2016年02月18日

突然、声が出ない 1回で治りました。心因性失声症 女性の場合

結(ゆい)鍼灸院の藤井です。先日 鍼灸柔整新聞という業界紙の記者さんの取材を受けました。今日 原稿を読ませてもらったのですが、さすがプロ、1時間30分ほどのとりとめのない話がA4で1枚ほどにコンパクトにまとまっていました。

☆突然、声が出ない 1回で治りました。心因性失声症 女性の場合

突然 声が出なくなる心因性失声症、声がかすれてうまく出なくなる人もいるし、まったく声が出なくなる人もいらっしゃいます。
ストレスや心理的ショックが原因といわれていますが、伝統的中医学では経絡、気の流れがつまったり逆流したものと考えます。気の流れが詰まっているのですから、通せば治ります。世間では長くかかると思われていますが、きちんと鍼灸治療すれば、比較的早く治ります。早期治療が大切です。
今回 治療した20代後半の女性も、まったく声が出ませんでしたが、一回できれいに声が出ました。

世間で長くかかると思われるのは、美智子皇后が59歳の時、93年に心因性失声症 にかかり治癒に翌年までかかっているのが影響しているのかもしれません。失声症に鍼灸が効くという事実が広まっていないのも原因のひとつです。

結には夫から電話がかかってきました。その後 以下のようなメールが来ました。

妻の症状について事前にメールでご連絡いたします。
【症状】
声が出ない(掠れる等ではなく全く出ない)
【発症時の様子】
昨日の晩より吐き気や腹痛を訴えてしばらく横になった後、急に声が出せなくなった。その後も原因不明の腹痛や不快感は継続。

HPに書かれていた失声症の方のお話を拝見し、何とか診ていただけないかとお電話差し上げました次第です。以上 夫からのメール

本来はのどからお腹に向けて、流れている気の流れが滞り、逆にお腹からのどに向かって逆流しているので吐き気があり、お腹が痛くなります。流れをもとに戻し、今までよりも元気よく気が下に流れるようにする鍼灸治療をしました。後で声が出るようになって聞いたのですが、肩もよくこるし、鼻もつまるそうです。半年ほど前から息苦しくなることもたびたびありました。私は心因性失声症はパニック障害の親戚のようなものと考えています。鍼灸の治療法も似ています。

夫には横についてもらいました。鍼をしたままで、仰向けに寝てもらいます。しばらくすると吐き気や腹痛がなくなりました。うなづいてもらって状態を確認します。ころあいを見計らって「声を出してください」と言うと「はい!」とはっきり一言。「よかったぁ」と夫からは安堵の声。
翌日、再発防止の鍼灸をして治療を終わりました。翌日は肩こりも鼻づまりもきれいになくなっていました。

◆アンケートでは「非常によい効果があった。ほとんど完全になおり苦痛がない。」「治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は【0】である」との評価をいただき以下のコメントをいただきました。

◆コメント
胸のつかえがとれ、息がスッと楽になりました。

◆自筆アンケートは以下から

160219koe.JPG
☆男性の治療例 突然、声が出ない 1回で治りました。心因性失声症は以下から
http://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_depression/entry_1174/

※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。

◆風邪やインフルエンザなどの細菌・ウイルスなどが院内で移らないように、通常の対策はもちろんのこと、独自にいろいろと対策をたてています。 どうぞ安心して治療をうけてください。対策は以下をご覧下さい。
http://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_influenza/entry_1050/
◆風邪やインフルエンザの治療については以下をご覧下さい。
http://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_cold/index_2.php
◆花粉症の治療については以下をご覧下さい。
http://hari.yuisuita.com/category/1461803.html
posted by ゆい at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ、パニック障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174114695
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック