2016年01月26日

花粉症の鍼灸治療、結(ゆい)では

結(ゆい)鍼灸院の藤井です。吹田でもインフルエンザで学級閉鎖するところが出てきました。風邪やインフルエンザなどの細菌・ウイルスなどが院内で移らないように、通常の対策はもちろんのこと、独自にいろいろと対策をたてています。 どうぞ安心して治療をうけてください。対策は以下をご覧下さい。
http://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_influenza/entry_1050/
風邪やインフルエンザの治療については以下をご覧下さい。
http://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_cold/index_2.php

スギ花粉の飛来する時期が近づいてきました。そろそろ治療を開始した方がいい時期です。

☆花粉症の鍼灸治療、結(ゆい)では

花粉症の季節。花粉症には週に1回程度 鍼灸治療して あとは自宅で毎日 お灸をしてもらうようにしています。
お灸といっても痕のつかない痛くないマイルドなタイプ。うまくいくと、その季節が楽になるだけでなく、次の年の花粉症の発症がなくなるか、ほとんど気にならない程度に抑えられる場合もあります。
1ヶ月程度かけていったん症状をなくすことに成功したら、あとは症状が出るたびに治療していくというやり方も可能です。
治療には段階があります。お薬を飲んでいらっしゃる場合は

第1段階
治療して花粉症の症状がなくなるか、非常に軽くなる。薬は飲み続けている。

第2段階
薬をやめても、花粉症の症状が再発しない。

第3段階
鍼灸治療の間隔を1週間以上あけても、花粉症の症状が再発しない段階で、控えていた外出を積極的に行うよう指導することもあります。自宅でのお灸は続けてもらいます。
私は積極的な外出を「天然の減感作療法」と呼んでいます。

「減感作療法」とは、アレルギー症状を起こす原因物質(花粉症の場合はスギ花粉など)のエキスを、長い時間をかけ少しずつ注射し、体を徐々に慣れさせていく西洋医学の治療法。 2〜3年と長期間にわたるため根気が必要ですが、成功すればそれ以降は薬なしの生活が期待できるという点で注目されています。
 2014年からは注射ではなく「舌下免疫療法」という舌の下にお薬を入れるやり方がはじまりました。治療は最低2年間程度、毎日1回継続する必要があります。最低でも花粉症発症の3ヶ月前から始める必要があるといわれています。もちろん鍼灸治療と併用できます。

結では症状が出ないようになった身体で、外出してもらい、花粉に身体を慣れさせていきます。普通に暮らしてもらいます。「減感作療法」より短期間に同じ効果が上がっている感触をもっています。

以上のような具合になります。

第3段階までいって、しばらく花粉症の季節を過ごした人の中に、次の年の花粉症の再発がみられない人がいらっしゃいます。
どの程度で満足して治療を終了するかは患者さんの気持ちひとつです。話し合います。
第1段階でもう十分という方もいらっしゃいます。
薬を使っても、目はかゆいし、鼻炎症状が残る。なにより頭が重いし肩がこるという方が鍼灸治療して「目も鼻もすっきりしたし、頭も肩も楽になった。薬を飲んでいれば花粉症の症状は制御できるようになった。またつらくなったらお願いします」といって治療を終了なさる場合もあります。患者さんの選択を尊重します。

花粉症の治療については以下をご覧下さい。
http://hari.yuisuita.com/category/1461803.html
Img0158.JPG
posted by ゆい at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症

2016年01月24日

共同研究がアメリカ国立医学図書館の医学データベースに収録されました

私と日大の酒谷薫教授、情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センターの竹村 尚大先生の共同研究「不安レベルへの鍼の効果と前頭前野皮質のNIRS活動計測」がアメリカ国立医学図書館の医学データベース「パブメド(Pubmed)」に収録されたことを関西中医研会員で神戸東洋医療学院講師の早川氏が教えてくれました。
2014年7月にロンドンの国際学会(ISOTT2014)で酒谷薫教授が9月に東京の日本中医学会で私と竹村先生が発表したものです。
研究内容については以下をご覧ください。
http://www.yuisuita.com/study/
以下 早川氏の報告です。
【鍼灸専門家向け長文:不安レベルとNIRSと鍼】
アメリカ国立衛生研究所(NIH)のアメリカ国立医学図書館(US National Library of Medicine)の医学データベース「パブメド(Pubmed)」に関西中医鍼灸研究会世話人・結鍼灸院(Yui Acupuncture clinic)の藤井正道先生が日本大学教授の酒谷薫先生と共同研究された論文のアブストラクトが収録されました。
藤井正道先生の著者情報(Author Infomation)をクリックすると、Yui Acupuncture Clinic, Tokyo, Japanと出てきます。東京じゃなくて、大阪です・・・。

「NIRS(近赤外分光装置)による不安と前頭葉活動に対する鍼の効果:パイロットスタディ」
Effects of Acupuncture on Anxiety Levels and Prefrontal Cortex Activity Measured by Near-Infrared Spectroscopy: A Pilot Study
K. Sakatani、, M. Fujii、 N. Takemura、 T. Hirayama
Oxygen Transport to Tissue XXXVII
Volume 876 of the series Advances in Experimental Medicine and Biology pp 297-302
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26782225

医学データベース「パブメド(Pubmed)」は、『全日本鍼灸学会』掲載では、収録されません。
「パブメド(Pubmed)」収録で、藤井正道先生の研究は、世界中の鍼灸研究者から検索の対象となったわけです。
http://link.springer.com/cha…/10.1007%2F978-1-4939-3023-4_37

こちらは、ドイツ最大の世界的医学出版社シュプリンガーのホームページで、29.95ドルでこの論文の全文が購入できます。
関西中医鍼灸研究会の皆さんは、すでに研究会で藤井先生の講義を聞いています。
以上 早川氏の報告
下の写真はNIRSの操作を竹村氏から学ぶ私と結のスタッフたち
nirusu.jpg
posted by ゆい at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月22日

難聴がよくなった

開院28年ともなると昔、治療した患者さんがいらっしゃることもよくあります。先日 来院された80代の男性は6年め、16年目め、そして今年28年めと来院されていました。ざっと「10年に一度 体調を崩されていますね、まあ10年に一度だから、いい方と考えましょうよ」と二人で笑い合いました。
今日は難聴のお話です。

☆難聴がよくなった

橘(仮名)さんは60代の女性です。2年前から耳に不自由を感じるようになりました。数人で話すると、聞き取りにくくなったのです。耳鼻科で左側の聴力が低下しているといわれました。右耳も何か響くような感じがする、耳鳴がするということでした。
一週間に一度の頻度で治療を開始。2回めの治療の後、「左耳がよく聞き取れるような気がする」とずいぶん改善しました。橘さんも喜ばれていました。

ただ2回目の治療後、1週間近く「なんだか寝た気がしない」「ずっと緊張している気持ちがする」という訴えも。
じつは脳を活性化させ、聴力の回復を意図したのですが、活性化がすぎてやや興奮状態になってしまったようです。次からはやや活性化しつつも、少し落ち着く治療に切り替えました。聴力は耳の機能だけではなく、脳の機能が大きく関係しています。私たちは耳を通して脳で音を聞いているのです。

今度はぐっすり眠れるようになり、7回、1ヵ月半治療したところでアンケートをいただきました。聴力はずいぶん回復しています。右耳の違和感もほぼなくなってきたのですが、たまに感じる時があるといった状態です。
橘さんに「よくなった左耳を使ったほうがいいのですか」と聞かれました。なるほど傷んだところはあまり使うなという指導が医療の世界ではよくあります。
「どんどん使ってください。」とお答えしました。大音響でなければ、使いながら機能を回復させたほうがいいのです。いわば耳のリハビリです。

◆アンケートでは「よい効果があった。少し苦痛はあるがずいぶん楽になった。」「治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は【3〜4】である」との評価をいただき以下のコメントをいただきました。

◆コメント

イヤホンを使って聞く時、以前は左右ボリウムを変えないと聞こえづらかったのですが、治療していただいて、ボリウムを大きくしなくても聞こえるようになりました。ありがとうございました。

◆自筆アンケートは以下から

160125mimi.JPG
※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。

2016年01月21日

急性低音障害型感音難聴って、何?

すごく寒くなりました。吹田はまだ雪はありませんが、雪が降ったという地域の患者さんが、電動自転車のパワーが落ちて、電池の減りも早くなった気がすると言われました。
その通りです。低温で電池のパワーが落ちて、電池の減りも早くなります。寒冷地で行動する時は、例えばトランシーバーや懐中電灯は使用する時まで、服の中に入れ体温で電池が冷えないようにします。スマホや携帯も同様です。
患者さんには電動自転車のバッテリーを使うときまで、自宅の暖かい場所に置いておく様にアドバイスさせていただきました。
今日は2〜3月によくおこる耳の疾患のお話です。

☆急性低音障害型感音難聴って、何?

急性低音障害型感音難聴は、従来は突発性難聴の1つと考えられてきましたが、現在ではいちおう別の病気とされています。

突発的に耳がつまり、耳鳴り、難聴になり、めまいはありません。ぐるぐるは回らないけれど、ふわふわするといった方はいらっしゃいます。聴力検査では、低音域の聴力が低下しています。
医師にもよるのでしょうが、耳鼻科では突発性難聴と説明されることも多いように感じています。世間でよく知られているからでしょう。突発性難聴と同様にステロイド剤やビタミン剤が使われるのですから患者さんの方では違いはわかりません。急性低音障害型感音難聴は若い女性に多いようです。

突発性難聴との違いは、約半数に難聴の変動や再発がみられることです。突発性難聴はいちおう再発しないといわれています。
また、両耳がなることもあります。私も「突発性難聴が再発した」という患者さんを治療したことがよくあります。また右耳が突発性難聴と診断され耳鼻科で治療を受けていた患者さんが、左耳にも症状が出て、不安になって結(ゆい)に来られたこともありました。右耳も左耳もおかしいという患者さんはよく治療しています。

突発性難聴と急性低音障害型感音難聴の鑑別は、鍼灸治療では重要ではありません。それよりも患者さん自身の身体の状態の違いや発症した季節の方が大切です。急性低音障害型感音難聴は鍼灸でしっかり治せます。

2016年01月16日

防災グッズ マスカーの紹介

阪神大震災のあった1月17日がめぐってきます。
今日は避難所のような大空間でプライベートスペースをつくるのに便利な道具、マスカーを紹介します。一家に一個あると何かと便利です。

塗装工事などで仕上げ部分以外に余分な塗料が付着しないように、シートを敷いたり、テープを貼って防ぐことを養生といいます。マスカーとは、マスキングテープと養生シート(ポリシート)を一体化させた養生資材です。

☆いろんな使い方のできるマスカー

軽くてコンパクト、しかも安い。ブルーシートよりも簡単に空間を区切ることができます。割れた窓に貼ったり、こわれてすきま風の入る壁に貼ったりもできます。
※マスカーについて紹介しているページ
http://www.yoshinokasei.co.jp/benefit/about.html

2011年4月、私はずっと考えていました。「災害鍼灸マッサージプロジェクト」に参加し東日本大震災の津波に襲われた宮城県塩竃市と離島の浦戸諸島に入ることになっていたのですが、避難所の大空間を仕切る道具は何かないものかと。

阪神大震災の時は、教室で治療しました。避難所になっている学校の机を並べ、救援用の毛布をしいて簡易の治療用ベットをつくったのですが、間仕切りはありませんでした。今度は何とかできないものかといろいろ考えていたのです。

たまたま我が家で壁紙の一部を張り替えることになり職人さんが養生をしていました。その養生シートがマスカーでした。半透明なポリシートは光は通すけど、視線はさえぎります。ぼんやりとしかみえないのです。「これだ!」と思いました。ひもをはってマスカーをたらせば個室がつくれます。ブルーシートや毛布だと重すぎてひもがたわむし、暗くなります。軽いポリシートなら大丈夫です。さっそくホームセンターで買ってきて実験、翌日には「災害鍼灸マッサージプロジェクト」の先に現地入りしているチームに送りました。
「災害鍼灸マッサージプロジェクト」は2011年にのべで5,986名 患者を治療し、のべで1,083名の 治療家 が参加したボランティアでしたが、各チームでマスカーが使われました。

震災ボランティアについては以下のページをご覧下さい。
http://www.yuisuita.com/hobby/

東京都が出している東京防災という電子書籍がすぐれものです。誰でも読めます。
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/index.html

下の写真はマスカーを使った東日本大震災の鍼灸ボランティアの様子とマスカー
マスカー.jpg

1105masuka.jpg

160117masuka.JPG
posted by ゆい at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月15日

1回で歩けるようになったぎっくり腰

こんな症状にお困りではないですか?

頭痛それも頭の横に多い
耳の痛み
耳の痛みとともに顎の開け閉めに違和感がある
くびの痛み
肩の痛み
背中の痛み こり
腰の痛み
腰から足の痛みそれもふとももの後ろでなく横の痛みが 多い
体が重い 体がだるい いつも眠い
頭がぼおっとする なにごとにもやる気がおきなくなる
早めに目がさめてしまう 夢ばかりみてぐっすり眠れない
ちょっとしたことで苛々する
気分がそわそわして落ち着かない
目がかすむ 目が疲れやすい 目が痛い

じつは全部 春の季節におきやすい症状です。人の身体も植物と同じ面があります。中国の伝統医学の考えでは、春になると、冬の間は静まっていた人間の身体の「気」が動き出します。「気」の流れる道、経絡に故障があると、いろいろと困った症状が出てくるのです。伝統医学の春は旧正月の1月から、今年は2月8日からですが、1月中でも急に暖かくなった時や、その後の冷え込みの時に春の症状がおこります。今年は1月1日から暖かかったので、春の症状のくるのが早い方もいます。

