2019年10月01日

医師と鍼灸師が同じ場で、同じ言葉で議論 日本中医学会

今週末10月5〜6日にタワーホール船堀(東京都江戸川区)で日本中医学会第9回学術総会が開催されます。
私は6日朝9時からの小ホールでの一般演題の座長を渡邊 善一郎先生(富士ニコニコクリニック院長)といっしょにつとめることになりました。10時20分 終了の後はそのまま劉 恩明先生の鍼灸実技講演「毫火鍼」(座長 浅川 要先生)に続きますのでとくに鍼灸師の先生方にはお勧めです。当日受付もあります。

一般演題は湯液(漢方薬)からと鍼灸からの報告がいっしょに行なわれます。医師と鍼灸師が同じ場で、同じ言葉(中医学用語)で議論するのが日本中医学会の特徴です。
敬称略で紹介すると以下のようになります。

◆ベーチェット病の口内炎に対する半夏瀉心湯
コ永健一郎*1、加島雅之*2
*1熊本赤十字病院 リウマチ科、*2同 総合内科

◆CREST症候群に伴う右第3指尖端の潰瘍に対し四物湯で改善を認めた1例
佐々木 翼*1
*1帝京大学医学部附属病院 麻酔科

◆中医薬大学教材における妊婦慎用・禁鍼穴の調査
渡邉 大祐*1
*1 小雀斎漢方針灸治療院、つくば国際鍼灸研究所、天津中医薬大学針灸標準化研究所

◆頚椎ヘルニア手術後に対する接経取穴法の有用性
福岡 豊永*1  郷家 明子*2
岸 奈治郎*3 平馬 直樹*4
*1天空洞 *2明クリニック *3岐至漢方クリニック *4平馬医院

◆急性期病院でのDPC診療における鍼灸師の役割
三谷直哉*1
*1熊本赤十字病院 総合内科

◆中渚と侠渓への鍼灸手法の透天涼を用いた頭鳴りの一症例
弓削周平 木もれび鍼灸院

以上です。中医学は湯液も鍼灸も「弁証」という総合診断、「治則」という治療方針が同じなので同じ土俵で話が出来るのです。
例えば「ベーチェット病の口内炎に対する半夏瀉心湯」の半夏瀉心湯は傷寒論に出てくる処方で半夏4.0;黄芩・人参・大棗各3.0;乾姜・甘草各2.0;黄連1.0という組成ですが、効能は和胃降逆(意訳 胃の機能を正常化する)、開結除痞(意訳 みぞおちのつかえをとる)とされています。
効能の和胃降逆や開結除痞という言葉から どういうツボを組み合わせて使えば似たような効能になるかがイメージできます。また今回のベーチェット病の口内炎の患者さんは「脾気虚と胃熱を帯びた痰湿」と「弁証」されているため、これも参考になります。
鍼灸から私が考えると 中脘 合谷 足三里の平補平瀉、内庭の瀉法といった配穴になります。商陽の刺絡を入れる可能性もあります。
湯液の患者さんについて学ぶことは、鍼灸治療の幅を広げることにつながります。私がなかなか遭遇しないような病気の方もいらっしゃるので、世界が広がります。

いっしょに座長をつとめる渡邊 善一郎先生は最新号の中医臨床2019年9月号の巻頭インタビュー「ニッポンの中医臨床」に登場されていました。
日本中医学会第9回学術総会は以下からどうぞ
https://jtcma.org/meeting.html

IMG_2457.jpg
posted by ゆい at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月17日

神さんになったような気分でした

9月16日は東京 両国の江島杉山神社で「現代に効く温灸 督脈通陽法」と題して 講義と実技指導をさせていただきました。灸法臨床研究会のお招きです。
場所は神社の本堂 つまり賽銭箱と大きな鈴の向こう側での講義です。講義や実技指導中に参拝者が鈴を鳴らし、私たちに向かって拍手をうたれます。なんとも不思議な体験でした。
私の灸頭鍼のやり方は非常に安全で効果もあるので、多くの鍼灸師の先生方に使っていただきたいと実技指導しました。

江島杉山神社は鍼管という鍼を入れるときの筒を発明した杉山和一先生に関係する神社です。杉山先生は江戸幕府の徳川綱吉将軍の治療にあたり、61歳で盲人最高位の役職に就き「鍼治講習所」という盲人の鍼師の教育機関をつくっています。
現代でも鍼灸院が併設されています。
http://ejimasugiyama.tokyo/goyuisho.html

IMG_2450.jpg
posted by ゆい at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月11日

治療の終わる日が最初から決まっていました。 左耳の違和感の治療 間に合う。

残暑きびしい日々が続きます。台風15号のため千葉県では大規模停電と電話の通信障害が続いています。基地局の非常用電源が切れるため通信障害が拡大するともいわれています。昨年9月の台風21号では結(ゆい)鍼灸院も3日間停電しました。水道も止まり、トイレの水を流すにも苦労しました。千葉県のみなさま お見舞い申し上げます。

☆あはきワールドに掲載されました

ヒューマンワールドのメールマガジンあはきワールド2019年9月11日号 No.633に「臨床に役立つツボの話 第16話」に「至陽は咳に限らず、息苦しさ全般、パニック障害やうつ病にもよく使う」という私の小文が掲載されました。専門家向けです。専門家のみなさま 有料記事ですが、よろしかったらお読みください。

☆治療の終わる日が最初から決まっていました。 左耳の違和感の治療 間に合う。

30代の女性が左耳の違和感を何とかしてほしいと来院されました。2カ月前に中耳炎、副鼻腔炎にかかりいったん治ったものの それ以降、ずっと左耳がおかしいとの訴えです。首や肩もこります。
結(ゆい)鍼灸院ではよくみている症状で治すのは簡単なのですが、困ったのは仕事で日本を旅立つ日が迫っていたことです。1週間しかありません。帰国予定はしばらくありません。
一度 治療したところ、治療した夜はいつもより汗をかき、眠りにくかったのですが、翌朝には身体がすっきりして、左耳の違和感も首肩のこりもなくなっていました。
積極的に代謝をあげて、耳周囲の気の流れを整える治療がうまくいきました。普通はもう少し身体がゆっくり変化していく治療から始めていくのですが、なにせ時間がない。積極策をとりました。
1週間に3回治療して、左耳の違和感がほぼなくなっているのを確認してアンケートをいただきました。

◆アンケート結果
アンケートでは「非常によい効果があった。ほとんど完全に治り苦痛がない。治療前の苦痛を10とすれば今は1である」という回答をいただきました。

◆患者さんのコメント
中耳炎 副鼻腔炎の治療後 左耳に違和感が残り、今後 環境も大きく変化するということで不安があり、わらをもすがる思いでおりました。ネットで結さんを知り来させていただきました。左耳の違和感はだいぶなくなったうえ 全身も頭もすっきりした感じです。ありがとうございました。
IMG_2436.jpg
※個人情報保護のため少しだけお話の設定を変えている場合があります。みなさんがこの方のように早く治るわけではありません。個人差があります。

