2020年04月07日

非常事態宣言のため結(ゆい)鍼灸院は休みます。5月7日から開けます。

非常事態宣言の時も医療機関は開けることはできますが、外出のリスク、多くの人が自宅にこもる社会的状況等を考えると感染拡大を防止するためにも、いったんお休みした方がいいと判断しました。患者の皆様、スタッフと私の感染防止のためです。ご理解お願いします。みんなで新型コロナウイルス感染症を収束させましょう。

◆休診中は電話相談させていただきます。
結(ゆい)の電話 06-6380-2236
現在 通院中または約1年以内に通院された患者さんからの電話相談を平日 10時から15時の間にお受けします。申し訳ありませんが1人15分以内とさせていただきます。水曜 土曜 日曜祝日はのぞきます。質問事項を結のホームページの問い合わせフォームから事前に送ってもらうのも大歓迎です。
新型コロナウイルス感染症対策の情報発信もホームページやSNSで積極的に行います。

◆5月7日分からの電話予約、ネット予約を受け付けています。
posted by ゆい at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月03日

心因性失声症の治療、5日間だけの失声症

10代後半の女性のお話です。
5日ほど前から、声が出なくなりました。ある日こわい夢を見て、そのことを電話で友人に話そうとしたら声が出なくなっていました。地方大学の学生さんで、すぐに大阪の実家に戻ってこられました。心療内科に行き、お薬も飲み始めましたが、一向に変化がないということで結(ゆい)にいらっしゃいました。
最初の治療で声が出るようになりましたが、翌日 来院してもらった時は、ひどいかすれ声、嗄声(させい)でした。1回目で声が出るようになって嬉しくなって友人と長く話し込んだそうです。翌朝、ほとんど声が出なくなり再び結(ゆい)へ来られたという訳です。しゃべりすぎないように、声を使いすぎないようにお願いはしていたのですが、おしゃべりの誘惑には勝てなかったようです。
治療して再度 声が出るようになり、今度はゆっくり過ごして4日目に来院してもらいました。また失声にならないように身体の調整をしました。すごく足の冷たい女性で、「足を湯たんぽで時々温めてください。失声症再発の予防になります。」とお願いしました。
結局3回で失声症の治療を終わりました。心因性失声症はゆっくり治す病気ではありません。声を出す感覚を忘れないうちに早期に数回で治していきます。1〜3回の治療で声が出ています。

◆アンケートでは以下のコメントをいただきました。
失声症になって5日間 声が出ませんでしたが、ここで2回の治療を受けきれいに声が出ました。心療内科だけに頼らずここに来て良かったです。
IMG_2762.JPG
☆結(ゆい)の新型コロナ感染症対策
検温と手洗いをお願いしています。結(ゆい)は温灸を多用しているため、いつも換気しています。また温灸の煙は中国では抗ウイルス作用があるといわれ、新型コロナ感染症患者の病棟でも使われています。新型コロナ感染症対策は以下をどうぞ。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/yuihari/covid19.html

posted by ゆい at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ、パニック障害

2020年04月02日

鍼灸osakaに「耳管開放症と耳管狭窄症の鍼灸治療」が掲載されました

IMG_2759.JPG
最新号 鍼灸osaka136号は「耳鼻咽喉科疾患を治療する」という特集です。私の拙文「耳管開放症と耳管狭窄症の鍼灸治療、少陽経の気滞と変調が影響する」が掲載されています。この拙文にはおまけとして「新型コロナウイルスについて」も書きました。
IMG_2760.JPG
またニュースのコーナーには鍼灸院でのコロナウイルス(COVID-19)対策として当院、結(ゆい)鍼灸院の対策がとりあげられています。
IMG_2761.JPG
専門家、鍼灸学校のみなさまは是非 買ってお読みください。

2020年03月29日

お灸の煙で感染予防

中国 江西省での新型コロナウイルス感染症患者への棒灸治療の動画が届きました。2月ですから少し前の動画です。乾燥したヨモギで病室を燻蒸している様子が映っています。乾燥したヨモギ=お灸の煙は抗ウイルス作用があるとされています。

