2022年05月18日

コロナ後遺症の咳喘息が治りました。

結(ゆい)鍼灸院院長の藤井です。5月21日土曜の関西中医鍼灸研究会では私がコロナ後遺症の鍼灸治療について講義するのですが、今回はそこで取り上げる症例の一部を紹介します。

結(ゆい)のスタッフ全員 3回目のコロナワクチン接種が終わっています。院長の藤井は2週間に一度 PCR検査をしています。直近では5月10日陰性でした。暖かくなり換気がやりやすくなり助かっています。

コロナ後遺症の鍼灸治療例は以下に掲載しています。
https://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_depression/entry_1386/

トラック運転手の男性が2年ぶりに3月に来院されました。
コロナ対策で全国を転々とされていました。患者配送 ワクチン配送等 患者の急増した地域へ派遣されていたそうです。

コロナ感染は のどの痛みからはじまりました。38度の熱が4日間続きました。自宅療養でした。保健所へ4時間、電話し続けてやっとつながりましたが、「ひどくなったら救急車をよんでください」の一言だったそうです。
治って感染力もなくなってから病院に行き肺炎のあったことがわかりました。「死ななくてよかったですね」「本当にそうです」と会話しました。

コロナは治り感染しなくなったのですが、身体がだるく、夜になると咳が続きます。空咳で咳喘息の症状です。味覚障害も残っています。一度 治療したところ倦怠感はなくなりました。甘みもわかるようになりました。3週間に6回の治療をして完治しました。

◆2022年5月の関西中医鍼灸研究会のお知らせ
2022年5月21日 土曜 19時〜21時 zoomによるオンライン講義
コロナ後遺症の鍼灸治療 
講師 藤井正道(関西中医鍼灸研究会世話人 結鍼灸院院長)

◆申し込みはヤフーのパスマーケットからお願いします。関西中医鍼灸研究会のHPからもいけます。
参加費 一般会員2000円 学生会員1000円 一般参加3000円 学生参加2000円
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0228v2s176a21.html
関西中医鍼灸研究会のホームページは http://kansaihari.com

☆アーカイブ配信します!
参加者は5月23日〜7月3日まで視聴できます。21日土曜夜に直接 視ることができない方も申し込みください。
コロナ後遺症3.png
**********************************************
郵便番号564-0041
吹田市泉町2-47-27-102
結(ゆい)鍼灸院 院長 藤井正道 
電話06-6380-2236
ホームページは https://www.yuisuita.com/
ブログは http://yuisuita.sblo.jp/ ツイッターは@hariyui
フェイスブックはhttp://www.facebook.com/yuisuita
耳鼻のどの専門サイトは http://hari.yuisuita.com
**********************************************


posted by ゆい at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月17日

2022年5月の関西中医鍼灸研究会のお知らせ

結鍼灸院院長の藤井です。今回は専門家向けの内容です。5月の関西中医鍼灸研究会では私がコロナ後遺症の鍼灸治療について講義させていただきます。

結(ゆい)のスタッフ全員 3回目のコロナワクチン接種が終わっています。院長の藤井は2週間に一度 PCR検査をしています。直近では4月5日陰性でした。19日に次の検査をします。暖かくなり換気がやりやすくなり助かっています。

コロナ後遺症の鍼灸治療例は以下に掲載しています。
https://www.yuisuita.com/acupuncture/cat_depression/entry_1386/

◆2022年5月の関西中医鍼灸研究会のお知らせ
2022年5月21日 土曜 19時〜21時 zoomによるオンライン講義
コロナ後遺症の鍼灸治療 
講師 藤井正道(関西中医鍼灸研究会世話人 結鍼灸院院長)

大阪は人口当たりのコロナ感染症死亡者が 全国一です。多くのコロナ感染者がいて、コロナ後遺症の患者さんもいらっしゃいます。
「濃厚接触者になったから予約をキャンセルします。」「コロナになったから予約をキャンセルします。」3月によくかかってきた電話です。久しぶりに来院された患者さんが「職場でクラスターになって私も感染しました。家族にもうつしてしまいました。」と言われたこともあります。今までもコロナ後遺症の患者さんを診てきましたが、3月4月でさらに増えています。
鍼灸治療はコロナ後遺症の治療によく効きます。今まで治療してきた多くの治療例から導き出した治療法を紹介します。

