2021年08月17日

新型コロナ 第5波 いつまで続くか?

私が信頼している児玉龍彦教授(東大先端研)のユーチューブを久しぶりに見ることができました。8月7日付 デモクラシータイムズ
https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=V2TJYJTtdTI
気になったところを いくつか書いてみます。児玉龍彦教授の見解を私なりに簡単にしたもので、文責は私にあります。できればユーチューブをご覧ください。※は私の補足です。

◆新型コロナ 第5波 いつまで続くか?

これまでの感染数のグラフをみると大体 1.5カ月で上昇し同じくらい期間で低下しています。つまり約3か月。コロナウイルスは変異しやすいが、変異したウイルスは自壊、自滅もしやすい、現に当初 流行った武漢型はなくなっている。
落ち着いた時に、感染集積地で大規模PCR検査等の社会的検査をして感染の元を断つことが大切です。今は増える感染者を追跡して周辺を検査する時期です。

※児玉教授は明言していないが約3か月とすると10月中旬から下旬ごろにはいったん落ち着く可能性が大きい(9月12日で緊急事態宣言を終わるのは無理でしょうが)第5波はこれまでにない巨大な波で多くの感染者出ています。いつまで続く感染拡大かと落ち込みそうですが、ちょっとホッとするお話です。中国は武漢で感染が落ち着いた2020年5月から全市民PCR検査で約990万人を調べ、300人に陽性反応が出て隔離しています。全員が無症状でしたから、いわば感染の芽をつんでいます。
児玉教授は東京全体の全市民PCR検査を主張している訳ではありません。感染集積地、例えば新宿区での集中検査等です。
249617.jpg
◆mRNAワクチン(ファイザー、モデルナ)はウイルスが変異しても効く

ウイルスの感染を防ぐのが液性免疫、ウイルスを抗体がやっつけます。一方 細胞性免疫(リンパ球による免疫)はウイルスが体内で細胞に入って何倍にも増殖し放出されるのを防ぎます。つまり重症化を防ぐ。mRNAワクチンは両方の作用をもつが、特に細胞性免疫の力が強い。ウイルスが変異して、形が代わり抗体が効きにくくなっても、細胞性免疫でしっかり増殖を抑えて、重症化を防ぐことができる。
イスラエル保健省は7月に、ファイザー社のワクチンによる感染予防率は64%だったと当初より少ない数字を報告していますが、入院や重症化を予防する効果は93%と高い数字です。

◆治療法は この1年で進歩した、治療のための検査が大切

検査はPCR検査だけではありません。CTや血液検査などを最初にきちんとすると、治し方、患者さんに合う薬がわかるようになった。例えばステロイドなど。抗体カクテル療法も合う人と合わない人がいる。検査して治療することが大事。児玉教授の家族にも肝移植して免疫抑制剤を使っている高齢者がいて、コロナにかかってしまったが抗体カクテル療法で治った。難治の人でも助かるようになった。治療法はこの1年で進歩している。

※自宅放置の前に一晩 入院して抗体カクテル療法という話が一部の政治家から出たりしていますが、万能の治療法はありません。やはり最初にいろいろ検査して治療方針を決めるのが大事という当たり前に気づかせてくれるお話でした。それに抗体カクテルは20万本しか年内に調達できないという見通しです。1日当たりの陽性者が2万人です。すぐに無くなります。「自宅放置しても抗体カクテルがある」というのは慰めになりません。漢方薬も台湾や中国で効いているし、日本でも漢方のわかる医師が処方しています。こちらも積極的に使ってもらいたいものです。

posted by ゆい at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年08月16日

換気! 換気! 換気!

新型コロナ感染症、デルタ株の感染が拡大しています。東京も4〜5月の大阪並みの医療崩壊状態となってしまいました。

今 一番 気を付けるのは換気です。エアロゾル感染、ほとんど空気感染に近いことがおこります。とくにデルタ株は感染力が高い。米疾病対策センター(CDC)は、新型コロナウイルスでインド由来のデルタ株が「これまで知られた中で最も感染力の強いウイルスの一つ」との見解を示しています。デルタ株は季節性インフルエンザなどより感染力が大幅に強い。感染者1人が他の8〜9人程度に広める恐れがあり水痘(水ぼうそう)に匹敵するぐらいの感染力があるとの見方です。
保健所は「お互いにマスクをしていれば濃厚接触者とみなさない」としていますがデルタ株の感染力からすると冗談としか思えません。濃厚接触者の範囲を広げ、検査を拡大し感染者を早く見つけ、早期に保護 隔離しなければいつまでたっても感染はおさまりません。
早期に保護といえばお隣の和歌山県は「陽性者は全員 入院」の方針を堅持しています。和歌山県は国の基準よりも広く感染者周辺を検査し追跡し、感染を抑え込んでいます。
https://www.agara.co.jp/article/140644

東京でも大阪でもデパート地下の食品売り場でクラスターが 発生しています。「原因不明」とされていますが、エアロゾル感染、空気感染と考えるのが自然です。天井が低く 人が密になりやすく、地下のために換気が悪いからです。「客も従業員もマスクをしていたから客への感染はない」というのが阪神デパートのクラスターへの保健所の見解です。これでは客の感染者を保護できません。マスクの隙間からもウイルスは入ってきます。
手洗いも大切ですが、いつもマスクをしているので汚染された手で口や鼻を触る機会はあまりないでしょう。不用意に目をこすらないためには眼鏡がお勧めです。ゴーグルは仰々しいですが、伊達メガネはおしゃれにかけられます。

換気の悪い所には行かないようにご注意ください。大阪は地下街が多いですが、換気が心配です。電車は空いた時間帯に乗り、窓は自分で開けています。外食も昨年2月以来やめています。
結(ゆい)鍼灸院は1つのベットに1台の換気扇で常時換気に努めています。常時換気でもなんとか室内気温は27〜28度を保っています。暑がる患者さんには冷パックで頭や背中を冷やしながら治療を続けています。みなさん5分程度で落ち着かれます。お盆明けは身体が暑さに慣れてくるので 暑がる人はいなくなるでしょう。

☆夏休み中です
8月18日水曜まで休ませていただきます。
電話予約も16日月曜までお休みします。ネット予約をご利用ください。
デルタ株.jpg
posted by ゆい at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年08月06日

夏休みのお知らせ&コロナ対策 私の場合は

政府はコロナでもすぐに入院はさせない、宿泊施設にも簡単には入れないと言い出しています。自衛しかないとは なんとも悲しい話ですが、私は自分と家族用には葛根湯(かっこんとう) を準備しています。 2020年02月26日のブログでも紹介しました。
http://yuisuita.sblo.jp/article/187204168.html
夏はお腹をこわすことも多い季節ですが コロナでも下痢することもあります。
発熱が少なくだるさや疲労感が強く、時にはお腹が張ったり、下痢 便秘の症状がみられる場合は藿香生気散(かっこうしょうきさん) を準備しています。
おへそをカイロや暖かいタオルで温めるのもおすすめです。藿香生気散(かっこうしょうきさん) もいいですが お臍に箱灸や塩灸するのがよく効きます。
漢方薬は慢性の病気のものだけではありません。漢方薬や鍼灸は昔から感染症と戦い続けています。

☆夏休みのお知らせ

8月8日日曜〜18日水曜まで休ませていただきます。
電話予約も8月8日日曜〜16日月曜までお休みします。
ネット予約をご利用ください。
写真はデルタ株の危険性を示したものです。お気を付けください。
デルタ株.jpg
posted by ゆい at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年07月07日

ワクチン接種の副反応 私の場合は

雨が続きます。コロナ渦と梅雨 うっとうしいですね。
コロナ渦を早く終わらせ、普通の生活にもどり、経済も回復させる。多くの国民の希望でしょう。
感染が拡大するかもしれないからオリンピックに反対する。それもあるでしょうがコロナ渦を早く終わらせるために、人も金も使った方がいい、オリンピックなんかやっている余裕は今の日本にないから反対する。私はそう考えます。ほとんどの患者さんも「オリンピックなんかやっている場合じゃない」と言われます。

