2017年09月04日

中国 杭州で開催される第5回国際灸法大会で講演します

中国 杭州で開催される第5回国際灸法大会で講演するため9月8日金曜から11日月曜を休ませていただきます。どうかよろしくお願いいたします。

国際灸法大会は世界中医薬学会連合会温灸保健推進委員会主催の大会で灸法の学会とお灸器具等の健康見本市のような要素を兼ね合わせた大会です。昨年は日本からはオムロンも出店していたそうです。今年は6000人が集まります。

日本から講演するのは 私のほかには帝京平成大学の王曉明教授と深谷灸法で有名な福島哲也先生の3人です。
私は「うつ病、パニック障害、双極性障害の治療、督脉と奇経を組み合わせて」という題目でしゃべります。現代社会における督脉通陽法の意義についても強調するつもりです。

じつは 先方の求める水準がわからなかったので「日本での温灸法 現代日本の経験から」というもう少し入門編のものと2つ準備し それぞれ中国語に訳したスライドを2本 送ったところ、今回の題目でやってくれという要請がきました。10日午前に講演します。

中国からは何人もの先生方が登壇されるのですが、日本でも有名なのは石学敏 天津中医薬大学教授です。醒脳開竅法で知られています。
陳日新 江西中医薬大学附属医院教授も日本で「熱敏穴の棒灸療法」等の本が出版されていています。棒灸を使った新しい治療法を提唱されていて、つぼの取り方等が私の考えと同じでした。大体この辺と記載されていた経穴の位置が、時を経る中で固定してしまったことが間違いだったという趣旨の記述が本にあり、反応点の重要性を強調されています。

いろんな灸法が紹介されるでしょうから、しっかり見てきます。

写真は昨年の大会の開会式と私のスライドの表紙です。
1609kyu8.png170910fujii.png
posted by ゆい at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記