結(ゆい)鍼灸院も温灸を多用するので、いつもお灸の煙で燻蒸されています。
もうひとつは おへそに箱灸器で温灸をかけている様子です。

2020年03月27日

新型コロナウイルス感染症 世界の医療者と直接交流し治療経験を共有する試み

浙江大学医学院付属第一病院とジャック・マー氏(アリババグループ創始者)が協力して世界の医療者向けに『新型コロナウイルス感染症対策ハンドブック(Handbook of COVID-19 Prevention and Treatment)』の多言語翻訳版を無料公開しました。
中国語 英語 イタリア語 スペイン語 フランス語 日本語で書かれています。ドイツ語 アラビア語 韓国語なども近日公開となっています。
以下は日本語版です。3月26日に公開されました。
https://www.alibabacloud.com/zh/universal-service/pdf_reader?spm=a3c0i.14138300.8102420620.dreadnow.1ae9647fl5Z3gL&cdnorigin=pdf-intl&pdf=Read%20Online-Handbook%20of%20COVID-19%20Prevention%20and%20Treatment-Japanese.pdf

浙江大学医学院付属第一病院は浙江省の省都である杭州市の病院です。杭州市はアリババグループの拠点で、私も2017年に国際灸法大会に招聘され訪れています。
「現在、リソース、ノウハウ、苦労して得た教訓を共有しない限り、このウイルスに打ち勝つことはできません。」とジャック・マー氏は語っています。世界で協力して戦っていこうという姿勢には共感します。
アリババグループの黎明期に資金提供したのはソフトバンクの孫正義氏で、ソフトバンクグループの潤沢な資金はアリババグループの高騰した株式(ニューヨーク証券取引所に上場)に支えられています。

新型コロナウイルス感染症対策ハンドブックは、浙江大学医学院付属第一病院とジャック・マーが協力して設立した国際医療専門家コミュニケーションセンターの仕事のひとつのようです。
浙江大学医学院付属第一病院は、新型コロナウイルス感染症104名の患者の治療をしています。重症、危篤患者は78名です。医療スタッフ感染ゼロ、感染患者の診断見落としゼロ、危篤患者死亡ゼロという成果を上げたということです。
https://covid-19.alibabacloud.com/?365=?365#J_8102420620

国際的な治療水準を向上するため、浙江大学医学院付属第一病院はアリババと共同で「浙大一院国際医師交流プラットフォーム」を立ち上げ、オンラインのリアルタイム多言語翻訳、遠隔テレビ会議などの機能を通じて国内外の医師のリアルタイムな疫病対策経験の交流を実現し、グローバルな情報資源の共有を果たすとされています。つまり世界の医療者と直接交流し治療経験を共有しようとしています。新型コロナウイルス感染症を収束させつつある中国からの情報発信、治療経験を共有する試みは歓迎すべきことです。いがみ合い、排除しあうのではなく、共通の敵の前に手を結びあう姿勢に希望があると考えています。
対コロナハンドブック.png

2020年03月26日

中医研通信4月号は新型コロナウイルス感染症特集号、公開しました!

関西中医鍼灸研究会 世話人の藤井正道です。機関誌 中医研通信2020年4月号を発行しました。
中医研通信2020年4月号は新型コロナウイルス感染症についての特集号です。通常は会員にのみ印刷物を配布するのですが、みんなで新型コロナウイルス感染症と戦うために今号は公開します。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/yuihari/202004tusincorona.pdf
中医学と新型コロナウイルス COVID-19 という早川敏弘会員の力作です。2019年12 月 8 日から3月初旬までの中国での中医学と新型コロナウイルス COVID-19との戦いの詳細な記録です。中医研通信より一部 抜粋
武漢では、中医薬(漢方)が 「疑い症例」や「軽症患者」のケアにあたり、しかも
遠隔診断システムと顆粒エキス剤を用いることで、医療資源への負担を劇的に
軽減しました。中医薬(漢方)が「無症状」「疑い例」「軽症」とリハビリを担当す
ることで、西洋医学は重症者の救命に集中できて、武漢の医療システムを建て直
す時間をかせぐという発想です。一人一人の舌診・脈診による弁証論治と煎じ薬
の微妙な加減という老中医スタイルとは全く違う「IT 時代の新しい中医学」で
した。以上 中医研通信より

感染爆発が今にも起ころうとしている日本の医療関係者のみなさま、とりわけ東洋医学関係のみなさまはぜひお読みください。

※新型コロナウイルス肺炎 COVID-19 の感染拡大防止のために2020年5月の関西中医研は延期します。状況をみて 例会を再開します。

関西中医鍼灸研究会
http://www001.upp.so-net.ne.jp/yuihari/top.htm
中医研通信4月表紙.png