2019年09月01日

温度計 湿度計を使いましょう

雨や曇りが続いています。湿度が高い日が多く、夏バテ気味の方も結構いらっしゃいます。みなさまエアコンの設定はどのようになさっていますか。

☆温度計 湿度計を使いましょう

結(ゆい)鍼灸院は温度計 湿度計を3か所において細かくチェックしています。患者さんに気持ちよく治療を受けていただくためです。私は動き回っていますから、私の体感はあてにできません。
エアコンの設定温度が室温ではありません。結(ゆい)の場合、昼間は設定温度より室温が1度高くなります。温灸を使う時はベットごとに設置してある換気扇を使います。煙を排気するためには吸気が必要で、暑い外気が入るために室温は高くなりがちです。エアコンのセンサーが気温上昇を素早く察知してがんばってくれますが、実際 どれくらいの温度湿度かは温度計湿度計でみています。
自宅も数か所に温度計湿度計をおいてチェックするのを続けています。すると自分や家族の快、不快が数値でわかるようになりました。平常の状態を把握しておくのは大切です。身体の不調から本来は快適な温度でも暑く感じたり寒く感じたりすることがあるからです。エアコンが実際 どの程度 効いているのかもわかります。
高齢になると誰でも暑さ、寒さに鈍感になってしまいます。熱中症予防のためにも体調管理のためにも温度計湿度計をおくのはおすすめです。ご高齢のご家族の部屋にはぜひ温度計湿度計を置くようにしてください。「まだ我慢できる」というご家族を説得するのにも温度計湿度計の数字が役に立ちます。
IMG_2407.jpg
posted by ゆい at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月31日

中和医療専門学校で講義、実技講習

8月30日は中和医療専門学校で講義、実技講習を教員の先生方向けにさせていただきました。
中和医療専門学校は名古屋のすぐ隣、愛知県稲沢市にある鍼灸、柔道整復の養成校です。昨年が創立60周年でした。
日本における温灸法の意義を話し、督脈通陽法を中心に実技講習をしました。私の灸頭針のやり方はとても安全なので、ぜひ学生さんたちに伝えていただきたい、温灸を普及させたいとの思いでやりました。棒灸や押し灸、極太棒灸の使い方もお伝えしました。
楠本校長には丁寧に応対いただき感謝しております。私が東京衛生学園臨床教育科(教員養成課程)で教えた平松先生や中本先生が立派にやっていらっしゃるのをみるのも嬉しいものでした。
すごく立派な校舎だったのですが、車でないと通えないような立地、学生さんたちはどうされているのだろうと疑問でしたが、車通勤OKとのことでした。どうりで広い駐車場でした。

写真がとれなかったので学校のHPからお借りしています。
1.jpg
gyuwa1.png
posted by ゆい at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月30日

メニエール病との診断でしたが 意外と早く治りました

左耳がつまって聞こえにくくなったと40代の女性が来院されました。1週間前からの症状で耳鼻科ではメニエール病と診断されています。耳に水が入っているようだとの訴えも。
首や肩のこりもひどく、鼻づまりもあります。
一度 治療すると頭がぼおっとしていたのがなくなり、フワフワしためまいの感覚も消えました。1週間に3回の治療で ほぼ症状がなくなったので4回目の治療の時に下記のアンケートをいただきました。

◆アンケート結果

非常によい効果があった。ほとんど完全になおり苦痛がない。総合的にいって治療前の苦痛を10とすれば今の苦痛は0である。

◆コメント

薬だけでなく鍼灸治療を併用し、短期間(1週間)で耳の不調は改善されました。他の不調(首や肩のこり)も鍼をすればするほど効果がでました。

◆考察

今回の女性のような場合 耳に限らずいろんな症状が出る場合があります。今回も 動悸がするという症状もありました。そういった声をていねいに聞き対処していきます。
メニエール病は内耳にリンパ液がたまりすぎる内リンパ水腫が原因と考えられていますが、中医学では利水といって余分な水分を排出する治療をします。ほかには気滞といって気の滞りからくる症状も多くて、関係する経絡を鍼で通す治療をして楽にしていきます。鼻づまりを治すことで、耳の閉そく感がすっと治ることもあります。鼻がつまると鼻汁が耳管をふさぎ、耳管狭窄症になってしまうからです。
190829mimi.jpg
※個人情報保護のため少しだけお話の設定を変えている場合があります。みなさんがこの方のように早く治るわけではありません。個人差があります。

◆休診のお知らせ

9月14日土曜は東京での講演と研修のために休ませていただきます。