◆申し込みはヤフーのパスマーケットからお願いします。関西中医鍼灸研究会のHPからもいけます。
参加費 一般会員2000円 学生会員1000円 一般参加3000円 学生参加2000円
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0228v2s176a21.html
関西中医鍼灸研究会のホームページは http://kansaihari.com

☆アーカイブ配信します!
参加者は5月23日〜7月3日まで視聴できます。21日土曜夜に直接 視ることができない方も申し込みください。
和歌山 コロナ後遺症.jpg
posted by ゆい at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月27日

昔の名前はスナグリでした。抱っこひもはウィーゴがおすすめ

桜が咲き始めました。先日 0歳児を育児中のお母さんから、抱っこして腕が痛い、どうしたらいいかと相談され、抱っこひもをこまめに使うよう提案しました。いい抱っこひも・おんぶひもはないだろうかという話になり、私はウィーゴをすすめました。
https://weego.jp/

私は30数年前に 息子をこれで育てました。今はドイツ製でウィーゴという名前ですが、80年代はアメリカ製で「スナグリ」と呼ばれていました(現在のスナグリは別物です)
誕生(2700g以上)から約15kgまで付属品なしで縦抱っことおんぶができます。1600gの新生児から約15kgまで対応する種類もあります。
新生児で首がすわっていない時でも縦抱っこができます。そのまま家事ができます。
写真は私が生後3か月の息子をウィーゴで抱っこしながら料理をしているところです。抱いていればほぼ泣きませんから、たいていはこれで家事をこなしていました。
img20220326_18452677.jpg
下の写真は1歳半の息子を背負子で背負い、前にディパックをつけています。ウィーゴで縦抱っこしてディパックを背負うというのが外出の定番スタイルでした。80年代は階段だらけでベビーカーが動ける範囲は近所だけでした。
img20220326_18481007.jpg
ウィーゴも背負子も研究会仲間の鍼灸師の友人から借りていました。本当に助かりました。赤ちゃんを抱っこしたり背負ったりしている男性は当時 ごく少数派でしたが今は 仲間がたくさんいて嬉しく思います。男性の方が力のある場合がほとんどですから、主に男性が抱っこする方が合理的です。抱っこしていると なんともいえず幸せな気持ちになりました。

結(ゆい)のスタッフ全員 3回目のコロナワクチン接種が終わっています。院長の藤井は2週間に一度 PCR検査をしています。直近では3月22日陰性でした。暖かくなり換気がやりやすくなり助かっています。

posted by ゆい at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月15日

ヨード入りのうがい薬 使い続けて認知症に似た状態に

3月14日付け朝日新聞デジタルに気になる記事が掲載されていました。みなさまもお気をつけください。
ヨード入りうがい薬、続けたら…70歳女性「私、おかしくなった?」という記事です。
https://www.asahi.com/articles/ASQ3156LTQ2SULEI002.html?ref=tw_asahi

※新型コロナウイルスへの感染を避けようと、ヨード入りのうがい薬を毎日使い続けたら、体に異変が出た人がいる。同様の事例はほかにもあり、学会も注意を呼びかけている。製造販売元は「体に異変を感じたら医療関係者に早めに相談してほしい」としている。以上 記事から。

以上の内容で詳しくは記事をお読みください。ヨード入りのうがい薬を使うことで、ヨードを摂りすぎてしまい、甲状腺機能が低下して認知症のような状態になってしまったという記事です。うがい薬をやめたら治りました。やっぱりうがいは微量の塩素が含まれている水道水の方が安全で効果的です。緑茶も効きます。

※甲状腺の病気を専門にしている伊藤病院(東京都)の渡辺奈津子・内科医長は、うがい薬の使いすぎが原因で甲状腺機能が低下したとみられる患者を、コロナ禍以降で数人診た。採血で異常が見つかり、うがい薬をやめると元に戻ったという。以上 記事から。

