゃるでしょうし、銭秋来氏のおかげで治ったガン患者も実際にいらっしゃるでしょうが、玉石混交、すぐれた面もあるが インチキもあるという印象でした。

写真は巨大な棒灸器で実演する「全息灸」の銭秋来氏、「全息灸」グループ、別のお灸名人グループの実演の様子です。
1174022.jpg
IMG_0619.JPG

1177823.jpg
posted by ゆい at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181006022
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック