2019年09月17日

神さんになったような気分でした

9月16日は東京 両国の江島杉山神社で「現代に効く温灸 督脈通陽法」と題して 講義と実技指導をさせていただきました。灸法臨床研究会のお招きです。
場所は神社の本堂 つまり賽銭箱と大きな鈴の向こう側での講義です。講義や実技指導中に参拝者が鈴を鳴らし、私たちに向かって拍手をうたれます。なんとも不思議な体験でした。
私の灸頭鍼のやり方は非常に安全で効果もあるので、多くの鍼灸師の先生方に使っていただきたいと実技指導しました。

江島杉山神社は鍼管という鍼を入れるときの筒を発明した杉山和一先生に関係する神社です。杉山先生は江戸幕府の徳川綱吉将軍の治療にあたり、61歳で盲人最高位の役職に就き「鍼治講習所」という盲人の鍼師の教育機関をつくっています。
現代でも鍼灸院が併設されています。
http://ejimasugiyama.tokyo/goyuisho.html

IMG_2450.jpg
posted by ゆい at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月11日

治療の終わる日が最初から決まっていました。 左耳の違和感の治療 間に合う。

残暑きびしい日々が続きます。台風15号のため千葉県では大規模停電と電話の通信障害が続いています。基地局の非常用電源が切れるため通信障害が拡大するともいわれています。昨年9月の台風21号では結(ゆい)鍼灸院も3日間停電しました。水道も止まり、トイレの水を流すにも苦労しました。千葉県のみなさま お見舞い申し上げます。

☆あはきワールドに掲載されました

ヒューマンワールドのメールマガジンあはきワールド2019年9月11日号 No.633に「臨床に役立つツボの話 第16話」に「至陽は咳に限らず、息苦しさ全般、パニック障害やうつ病にもよく使う」という私の小文が掲載されました。専門家向けです。専門家のみなさま 有料記事ですが、よろしかったらお読みください。

☆治療の終わる日が最初から決まっていました。 左耳の違和感の治療 間に合う。

30代の女性が左耳の違和感を何とかしてほしいと来院されました。2カ月前に中耳炎、副鼻腔炎にかかりいったん治ったものの それ以降、ずっと左耳がおかしいとの訴えです。首や肩もこります。
結(ゆい)鍼灸院ではよくみている症状で治すのは簡単なのですが、困ったのは仕事で日本を旅立つ日が迫っていたことです。1週間しかありません。帰国予定はしばらくありません。
一度 治療したところ、治療した夜はいつもより汗をかき、眠りにくかったのですが、翌朝には身体がすっきりして、左耳の違和感も首肩のこりもなくなっていました。
積極的に代謝をあげて、耳周囲の気の流れを整える治療がうまくいきました。普通はもう少し身体がゆっくり変化していく治療から始めていくのですが、なにせ時間がない。積極策をとりました。
1週間に3回治療して、左耳の違和感がほぼなくなっているのを確認してアンケートをいただきました。

◆アンケート結果
アンケートでは「非常によい効果があった。ほとんど完全に治り苦痛がない。治療前の苦痛を10とすれば今は1である」という回答をいただきました。

◆患者さんのコメント
中耳炎 副鼻腔炎の治療後 左耳に違和感が残り、今後 環境も大きく変化するということで不安があり、わらをもすがる思いでおりました。ネットで結さんを知り来させていただきました。左耳の違和感はだいぶなくなったうえ 全身も頭もすっきりした感じです。ありがとうございました。
IMG_2436.jpg
※個人情報保護のため少しだけお話の設定を変えている場合があります。みなさんがこの方のように早く治るわけではありません。個人差があります。

2019年09月01日

温度計 湿度計を使いましょう

雨や曇りが続いています。湿度が高い日が多く、夏バテ気味の方も結構いらっしゃいます。みなさまエアコンの設定はどのようになさっていますか。

☆温度計 湿度計を使いましょう

結(ゆい)鍼灸院は温度計 湿度計を3か所において細かくチェックしています。患者さんに気持ちよく治療を受けていただくためです。私は動き回っていますから、私の体感はあてにできません。
エアコンの設定温度が室温ではありません。結(ゆい)の場合、昼間は設定温度より室温が1度高くなります。温灸を使う時はベットごとに設置してある換気扇を使います。煙を排気するためには吸気が必要で、暑い外気が入るために室温は高くなりがちです。エアコンのセンサーが気温上昇を素早く察知してがんばってくれますが、実際 どれくらいの温度湿度かは温度計湿度計でみています。
自宅も数か所に温度計湿度計をおいてチェックするのを続けています。すると自分や家族の快、不快が数値でわかるようになりました。平常の状態を把握しておくのは大切です。身体の不調から本来は快適な温度でも暑く感じたり寒く感じたりすることがあるからです。エアコンが実際 どの程度 効いているのかもわかります。
高齢になると誰でも暑さ、寒さに鈍感になってしまいます。熱中症予防のためにも体調管理のためにも温度計湿度計をおくのはおすすめです。ご高齢のご家族の部屋にはぜひ温度計湿度計を置くようにしてください。「まだ我慢できる」というご家族を説得するのにも温度計湿度計の数字が役に立ちます。
IMG_2407.jpg
posted by ゆい at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記