2019年06月20日

急性低音障害型感音難聴(ALHL)に近い?耳のつまり、圧迫感

40代の女性が○○年6月末に「左耳がつまる。右耳もつまりはじめた」と来院されました。
2週間前から左耳がつまりはじめ、エアコンの音がつらく感じ始めました。女性は会社員でデスクワークの方。職場のエアコンが入り始めてから耳の調子が悪くなっています。寒さで耳周辺の気の流れが滞り、耳のつまりと難聴が出てきたのでしょう。

1週間前に耳鼻科を受診したところ、聴力の低下がわかりました。2日前からは右耳のつまり感を感じるようになってきました。耳鼻科でもとくに病名はつきませんでしたが急性低音障害型感音難聴(ALHL)に近い状態といえるでしょう。以前には自律神経失調症で別の医院で治療をうけたこともある方です。
20日間に5回の鍼灸治療をしたところほぼ症状がなくなり、7月下旬にアンケートをいただきました。

◆患者さんの声
アンケートでは「治療前の苦痛を10とすれば今は0である」と回答をいただきました。

コメントは以下です。

耳のつまった感じと軽い難聴がありましたが、数回 治療後から徐々によくなり 1ヶ月経過した今はほとんど症状はなくなりました。1回 通うごとにその時 出ていた症状が改善されていきました。話に耳を傾けていただき、症状にあわせた治療をしていただくことで、いつ治るんだろうかという不安も少しずつ解消されていきました。ありがとうございました。コメント以上。

◆考察と後日談

コメントに「1回 通うごとにその時 出ていた症状が改善されていきました」とあります。女性は耳以外にも、そのつど おつらい症状があり、そのたびそのたびに治していきました。「不定愁訴(ふていしゅうそ)」といわれる症状です。
じつをいうと私は不定愁訴という言葉が好きではありません。不定愁訴と一括するのは患者さんに対し失礼です。あるのは個々のおつらい症状です。中医学は中医学の見方で原因を発見し治療します。
いったん治ったもののお盆開けに 耳の圧迫感の訴えで来院され、治療を再開することになりました。週一回程度の治療を続け、そのつどのおつらい症状も治しながら11月に完治しました。
190620mimi.jpg

2019年06月14日

天気予報は必ずチェック!

「健康のために何か気をつけることはありますか」と聞かれた時には「天気予報をみてください。最低気温と最高気温もチェックして適切な服装を心がけてください」と答えています。今は1日ごとに気温が大きく上下しています。昨日13日木曜の大阪市の最高気温は30.5度でしたが今日は26度です。
お天気アプリはたいてい1時間単位の気温や湿度を教えてくれます。お仕事をされている方は帰宅時の外気の状態をチェックして、服装で調整してください。冷やさないようにしてください。風が強いと結構 体温を奪われます。風速まで出ているアプリもあります。
夏風邪も増えています。お気をつけ下さい。

◆6月から結(ゆい)鍼灸院の最終受付時間が午後7時になりました。
これまでの午後7時30分から30分早くなっています。ご注意ください。
380606d88248d9e2d720d997b48712bc_t.jpeg
posted by ゆい at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月09日

6月7日朝日新聞 夕刊が「抗うつ薬の効果、少ない用量最適 日英チーム研究結果」

朝日新聞夕刊に「抗うつ薬の効果、少ない用量最適 日英チーム研究結果」という記事が載りました。抜粋すると以下のような内容です。

 抗うつ薬は、承認された用量の範囲内の少なめの量を飲むのが最も効果的とする研究結果を、日英などの国際チームがまとめた。結果をもとに研究者は、少ない量から始めて副作用に注意しながら増やすことを勧める学会の治療指針の見直しが必要と指摘する。中略
古川壽亮さん(京大教授)は「抗うつ薬が効かないなら量を増やすべきだと考えられてきたが、逆効果だと示された。量を増やすより別の薬を試すべきで、治療指針の見直しが必要ではないか」と話している。

医師のみなさまや患者のみなさまに是非 知ってほしい内容です。
これまで私は患者さんから抗うつ薬や抗精神薬を減らしたいという相談を受けた時、たいてい以下のように答えています。
「鍼灸治療で症状が改善してきたら、主治医によくなってきたことを伝え、減薬の希望も伝えてください」

今度からは、今回の「抗うつ薬の効果、少ない用量最適」という研究結果の情報もいっしょにお伝えするつもりです。
IMG_2038.jpg
posted by ゆい at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ、パニック障害