☆ワクチン接種の副反応 私の場合は

コロナ渦を早く終わらせるために ワクチンを接種する。無症状感染者になってコロナを患者さんや家族にうつしたくない。私はそう考えます。
2回目の接種が7月3日土曜に終わりました。翌日 日曜 昼から発熱し夕方には37.9度まで上りました。風邪を引いた時の発熱と違うのは、頭痛等がなく それほど苦しくなかったことです。月曜 朝には熱も下がりましたが、静かに過ごしました。1〜2日で副反応はほとんど終わるようです。
副反応が出た方が 抗体がつきやすいと考え、氷枕だけで 解熱剤は使わず寝ていました。鍼灸師ですから 発熱を下げる鍼灸のやり方も知っていますが あえて使いませんでした。我慢できるところまで我慢してみようと考えたのです(あくまで私のやり方です。みなさんに推奨はしません。)
接種した腕の痛みをとるために左の合谷と陽池というツボに鍼はしました。すうっと痛みがひいていくのがわかりました。
厚労省の副反応についての調査結果が下記にあります。興味ある方はご覧ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_kenkoujoukyoutyousa.html

鍼灸師は医療従事者枠に入れてもらっていないので、私は高齢者枠で打ちました。
スタッフ全員 接種したいという強い意欲があったため、業務時間内にワクチン申し込みの手続きをネットでしてもらいました。吹田市は65歳以下の接種券を早くもらいたい市民は ネット申し込みです。昼の12時から開始で大体 15分で終わります。大阪府の大規模接種もネットで昼の12時から開始で大体 15分で終わります。業務時間内でないと間に合いません。なんとか難関を突破しスタッフ全員 予約をとれました。7月6日に全員の第一回目の接種が終わりました。
接種が終わっても 厳密な感染予防の生活は続きます。2週間に一度のPCR検査は今まで通り続けます。
接種すると感染しづらくなり、重症化も防げますが、感染しないわけではありません。皆様もお気をつけください。
写真はワクチン接種の時のシャツ 肩まできちんと出るものを着てください。半袖ワイシャツでは肩がちゃんと出ないものもあります。
IMG_3707.jpg
posted by ゆい at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年07月06日

乾癬 アトピー性皮膚炎 等のあとのつかないお灸治療 Zoom講演会 しつこい皮膚疾患がみるみる治る


☆8月の関西中医鍼灸研究会のお知らせ
関西中医鍼灸研究会の藤井です。今回は専門家向けです。

乾癬 アトピー性皮膚炎 等のあとのつかないお灸治療 Zoom講演会
しつこい皮膚疾患がみるみる治る

◆イギリス在住の日本人鍼灸師 伊田屋ゆき先生にイギリスから講義していただきます。オリジナルの乾癬 アトピー性皮膚炎のお灸治療です。もちろん実技の動画もあります。

◆伊田屋ゆき先生はモクサアフリカの理事としても知られています。モクサアフリカは イギリスのチャリティ団体です。モクサアフリカはアフリカで結核の補助療法として お灸を広めています。日本式の透熱灸が免疫力を高めています。

◆今回の講演会の参加費はすべてモクサアフリカに寄付します。

先着100名定員 申し込み締め切り8月15日

◆日時 8月21日 土曜 午後7時〜9時30分 
時間割 午後7時〜8時30分 講義 5分休憩
8時35分〜9時 モクサアフリカのお話 9時〜9時30分を質疑応答

参加者には事前に伊田屋先生から資料が送られます。予習の時間確保のためです。事前申し込みの締め切りは15日です。ご注意ください。

◆Yahoo! JAPANのパスマーケットから事前申し込みをお願いします。今回は郵便振替を使いません。すべてパスマーケットからの決済になります。
ZoomのURLを8月16日に送付します。スマホやタブレットの方は事前にZoomのアプリをダウンロードしてください。
関西中医研のHPからパスマーケットにアクセスできます。パスマーケットへ直接行くのは以下のURLからです。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0200guuq1wr11.html

参加費 会員2000円 学生会員1000円 
一般参加3000円 学生参加2000円
入会して参加する5000円 学生で入会して参加する4000円 
※会員には研究会の記録 隔月刊 『中医研通信』が郵送で送られます。年間6回発行予定です。
2108itaya.jpg
itaya4.jpg
**********************************************
郵便番号564-0041
吹田市泉町2-47-27-102結鍼灸院内 
関西中医鍼灸研究会 藤井正道
電話06-6380-2236 
ホームページは http://kansaihari.com
**********************************************
posted by ゆい at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月30日