今日は春におこりやすい腰の痛み、ぎっくり腰についてのお話です。

☆1回で歩けるようになったぎっくり腰

山脇(仮名)さんは50代の会社員です。昨日、職場からの帰りにくしゃみをした時に突然腰が痛くなりました。ぎっくり腰です。今日は「立っていることができなくなった」と来院されました。
治療して楽になり、翌日 会社にいくと早い回復にみなさんが驚かれたそうです。一回の治療で普通に立ったり座ったりして仕事ができるようになりましたが、まだ朝はつらい。一週間に3回、治療して、朝のつらさもなくなったのを確認して治療を終了しました。アンケートは2回めの治療の時にいただきました。

◆アンケートでは「非常によい効果があった。ほとんど完全になおり苦痛がない。」「治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は【1】である」との評価をいただき以下のコメントをいただきました。

◆コメント

初めて治療にきたのは、ぎっくり腰を発症した日の翌日で、その日の朝は立つことができなくて職場を休んでしまいましたが、治療のおかげでとても良くなり次の日は出勤して普通に歩いているので、みんなびっくりしていました。
こんなによくなるのならばぎっくり腰を発症した日に来ればよかったと思っています。
20代〜40代まで腰を使う仕事をしていた関係で腰に若干の不安を持っていたのですが、きちんと治すことができればいいなあと思います。

◆自筆アンケートは以下から
160115kosi.JPG
※治療効果には個人差があります。みなさんが同じように治るわけではありません。
※治療例は個人情報保護の観点から、患者さんの年齢、状況を大勢に影響ない範囲で少し変えている場合があります。ご了承ください。
posted by ゆい at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛

2016年01月12日

不妊症 更年期のうつ病の治療、更年期のうつ病を痰湿から考える

結(ゆい)鍼灸院の藤井です。結(ゆい)のベットは低反発マットを上にセットして気持ちよく治療を受けられるようにしています。今週 土曜からは従来の2倍強の厚みのマットをしくことにしました。さらに気持ちよく治療を受けていただけます。

さて、本日は私が世話人をしている関西中医鍼灸研究会の案内です。鍼灸師、医師、鍼灸学校の学生以外の方はスルーなさってください。

☆1月の関西中医研 1月16日(土) 18時〜21時 
事前申し込みは不要です。

◆中医学講義 邵輝(ショウキ)先生
不妊症 更年期のうつ病の治療、更年期のうつ病を痰湿から考える

※邵輝先生談
私は長年、不妊症の治療に力を入れています。また更年期のうつ病の治療も古典をヒントに痰湿の視点から考え直したところ、良好な治療成績を上げるようになりました。その成果をみなさまにお伝えします。
  
※医学博士 邵輝 プロフィール
1963年 中国山東省生まれ
1984年 北京中医薬大学医学部 卒業
1988年 大阪大学微生物研究所でウイルス免疫学を研究
1992年 大阪大学にて医学博士号取得

現在、米国生殖医学会会員、神戸東洋医療学院講師、産業医科大学非常勤講師、天津中医薬大学客員教授、鑑真学院教授、プーアル茶茶文化センター館長 などを兼任
毎日放送テレビの健康情報番組「なるほど!」解説者(ツボ・漢方など東洋医学的養生)、朝日カルチャー「薬膳入門」講師、NHK文化センター「食養生講座」講師、リーガロイヤルホテル、ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド、シェラトンホテル、ホテル阪神「薬膳セミナー」アドバイザーなど活動は多岐にわたる。
専門分野は、鍼灸、漢方、ウイルス免疫学、遺伝子学、予防医学で東洋医学の可能性を統合医療の観点から追求する。

※主な著書
解毒革命 / メタモル出版
4000年健康法−これだけ分かれば医者いらず / メタモル出版
レンゲで美顔 / 本の泉社出版
鍼灸臨床治療法集(共著) / たにぐち書店
老年医学新進展(共著) / 化学工業出版社  
日本東洋医学の状況(共著) / 人民衛生出版
経穴の効用、配穴(共著) / 近畿中医学研究会

《場所》大阪市立総合生涯学習センター 第4研修室
参加費 一般会員2500円
    学生会員1500円
    一般参加3000円
    学生参加2500円
       
       
大阪生涯学習センター (大阪駅前第2ビル5F)  電話06−6345−5000
最寄り駅 JR東西線・北新地駅、JR・大阪駅 地下鉄・西梅田・梅田・東梅田
posted by ゆい at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性科