2019年05月17日

7月の関西鍼灸中医研究会のお知らせ

関西鍼灸中医研究会 世話人の藤井です。
2019年7月の関西鍼灸中医研究会のお知らせです。関西では初の眼疾患の講義です。

※今週 5月19日 日曜の関西中医研は私が講師でやりますが、すでに定員に達しております。

◆眼疾患の弁証論治と鍼灸治療 

〜現代中医学の視点から眼疾患をどう捉え治療しているか
講師 金本貴行先生 
愛知県で眼科領域の疾患を専門に鍼灸治療を行っている「針灸専門・千秋針灸院」の提携治療院として、眼科領域の疾患をお持ちの患者さんを中心に鍼灸治療を行っています。
主に視覚障害の原因疾患として頻度の高い緑内障や、糖尿病網膜症、黄斑部疾患(加齢黄斑変性など)、網膜色素変性症などの鍼灸治療を通じて、患者さんの視機能をはじめとしたQoL(Quality of Life:生活の質)全般の改善・維持に努めています(秋英堂治療院のHPより)

金本貴行先生のプロフィール
2003年 明治鍼灸大学(明治国際医療大学)大学院修士課程修了。
2006年より三旗塾 金子朝彦先生に師事
2010年 神奈川県秋英堂治療院開院

《日時》7月20日土曜 18時〜21時 
《場所》大阪生涯学習センター第1研修室

参加費
一般会員3000円  学生会員2000円 
一般参加4000円  学生参加3000円

出席するには 事前申し込みが必要です。
下記QRコードかURLまたは関西中医研HPから事前申し込みをお願いします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b9f7591b536599

190720me2.png
**********************************************
郵便番号564-0041
吹田市泉町2-47-27-102結鍼灸院内 
関西中医鍼灸研究会 藤井正道
電話06-6380-2236 
ホームページは http://www001.upp.so-net.ne.jp/yuihari/top.htm
**********************************************
posted by ゆい at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月19日

5月19日の関西鍼灸中医研究会

☆2019年5月19日の関西鍼灸中医研究会のお知らせ

◆各種温灸療法の体験と実践
◆高齢者の治療、認知症と抑うつ、不安症状の鑑別と改善
◆会議中にお腹が痛くなる 過敏性腸症候群(IBS)が治った  

講師 藤井正道世話人 

鍼灸専門誌 鍼灸osaka131と132に掲載した論文をもとにした講義と実技講習です。
午前と午後 2回に分けて行ないます。それぞれ10名定員です。午前午後の希望は
受け付けますが、どちらの時間に来ていただくかは、人数 男女比から主催者側
で決めさせていただきます。
5台のベットを使った実技講習もやります。棒灸や灸頭鍼、箱灸など各種温灸もし
っかり使えるように指導します。押し灸や極太温灸、電子温灸器も体験、実践し
てもらいます。希望があれば火針もやります。
しっかりした中医理論に基づく実践的実技講習です。「過敏性腸症候群(IBS)が
治った」はじつはパニック障害の治療にも通じます。
 
◆講師略歴
現代日本の気候文化風土に適合した中医学的鍼灸を街の治療家として実践中。温
灸法を多用。
著書 灸法実践マニュアル(BABジャパン)。専門誌「中医臨床」、「医道の日本」、
「鍼灸osaka」、「あはきワールド」に執筆多数。日本大学 酒谷薫教授との共同
研究「不安レベルへの鍼の効果と前頭前野皮質のNIRS活動計測」は「パブメド
(Pubmed)」に収録されている。

《日時》5月19日 日曜 午前の部 10時〜12時30分 定員10名
            午後の部 13時30分〜15時 定員10名
《場所》結(ゆい)鍼灸院 阪急吹田駅下車5分 
結鍼灸院の行きかたは以下のHPでご覧下さい。
ホームページは https://www.yuisuita.com/

◆参加費 一般会員3000円  学生会員2000円 一般参加4000円  学生参加3000円

全体定員 20名 以下のページか 関西中医研HPから事前申し込みをお願いし
ます。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/318c1ceb536516
190519yui.png
posted by ゆい at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月04日

鍼灸臨床専門誌 「鍼灸osaka」132に掲載

鍼灸臨床専門誌 「鍼灸osaka」132の特集は難治性腸疾患へのケアです。
私の書いた「会議中にお腹が痛くなる」過敏性腸症候群(IBS)が治った が掲載されました。
是非 買ってお読み下さい。

私が時々書いている「中医臨床」は湯液(漢方薬)と鍼灸の専門誌です。中医臨床もきびしい経営環境でがんばっていると推察できますが、湯液があると医師と薬剤師も読みますし製薬会社からの広告も入ります。
今や鍼灸の専門誌は「鍼灸osaka」と「医道の日本」だけです。数年前に「鍼灸ジャーナル」が廃刊になっています。

技術には理論的裏づけが大切です。技術を理論化するためには文章を書けることが必要最低限ですが、そのためには本を読んで読解力つけることが前提になります。
鍼灸師のみなさん、本を読みましょう。
IMG_1890.jpg
posted by ゆい at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記