近くに陽性者が出たら民間PCR検査センターへの流れができています

久しぶりに晴れが続いています。緊急事態宣言の続く中、せめてもの救いです。患者さんは 長引く自粛生活にストレスがたまっていらっしゃいます。在宅勤務は出社するより、首や肩がこる方が多いようです。失職して慣れない別の仕事につき、身体をこわされる患者さんもいらっしゃいました。
今 オリンピックを開催することには、皆さん反対されています。私も もちろん反対です。国民の命も十分に守れていないのに、8万人もの大会関係者を外国から受け入れる余裕はありません。

☆近くに陽性者が出たら民間PCR検査センターへの流れができています

大阪の保健所のPCR検査の検査範囲は驚くほど狭いので、近くに陽性者が出たら民間PCR検査センターへ駆け込んだという話を知人や患者さんから聞くことが増えてきました。
「マスクをつけていたら濃厚接触者とみなされない」「陽性者と1日 いっしょにいたのに検査は不要といわれた」という方々が民間PCR検査センターを利用されています。会社もクラスターを出しては業務が立ちいかなくなるので、陽性者のまわりの人はみんな民間PCR検査を受けたり、業者を頼んで消毒したりしています。保健所に電話がつながらない、陽性者が出ても 数日たってやっと連絡が来たという話も聞きます。保健所を当てにせずみなさん自発的に対応されています。
最初の緊急事態宣言が2020年4月7日出されてから約1年2カ月たちました。島津製作所などの民間企業は優秀な全自動PCR検査機械を開発しています。民間PCR検査センターの検査能力は2020年12月で2.35万件から2021年2月に7.5万件へと飛躍的に拡大しています。

医療崩壊だけでなく公衆衛生、感染予防の保健行政が崩壊しています。大阪府の5月21日段階の経路不明者の割合は56.0%で全国3番目、入院率は25日段階で16.2%、北海道に続き低い方から2番目です。お隣の和歌山県の入院率は100%です。
「大阪で突出して多いCOVID-19 死亡者数、その要因は?」という日経メディカルの5/28付の記事でも「大阪は、4月以降、自宅療養者が3万人となり、自宅待機中に亡くなる方が続出。市内では酸素飽和度(SpO2)が80%台の患者も多いが、入院できるのはその一部にとどまっているとされます。中略 一方、東京では感染者の4割程度が入院できており、必要な人に必要な医療が提供されていると考えられ、これが低い死亡率につながっているのではないかと思われます。」と書かれています。
thumb_570379_dr.tokudafig2b.jpg
もちろん奮闘する保健所の方々に責任はありません。貧弱な体制を放置した大阪府に責任があります。知り合いの市議によると吹田市は他部署から応援職員を緊急配置し始めたようです。ちょっと遅いですがやらないよりはましです。また吹田市に関係する塩野義製薬、大幸薬品も社員を応援に派遣することになったようです。
吹田市民で「発熱等があり新型コロナウイルス感染が心配なとき」は以下に電話してください。ただ発熱はないけれど、身近に陽性者が出て感染が心配になる場合もあります。実際はこちらの方が多いでしょう。
https://www.city.suita.osaka.jp/home/soshiki/div-kenkoiryo/chiikihoken/_92306/saigaitokannsennsyou_copy/_106576.html

保健所やお医者さんで対応してくれればいいのですが、ダメな可能性も大きい。民間PCR検査センターの利用も手段のひとつと考えています。私は1週間に一度 PCR検査を豊泉家PCR検査センターで受けています。
https://covid.sf-housenka.org/

豊泉家PCR検査センターは 北大阪ほうせんか病院臨床検査科に検査を委託しています。新型コロナ感染症の病棟もある病院です。ここに検体を郵送しています。

☆中国と中医学の最新事情と新型コロナ感染症の予防と後遺症の鍼灸、漢方治療
専門家向けのお知らせです。6月の関西中医鍼灸研究会の案内です。

◆オンライン講座 中国と中医学の最新事情と新型コロナ感染症の予防と後遺症の鍼灸、漢方治療 
講師 邵 輝 中医師 6月19日土曜 午後7時〜8時30分 
関西中医鍼灸研究会のHPから事前申し込みをお願いします。関西中医鍼灸研究会のホームページは http://kansaihari.com
posted by ゆい at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記