◆新型コロナウイルス感染症への ヨウ素系うがい薬の使用についての見解
https://www.japanthyroid.jp/public/img/news/20200807_ugai.pdf

2020年8月 大阪の吉村知事がイソジンでコロナ予防という記者会見をしたことからおこってしまった事態です。社会的に影響力のある方は発言に気を付けていただきたいものです。

結(ゆい)のスタッフ全員 3回目のコロナワクチン接種が終わっています。院長の藤井は2週間に一度 PCR検査をしています。直近では3月8日陰性でした。暖かくなり換気がやりやすくなり助かっています。
吉村 朝日.png
posted by ゆい at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月08日

花粉症の治療

2月中旬から花粉症予防の患者さんが来院されています。当院で花粉症がよくなった患者さん達です。2〜3回 治療して大量の花粉に備えています。「症状がでなければ 来院しなくていいいが、症状が出たら来院してください。たぶん数回で治るでしょう。」と伝えてあります。いったん当院で花粉症が治った患者さんは たとえ再発してもそれぐらいで治ります。
当院の花粉症治療の仕上げ段階になると マスクをはずしわざと花粉を吸って花粉に慣れてもらいます。花粉に慣れて、次の年の再発を防ぎます。ここ2年はコロナ禍のために仕上げができないのが残念です。
http://hari.yuisuita.com/category/1461803.html

2月26日土曜〜28日月曜にかけて大阪の最高気温が13度から14度に上がりました。春の急に気温が上がる日は自律神経が乱れ、不調がおきやすくなります。寝付きにくくなったり、何度か目が覚めたり、夢をたくさんみたりします。めまいがおきる方もいます。日頃から不安感のある人は症状が悪化します。鍼灸で調整し平常に戻すことができます。
春はウキウキする季節ですが、同時に自律神経が乱れやすい季節でもあります。
33269_s.jpg
posted by ゆい at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症

2022年01月23日

2022年2月の関西中医鍼灸研究会のお知らせ

今回は医療関係者向けです。

◆2022年2月の関西中医鍼灸研究会のお知らせ Zoom オンライン講演

☆消化器系症状の中医学的な鑑別と治療
症状から最適のツボがわかります

2月19日土曜 土曜日 18:00〜20:50

皆様こんにちは、2月19日の講師を務めさせて頂きます、すこやかな森院長、中医鍼灸実践マニュアル著者の若杉寛と申します。2月の講演は、消化器系症状の中医学的な鑑別と治療というテーマでお話しをさせて頂きます。
胃の症状や、排便に関する症状も日常的によく診られる症状の一つです。程度にもよりますが胃腸の症状は改善しやすい症状が多いです。
しかし、ポイントをつかんで弁証し、適切な治療法を組立てて施術を行わないと、なかなか改善できなかったり、返って施術回数を要することとなってしまいます。
今回の勉強会ではそのようにならなくても済むように、診断名ではなく症状から、胃腸症状を引きおこしやすい弁証を挙げて鑑別点、治療法を説明し、それらについて中医基礎も交えて解説をさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。
mori_image.jpg
☆講師 若杉 寛 (わかすぎひろし)

中医鍼灸実践マニュアル著者(BABジャパン出版局)
中医鍼灸東京健鍼会会長
中国・天津中医薬大学第一附属医院認定 醒脳開竅法指導員
はりきゅうマッサージ中医鍼灸 すこやかな森 院長 (東京 大森)
bk4862207995.jpg
☆参加費 一般会員2000円 学生会員1000円 
一般参加3000円 学生参加2000円
ヤフーのパスマーケットから申し込んでください。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02czka67dq421.html#detail

☆アーカイブ配信します!
参加者は2月21日〜4月3日まで視聴できます。19日土曜夜に直接 視ることができない方も申し込みください。

**********************************************
郵便番号564-0041
吹田市泉町2-47-27-102結鍼灸院内 
関西中医鍼灸研究会 藤井正道
電話06-6380-2236 
ホームページは http://kansaihari.com
**********************************************
posted by ゆい at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記