2020年06月08日

そもそもなぜマスクは必要なのか、感染しているかもしれない人が、他人にうつすのを防ぐためです

結(ゆい)鍼灸院院長の藤井です。気温が上がっています。マスクをつけたまま歩くと暑いですね。周りに人がいない時は、マスクを外して涼しく過ごしてください。

☆そもそもなぜマスクは必要なのか、感染しているかもしれない人が、他人にうつすのを防ぐためです
グラフィックス2.jpg
今回の新型コロナ感染症は発症する2〜3日前から感染力をもつといわれています。感染力は発症する1日前が一番 高く 発症して10日ほどすれば、ほとんどなくなることがわかってきました。
インフルエンザは、発症直前からもウイルスを出してはいますが、感染力のピークは発症から1日後です。普通の感染症と違い新型コロナは発症する前から感染する力があるのです。つまり「症状がない」状態でも他人にうつすかも知れないから、マスクをするのです。
これまで世界保健機関(WHO)は「症状がある人のみマスク着用を推奨」という立場をとっていましたが、新型コロナは「症状がない」状態でも他人にうつすことがわかってきたため、みんながマスクをするよう指針を改定しています。

世界保健機関(WHO)は6月5日、新型コロナウイルス感染拡大阻止のためのマスク利用の指針を改定し、流行地では公共交通機関利用時など人同士の距離を取ることが難しい場合、他人に感染させないためにマスク着用を推奨すると表明した(ヤフーニュースより)
https://news.yahoo.co.jp/articles/b5791e23f0c4bd4a9197fbaea30129eb12a89fcf

◆今 話題の無症候性感染者

新型コロナの感染力の総量を100とすると、発症前の無症状者(後で症状の出る患者)からの感染が全体の45%、そして無症状のまま経過する、つまり本人も気づかないままに感染し治ってしまう無症候性感染者からの感染が5%ということもわかってきました。
残りの50%が発症した患者さんからの感染です。
無症候性感染者からの感染が5%程度ということは 感染が猛威を振るっている時は、無症候性感染者は力をそそぐ部分ではないが、完全に抑え込むためには対策が必要ということなのでしょう。
WHOは、2020年2月28日に、中国での新型コロナウイルスの感染に関するWHOと中国の合同調査団報告書を公表しています。この段階では「無症候性感染者は少なく主要経路ではない。」と結論づけていました。以下 厚労省の報告
https://www.mhlw.go.jp/content/000603535.pdf
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/kokusai/who/index.html?fbclid=IwAR2mV4tsZuJH7JsX0QSQut5sE52kv07q1CSL_O0Uq5VmJwADrUWb3dwxGps#COVID19

5月になると中国 武漢(4月8日封鎖解除)では全住民990万人全員にPCR検査を行い、300人の無症候性感染者をあぶりだしています。この300人の感染者の濃厚接触者に感染者はいませんでした。無症候性感染者の感染力が弱いためか、300人のうちの一定部分が実際には感染していないのにPCR検査でひっかかってしまった=擬陽性だった可能性が考えられます。いずれにせよ武漢市民は安心したとのことです。以下は朝日新聞の記事。
https://digital.asahi.com/articles/ASN644224N62UHBI02Y.html?iref=com_footer

◆マスクの効用

普通のマスクは厳密には新型コロナウイルスを通してしまいます。飛沫感染の多くは防げますが、マスクをしていない感染者が咳をした後などに空気中にしばらく漂うウイルスはマスクの生地の穴やすき間をすり抜けることができます(エアロゾル感染) 換気は大切です(結はいつも換気しています、30分に1回とかではありません)
それでもマスクをする意味はあります。鼻やのどを湿らせるからです。部屋の空気が乾いていても、マスクをするとのどや鼻の湿度を保ってくれます。加湿はのどや鼻の感染防御の働きを活発にします。感染者と接触してもお互いにマスクをしていれば濃厚接触にはあたらないとされています。
人は何気なく鼻や口を触ってしまいます。手が汚染されていると、感染の危険が増しますが、マスクをしていると鼻や口を触れません。マスクの大きな効用です。

2020年06月07日

マスクの表(おもて)は汚染されています

結(ゆい)鍼灸院院長の藤井です。暑くなってきました。マスクをつけたまま歩くと暑いですね。周りに人がいない時は、マスクを外して涼しく過ごしてください。

☆マスクの表は汚染されています

マスクをつけたり外したりする時は絶対に表に触らないでください。表は汚染されていると思ってください。紐の付近を持ってください。マスクをそのままポケットに入れたり、カバンに入れたりしないでください。
結鍼灸院の玄関にはマスクを入れたり、捨てたりするためのポリ袋を置いてあります。ポリ袋は一度使ったら捨てること。マスクの表に触れたポリ袋の内側は汚染されていると考えた方が安全です。

◆マスクの表では7日後まで、感染力を持つウイルスが検出されました

新型コロナウイルスが表面で感染力を維持している時間は普通の紙、コピー用紙で30分、紙幣の表面では2日後、ステンレス表面とプラスチック表面では4日後、感染性のあるウイルスが検出されました。
一方 サージカルマスクの内側では4日後まで、表側(表面)では7日後まで、感染力を持つウイルスが検出されました(医学雑誌ランセットの記事による データ出典:Chin AWH, et al. Lancet Microbe. published online April 2, 2020.)
グラフィックス1.jpg
◆外したマスクはどうしよう、私の場合

人の少ない道を歩くとき、マスクを外した方が涼しくて熱中症予防になります。外したマスクは紐をもって手に持ちます。表は汚染されていますから、ポケットに入れるわけにはいきません。人が歩いていくる時はすぐにマスクをつけるようにしています。礼儀と感染予防です。
昨日からは腕時計のバンドにストッパー付きS字クリップをつけマスクをつるすようにしてみました。100円ショップで買いました。4個で100円です。
IMG_2987.JPG
こうすると両手が自由に使え、両手を振って元気よく歩くことができます。余談ですが、私は両手を振り 背筋を伸ばして歩くのが長年の習慣です。意識してそうしているのではなく、自然とそうなります。ダラダラと歩くのは性に合いません。
ストッパー付きS字クリップだとマスクの表に手が触れることはありません。
IMG_2988.JPG